AC1942.09 ストリーツ・オブ・スターリングラード

ストリーツ・オブ・スターリングラード~手順詳細⑯

15.ソ連軍拡大攻撃フェイズ

注意

13.0 ソ連軍浸透攻撃

13.1 9 月26 日ターンを始めとする毎回のソ連軍拡大攻撃フェイズにおいて、ソ連軍指揮官ヘルマンユニットは一緒にスタックしている1個のソ連軍歩兵を引率してドイツ軍戦線の後方に浸透し、攻撃することができる。ヘルマンは単独では浸透することができず、非浸透ソ連軍ユニットから4 へクスより遠く離れて移動することができない。

13.2 指揮官ヘルマンユニットおよびソ連軍歩兵ユニットは、ドイツ軍ユニットが存在するヘクス内で停止することができない。ドイツ軍地雷原を含めてドイツ軍ユニットを越えて移動できるが、都市または工業地帯/要塞化へクス内である場合のみである。ヘルマンと歩兵ユニットは、それ以外の場合にドイツ軍ZOCへクスに進入し場合、停止しなければならない。

13.3 最大1 個ドイツ軍戦闘ユニットが、第15 フェイズのソ連軍拡大攻撃においてヘルマンとソ連軍歩兵による攻撃を受ける可能性がある。このソ連軍浸透攻撃は、間接射撃砲兵または他のソ連戦闘ユニットによる支援を受けることができない。攻撃を受ける1個のドイツ軍ユニットは、スタックの一部でもよい:13.7 項に注意のこと。

注意: ソ連軍地雷犬攻撃と同様に、この種の戦闘によってソ連軍プレイヤーは実際の自分の攻撃目標を選ぶことができる。

13.4 指揮官ヘルマンとソ連軍歩兵ユニットは、ドイツ軍防御側ユニット(あるいは複数)が防御射撃を行う前に、その攻撃を解決する。この浸透攻撃は、そのフェイズの他の攻撃が解決される前にCRTを使用して解決される。

13.5 ヘルマンの指揮官ユニット修整のみが、この浸透攻撃に使用される:ソ連軍攻撃のサイの目に-1 、およびドイツ軍防御射撃のサイの目に+1 。全ての種類の他のサイの目修整は、この浸透攻撃において使用されない。

13.6 ソ連軍浸透攻撃とドイツ軍防御射撃の両方に関して、全ての“P ”の結果=目標の除去とする。ソ連軍歩兵ユニットがドイツ軍防御射撃に生き残れなかった場合、ヘルマンも除去される。

13.7 ドイツ軍ユニットがこの浸透攻撃に生き残った場合、そのユニットおよび攻撃を受けたヘクス内の他のドイツ軍戦闘ユニットは、ヘルマンとソ連軍歩兵ユニットに対して防御射撃を行うことができる。

13.8 ヘルマンとソ連軍歩兵ユニットがドイツ軍防御射撃に生き残った場合、第15フェイズのソ連軍拡大移動に関する他のソ連軍ユニットの戦闘解決前に、それらは直ちに戦場のソ連軍陣営内に戻らなければならない。ヘルマンとソ連軍歩兵ユニットは、自分達自身の戦線に戻るために都市および工業地帯/要塞化へクス内のドイツ軍ユニットを越えて移動することができるが、4へクスを超過することはできない。

手順

1)直前の拡大移動フェーズに攻撃マーカーを置いた歩兵タイプユニットは、攻撃マーカーが置かれている敵ユニットを攻撃しなければならない。その際、その敵ユニットを射程内に収め視認線が引ける釘付け状態でなく行動済みでない味方直接射撃ユニットも、攻撃に参加できる。同じ戦闘単位の釘付け状態でなく行動済みでない迫撃砲ユニットも攻撃に参加できる(釘付け状態でないユニットの観測が必要。向きが180度回転している観測所は観測できない)。

 ①どのユニットがどの攻撃マーカーが置かれている敵ユニットを攻撃するのか明確にする。砲撃マーカーを敵ユニットの上に置く。向きが180度回転している砲兵ユニットは、攻撃に参加できない。

 ②攻撃の順番を決める。 

③強行突撃を宣言できる。

  ④装甲ユニットあるいは戦闘工兵ユニットによる有利なDRMを使用するかどうか宣言する。

⑤防御側ユニットは、次の条件に当てはまる場合戦闘前退却を行える(・攻撃マーカーが置かれている、かつ・直前の敵移動フェーズに臨機射撃を行っていない、かつ・釘付け状態でない、かつ・直接射撃を受けている)。

 (a) 攻撃マーカーが置かれているヘクスに残す最低限1個の戦闘ユニットを選ぶ。もし当ヘクスに5ポイント以上の敵砲撃マーカーあるいはスツーカがある場合、自動車化ユニット、移動力12,15の砲兵ユニットは退却できない。※攻撃側に装甲ユニットがなく、防御側が装甲ユニットのみの場合、防御側は全て退却できる。

 (b)残りの全てのユニットは、移動力の1/4(端数切上)まで退却できる。敵ZOC内に進入する事は出来ない。5ポイント以上の敵砲撃マーカーがある場合、追加1移動力を消費せねばならない。

 (c)釘付け状態でないソ連軍の直接射撃ユニットと迫撃砲ユニット(釘付け状態でない味方ユニットの観測が必要)は、平地で退却中の敵ユニットに臨機射撃を行える。

()迫撃砲ユニットのみの場合は西岸砲爆撃表を使用、その他は戦闘結果表を使用。“P”の結果が出ても退却は発生しない。

   ()射撃はスタック毎に行う。

   ()原則として防御射撃力を使用するが、下線付攻撃射撃力のユニットが移動力12以上の敵ユニットを射撃する場合は攻撃射撃力を使い、更に敵ユニットが装甲ユニットの場合は対戦車目標表で修正した値を使う。間接射撃砲兵は攻撃射撃力を使う。

   ()下線付攻撃射撃力で射撃した場合、敵側は移動力が12以上のユニットから損害を出さなければならない。迫撃砲ユニットのみで砲爆撃した場合の損害の優先順位は次の通り。1.地雷原、2.橋梁、3.装甲ユニット以外のユニット、4.装甲ユニット

   ()損害が出たヘクスに指揮官がいる場合、指揮官生存チェックを行う。

     ()指揮官、観測所が負傷・除去された場合、所定のターン記録表あるいはフェーズ記録表の欄に置く。

   ()臨機射撃した移動力が赤色でない迫撃砲ユニットは、向きを右に90度回転させる。

 ⑥ドイツ軍ユニットは攻撃側ユニットに対して防御射撃を行うことができる。防御射撃を行えるユニットは次の通り(・防御側ユニット(釘付け状態、行動済みでも可)。・攻撃側ユニットが平地にいる場合、攻撃側ユニットを射程内に収め視認線が引ける攻撃を受けない非釘付け、未行動済みドイツ軍ユニットも防御射撃に参加できる。・防御側ユニットと同じ戦闘単位の釘付け状態でなく行動済みでない迫撃砲ユニットも間接射撃という形で防御射撃に参加できる(釘付け状態でない防御側ユニットの観測が必要)。・攻撃側ユニットに視認線が引ける攻撃を受けない釘付け状態でないドイツ軍ユニットと同じ戦闘単位の、釘付け状態でなく行動済みでない迫撃砲ユニットも間接射撃という形で防御射撃に参加できる。)

  (a)攻撃側が強行突撃を宣言した場合は、戦闘結果表の1段階高い欄を使用する。

  (b)原則として防御射撃力を使用するが、下線付攻撃射撃力のユニットが移動力12以上の敵ユニットを射撃する場合は攻撃射撃力を使い、更に敵ユニットが装甲ユニットの場合は対戦車目標表で修正した値を使う。攻撃されていない間接射撃砲兵は攻撃射撃力を使う。攻撃された間接射撃砲兵は防御射撃力を使う。

  (C)攻撃側が装甲ユニットあるいは戦闘工兵ユニットによる有利なDRMを使用する場合、攻撃側は装甲ユニットあるいは戦闘工兵ユニットから損害を出さなければならない。

    (d)損害が出たヘクスに指揮官がいる場合、指揮官生存チェックを行う。

    (e)指揮官、観測所が負傷・除去された場合、所定のターン記録表あるいはフェーズ記録表の欄に置く。

  (f)“P”の結果が出ても退却は発生しない。

    (g)防御射撃を行った移動力が赤色でない砲兵ユニットは、向きを右に90度回転させる。

 ⑦釘付け状態かつ行動済みでないユニットは、攻撃マーカーが置かれている防御側ユニットに対し攻撃射撃を行

  わなければならない。

  (a)攻撃側が強行突撃を宣言した場合は、戦闘結果表の1段階高い欄を使用する。

  (b)下線付攻撃射撃力のユニットが敵装甲ユニットを射撃する場合、対戦車目標表で修正した値を使う。

  (C)防御側は、どのユニットから先に損害を出してもよい。

  (d)損害が出たヘクスに指揮官がいる場合、指揮官生存チェックを行う。

  (e)指揮官、観測所が負傷・除去された場合、所定のターン記録表あるいはフェーズ記録表の欄に置く。

    (f)釘付け状態でない歩兵タイプユニットが隣接する防御施設のない平地ヘクスの防御側ユニットを攻撃し、“P”の結果が出た場合、防御側ユニットは釘付け状態になって1ヘクス退却しなければならない。敵ZOCあるいは攻撃・砲爆撃を受けているヘクスには退却できない。

  (g)釘付け状態でない歩兵タイプユニットが隣接するバルカ、森、近郊住宅、防御施設ヘクスの防御側ユニットを攻撃し、“P”の結果が出た場合、防御側ユニットは釘付け状態になって1ヘクス退却するか(敵ZOCあるいは攻撃・砲爆撃を受けているヘクスには退却できない)、1戦闘ユニットを除去しなければならない。

    (h)防御側ユニットが全滅した場合、スタック制限まで攻撃側ユニットを戦闘後前進させる事ができる。

(i)戦闘後前進を行った観測所ユニットは、向きを180度回転させる。

  (j)攻撃側ユニットの上に、行動済みマーカーを置く。 

 ⑧戦闘後前進したユニットに隣接するドイツ軍ユニットは、そのユニットに対して即時反撃を行うことが出来る。

  (a)即時反撃できるのは、釘付け状態でなく行動済みでない歩兵、装甲ユニットのみ。

   (b)即時反撃表にて解決する(サイの目修正は、攻撃射撃力合計-敵ユニットの防御射撃力)

   (c)損害が出た場合、任意の戦闘ユニットを除去する。

  (d)敵ユニットが全滅した場合、即時反撃ユニットは戦闘後前進できる。

  (e)即時反撃ユニットの上に、行動済みマーカーを置く。

(2)両軍の橋梁、地雷原、防御施設を建設中の工兵ユニットが砲爆撃を受けた場合、攻撃した場合、攻撃を受けた

場合、建設完成は当初予定の移動フェーズの次の移動フェーズに延期される。

(3)向きが180度回転しているソ連軍観測所は、向きを元に戻す。

(4)向きが180度回転しているソ連軍砲兵ユニットは、向きを元に戻す。

(5)両軍の全ての“釘付け”、“行動済み”、“攻撃”マーカーを取り除く。
Dscn6290a

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ストリーツ・オブ・スターリングラード~手順詳細⑮

14.ソ連軍拡大移動フェイズ

注意

△注意: ソ連軍の9 月13 日の移動制限(シナリオカード1S 、2S 、3S 上部の“ゲームに上の注意”を参照)によって、他に

開始から半減されるフェイズの移動も同様に半減される。言い換えるならば、通常でも移動ポイントが半減される予備および拡大移動において、ソ連軍の移動は9 月13日ターンに関してのみ4 分の1 にされる。

手順

(1)設置に必要な所定のターンおよびフェーズが完了した場合、橋梁マーカー、地雷原マーカー、防御施設マーカーを置く事ができる。ただし工兵はこの移動フェーズに移動できない。工兵に、橋梁の建設、地雷原の設置、防御施設の構築を開始させることができる。

(2)自動車化歩兵、装甲歩兵、装甲工兵、オートバイ兵は、乗車または降車する事が出来る。

 ①降車状態の場合、橋梁のないバルカ・崖ヘクスにおらず、味方道路ヘクスまで敵ZOCに妨害されない車両が通行可能な連絡線を引く事ができ、孤立状態でない場合、降車マーカーを取り除ける。

 ②乗車状態の場合、降車する場合は降車マーカーを置く。

(3)釘付け状態でない装甲ユニットは、突破移動を行うことができる(移動力は1/2(端数切上)になる)。

 ①指揮官は、16ヘクス移動できる。

②隣接する敵歩兵ユニットから攻撃を受けていない釘付け状態でないドイツ軍の直接射撃ユニットと迫撃砲ユニット(釘付け状態でない味方ユニットの観測が必要)は、平地で移動中の敵ユニットに臨機射撃を行える。

  (a)迫撃砲ユニットのみの場合は西岸砲爆撃表を使用、その他は戦闘結果表を使用。“P”の結果が出ても退却は発生しない。

  (b)射撃はスタック毎に行う。

  (c)原則として防御射撃力を使用するが、下線付攻撃射撃力のユニットが移動力12以上の敵ユニットを射撃する場合は攻撃射撃力を使い、更に敵ユニットが装甲ユニットの場合は対戦車目標表で修正した値を使う。間接射撃砲兵は攻撃射撃力を使う。

  (d)下線付攻撃射撃力で射撃した場合、敵側は移動力が12以上のユニットから損害を出さなければならない。迫撃砲ユニットのみで砲爆撃した場合の損害の優先順位は次の通り。1.地雷原、2.橋梁、3.装甲ユニット・狙撃手以外のユニット、4.装甲ユニット、5.狙撃手ユニット

  (e)損害が出たヘクスに指揮官がいる場合、指揮官生存チェックを行う。

    (f)指揮官、観測所が負傷・除去された場合、所定のターン記録表あるいはフェーズ記録表の欄に置く。

  (g)臨機射撃した移動力が赤色でない迫撃砲ユニットは、向きを右に90度回転させる。

(4)釘付け状態でなく行動済みでない直接射撃ユニットは、砲撃マーカーが置かれていない平地・森・住宅へクスに存在し、隣接する敵ユニットに突破攻撃を一回行える。同じ戦闘単位の釘付け状態でなく行動済みでない迫撃砲ユニットも攻撃に参加できる(釘付け状態でないユニットの観測が必要)。

 ①攻撃目標を決める。 

②強行突撃を宣言できる。

  ③装甲ユニットあるいは戦闘工兵ユニットによる有利なDRMを使用するかどうか宣言する。

④防御側ユニットは戦闘前退却を行えない。

⑤防御側ユニットは防御射撃を行う(釘付け状態でも可)。防御側ユニットと同じ戦闘単位の釘付け状態でなく行動済みでない迫撃砲ユニットも間接射撃という形で防御射撃に参加できる(釘付け状態でない防御側ユニットの観測が必要)。

  (a)攻撃側が強行突撃を宣言した場合は、戦闘結果表の1段階高い欄を使用する。

  (b)原則として防御射撃力を使用するが、下線付攻撃射撃力のユニットが移動力12以上の敵ユニットを射撃する場合は攻撃射撃力を使い、更に敵ユニットが装甲ユニットの場合は対戦車目標表で修正した値を使う。攻撃されていない間接射撃砲兵は攻撃射撃力を使う。攻撃された間接射撃砲兵は防御射撃力を使う。

  (C)攻撃側が装甲ユニットあるいは戦闘工兵ユニットによる有利なDRMを使用する場合、攻撃側は装甲ユニットあるいは戦闘工兵ユニットから損害を出さなければならない。

    (d)損害が出たヘクスに指揮官がいる場合、指揮官生存チェックを行う。

    (e)指揮官、観測所が負傷・除去された場合、所定のターン記録表あるいはフェーズ記録表の欄に置く。

  (f)“P”の結果が出ても退却は発生しない。

 ⑥釘付け状態かつ行動済みでないユニットは、攻撃目標に対し攻撃射撃を行う。

  (a)攻撃側が強行突撃を宣言した場合は、戦闘結果表の1段階高い欄を使用する。

  (b)下線付攻撃射撃力のユニットが敵装甲ユニットを射撃する場合、対戦車目標表で修正した値を使う。

  (C)防御側は、どのユニットから先に損害を出してもよい。

  (d)損害が出たヘクスに指揮官がいる場合、指揮官生存チェックを行う。

  (e)指揮官、観測所が負傷・除去された場合、所定のターン記録表あるいはフェーズ記録表の欄に置く。 

    (f)“P”の結果が出ても退却は発生しない。

    (g)防御側ユニットが全滅した場合、

   ()攻撃側ユニットのうち1個を戦闘後前進させ、突破マーカーを置く。これ以上移動はできない。

   ()その他の攻撃ユニットに、行動済みマーカーを置く。これ以上移動はできない。 

  (h)防御側ユニットが全滅しなかった場合、

   () 攻撃側ユニットに、行動済みマーカーを置く。これ以上移動はできない。

 ⑨突破マーカーに隣接するドイツ軍ユニットは、突破マーカーのヘクスに対して即時反撃を行うことが出来る。

  (a)即時反撃できるのは、釘付け状態でなく行動済みでない歩兵、装甲ユニットのみ。

   (b)即時反撃表にて解決する(サイの目修正は、攻撃射撃力合計-敵ユニットの防御射撃力)

    (c)損害が出た場合、任意の戦闘ユニットを除去する。

  (d)敵ユニットが全滅した場合、即時反撃ユニットは戦闘後前進できる。突破マーカーを除去する。

  (e)即時反撃ユニットの上に、行動済みマーカーを置く。

 ⑩突破攻撃を行ったユニットの上に、行動済みマーカーを置く。突破攻撃を行ったユニットは移動できない。

(5)釘付け状態でなく突破移動・攻撃を行っていないユニットは通常移動を行う事が出来る(移動力は1/2(端数

切上)になる)。向きが右に90度回転している砲兵ユニットは、移動できない。

 ①敵ZOCに進入したら停止しなければならない(突破マーカーのあるヘクスは移動力の半分を消費する事で退

出できる)。

②指揮官は、16ヘクス移動できる。

③東岸ボックスへの出入り(ヴォルガ河渡河)、東岸ボックス間の移動を行える。

④隣接する敵歩兵ユニットから攻撃を受けていない釘付け状態でないドイツ軍の直接射撃ユニットと迫撃砲ユニット(釘付け状態でない味方ユニットの観測が必要)は、平地、ヴォルガ河で移動中の敵ユニットに臨機射撃を行える。

  (a)迫撃砲ユニットのみの場合は西岸砲爆撃表を使用、その他は戦闘結果表を使用。“P”の結果が出ても退却は発生しない。

  (b)射撃はスタック毎に行う。

  (c)原則として防御射撃力を使用するが、下線付攻撃射撃力のユニットが移動力12以上の敵ユニットを射撃する場合は攻撃射撃力を使い、更に敵ユニットが装甲ユニットの場合は対戦車目標表で修正した値を使う。間接射撃砲兵は攻撃射撃力を使う。

  (d)下線付攻撃射撃力で射撃した場合、敵側は移動力が12以上のユニットから損害を出さなければならない。迫撃砲ユニットのみで砲爆撃した場合の損害の優先順位は次の通り。1.地雷原、2.橋梁、3.装甲・狙撃手ユニット以外のユニット、4.装甲ユニット、5.狙撃手ユニット

  (e)損害が出たヘクスに指揮官がいる場合、指揮官生存チェックを行う。

    (f)指揮官、観測所が負傷・除去された場合、所定のターン記録表あるいはフェーズ記録表の欄に置く。

  (g)臨機射撃した移動力が赤色でない迫撃砲ユニットは、向きを右に90度回転させる。

 ⑤釘付け状態でなく行動済みマーカーが置かれていない歩兵タイプ直接射撃ユニットは、隣接する敵ユニットの上に攻撃マーカーを置くことができる。

 ⑥移動した移動力が赤色でない砲兵ユニットは、向きを180度回転させる。

(6)全ての突破マーカーを行動済みマーカーに変える。

(7)指揮官は、このターンの3つの移動フェーズに全く移動しないならば、ターンに一度のみ自分の戦闘単位のユニットの場所へ移動できる。

(8)右に90度回転していないソ連軍観測所は、16ヘクス移動するか、距離に関係なく同じ戦闘単位のユニットにスタックできる。移動した観測所は、向きを180度回転させる。

(9)右に90度回転しているソ連軍観測所は、向きを元に戻す。

(10)向きが右に90度回転しているソ連軍砲兵ユニットは、向きを元に戻す。

(11)両軍の橋梁、地雷原、防御施設を建設中の工兵ユニットが砲爆撃を受けた場合、攻撃した場合、攻撃を受けた場合、建設完成は当初予定の移動フェーズの次の移動フェーズに延期される。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ストリーツ・オブ・スターリングラード~手順詳細⑭

13.同時砲撃フェイズ

手順

(1)両軍のユニットの上に置かれている釘付けマーカーを取り除く。ただし、攻撃マーカーの下の釘付けマーカーは取り除かない。

(2)ソ連軍は砲撃したい場所に間接砲撃マーカーを置く。

①釘付け状態あるいは行動済みの間接砲兵は砲爆撃できない。

②味方ユニットが視認線を引けなければならない。

③観測できるユニット数・攻撃射撃力の上限を守る必要がある。

④向きが180度回転している観測所は、観測できない。

⑤観測した観測所は、向きを右に90度回転させる。

(3)ドイツ軍が(2)と同様に砲撃したい場所に間接砲撃マーカーを置く。

①釘付け状態あるいは行動済みの間接砲兵は砲爆撃できない。

②味方ユニットが視認線を引けなければならない。

③観測できるユニット数・攻撃射撃力の上限を守る必要がある。

(4)ソ連軍が先に砲爆撃戦闘を解決する。西岸砲爆撃表あるいは戦闘結果表のどちらかを使用する。移動妨害の場合は何もしない。

 ①損害の優先順位は次の通り。1.地雷原、2.橋梁、3.装甲ユニット以外のユニット、4.装甲ユニット

  ②損害が出たヘクスに指揮官がいる場合、指揮官生存チェックを行う。

③指揮官、観測所が負傷・除去された場合、所定のターン記録表あるいはフェーズ記録表の欄に置く。

④使用済の間接砲撃マーカーをフェーズ記録表の管理フェーズの欄に置く。

(5)ドイツ軍が(4)と同様に砲撃戦闘を解決する((4)と同時解決する)。

①損害の優先順位は次の通り。1.地雷原、2.橋梁、3.装甲・狙撃手ユニット以外のユニット、4.装甲ユニット、5.狙撃手ユニット

②損害が出たヘクスに指揮官がいる場合、指揮官生存チェックを行う。

③指揮官、観測所が負傷・除去された場合、所定のターン記録表あるいはフェーズ記録表の欄に置く。

④都市または工業地帯にいるソ連軍戦車が除去された場合、走行不能戦車チェックを行う。

⑤ソ連軍NKVDユニットが砲爆撃を受けた場合、信頼性チェックを行う。

⑥使用済の間接砲撃マーカーをフェーズ記録表の管理フェーズの欄に置く。

(6)フェーズ9~12に全滅した全てのソ連軍観測所ユニットを、軍司令官あるいは所属する戦闘単位の間接砲兵ユニットと同じ場所に置く。

(7)橋梁、地雷原、防御施設を建設中の工兵ユニットが砲爆撃を受けた場合、建設完成は当初予定の移動フェーズの次の移動フェーズに延期される。

(8)向きが180度回転しているソ連軍観測所は、向きを元に戻す。
Faise14dscn5725a

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ストリーツ・オブ・スターリングラード~手順詳細⑬

12.ソ連軍攻撃フェイズ

1)直前の移動フェーズに攻撃マーカーを置いた歩兵タイプユニットは、攻撃マーカーが置かれている敵ユニットを攻撃しなければならない。その際、その敵ユニットを射程内に収め視認線が引ける釘付け状態でなく行動済みでない味方直接射撃ユニットも、攻撃に参加できる。同じ戦闘単位の釘付け状態でなく行動済みでない迫撃砲ユニットも攻撃に参加できる(釘付け状態でないユニットの観測が必要)。

 ①どのユニットがどの攻撃マーカーが置かれている敵ユニットを攻撃するのか明確にする。砲撃マーカーを敵ユニットの上に置く。向きが180度回転している砲兵ユニットは、攻撃に参加できない。

 ②攻撃の順番を決める。 

③強行突撃を宣言できる。

  ④装甲ユニットあるいは戦闘工兵ユニットによる有利なDRMを使用するかどうか宣言する。

⑤防御側ユニットは、次の条件に当てはまる場合戦闘前退却を行える(・攻撃マーカーが置かれている、かつ・直前の敵移動フェーズに臨機射撃を行っていない、かつ・釘付け状態でない、かつ・直接射撃を受けている)。

 (a) 攻撃マーカーが置かれているヘクスに残す最低限1個の戦闘ユニットを選ぶ。もし当ヘクスに5ポイント以上の敵砲撃マーカーがある場合、自動車化ユニット、移動力12,15の砲兵ユニットは退却できない。※攻撃側に装甲ユニットがなく、防御側が装甲ユニットのみの場合、防御側は全て退却できる。

 (b)退却するユニットは、移動力の1/4(端数切上)まで退却できる。敵ZOC内に進入する事は出来ない。5ポイント以上の敵砲撃マーカーがある場合、追加1移動力を消費せねばならない。

 (c)釘付け状態でないソ連軍の直接射撃ユニットと迫撃砲ユニット(釘付け状態でない味方ユニットの観測が必要)は、平地で退却中の敵ユニットに臨機射撃を行える。

()迫撃砲ユニットのみの場合は西岸砲爆撃表を使用、その他は戦闘結果表を使用。“P”の結果が出ても退却は発生しない。

   ()射撃はスタック毎に行う。

   ()原則として防御射撃力を使用するが、下線付攻撃射撃力のユニットが移動力12以上の敵ユニットを射撃する場合は攻撃射撃力を使い、更に敵ユニットが装甲ユニットの場合は対戦車目標表で修正した値を使う。間接射撃砲兵は攻撃射撃力を使う。

   ()下線付攻撃射撃力で射撃した場合、敵側は移動力が12以上のユニットから損害を出さなければならない。迫撃砲ユニットのみで砲爆撃した場合の損害の優先順位は次の通り。1.地雷原、2.橋梁、3.装甲・狙撃手ユニット以外のユニット、4.装甲ユニット、5.狙撃手ユニット

   ()損害が出たヘクスに指揮官がいる場合、指揮官生存チェックを行う。

     ()指揮官、観測所が負傷・除去された場合、所定のターン記録表あるいはフェーズ記録表の欄に置く。

   ()臨機射撃した移動力が赤色でない迫撃砲ユニットは、向きを右に90度回転させる。

 ⑥ドイツ軍ユニットは攻撃側ユニットに対して防御射撃を行うことができる。防御射撃を行えるユニットは次の通り(・防御側ユニット(釘付け状態、行動済みでも可)。・攻撃側ユニットが平地にいる場合、攻撃側ユニットを射程内に収め視認線が引ける攻撃を受けない非釘付け・未行動済みドイツ軍ユニットも防御射撃に参加できる。・防御側ユニットと同じ戦闘単位の釘付け状態でなく行動済みでない迫撃砲ユニットも間接射撃という形で防御射撃に参加できる(釘付け状態でない防御側ユニットの観測が必要)。・攻撃側ユニットに視認線が引ける攻撃を受けない釘付け状態でないドイツ軍ユニットと同じ戦闘単位の、釘付け状態でなく行動済みでない迫撃砲ユニットも間接射撃という形で防御射撃に参加できる。※向きが180度回転している観測所は、観測できない。)

  (a)攻撃側が強行突撃を宣言した場合は、戦闘結果表の1段階高い欄を使用する。

  (b)原則として防御射撃力を使用するが、下線付攻撃射撃力のユニットが移動力12以上の敵ユニットを射撃する場合は攻撃射撃力を使い、更に敵ユニットが装甲ユニットの場合は対戦車目標表で修正した値を使う。攻撃されていない間接射撃砲兵は攻撃射撃力を使う。攻撃された間接射撃砲兵は防御射撃力を使う。

  (C)攻撃側が装甲ユニットあるいは戦闘工兵ユニットによる有利なDRMを使用する場合、攻撃側は装甲ユニットあるいは戦闘工兵ユニットから損害を出さなければならない。

    (d)損害が出たヘクスに指揮官がいる場合、指揮官生存チェックを行う。

    (e)指揮官、観測所が負傷・除去された場合、所定のターン記録表あるいはフェーズ記録表の欄に置く。

  (f)“P”の結果が出ても退却は発生しない。

    (g)防御射撃を行った移動力が赤色でない砲兵ユニットは、向きを右に90度回転させる。

 ⑦釘付け状態かつ行動済みでないユニットは、攻撃マーカーが置かれている防御側ユニットに対し攻撃射撃を行わなければならない。

  (a)攻撃側が強行突撃を宣言した場合は、戦闘結果表の1段階高い欄を使用する。

  (b)下線付攻撃射撃力のユニットが敵装甲ユニットを射撃する場合、対戦車目標表で修正した値を使う。

  (C)防御側は狙撃手以外のユニットから先に損害を出す。

  (d)損害が出たヘクスに指揮官がいる場合、指揮官生存チェックを行う。

  (e)指揮官、観測所が負傷・除去された場合、所定のターン記録表あるいはフェーズ記録表の欄に置く。

    (f)釘付け状態でない歩兵タイプユニットが隣接する防御施設のない平地ヘクスの防御側ユニットを攻撃し、“P”の結果が出た場合、防御側ユニットは釘付け状態になって1ヘクス退却しなければならない。敵ZOCあるいは攻撃・砲爆撃を受けているヘクスには退却できない。

  (g)釘付け状態でない歩兵タイプユニットが隣接するバルカ、森、近郊住宅、防御施設ヘクスの防御側ユニットを攻撃し、“P”の結果が出た場合、防御側ユニットは釘付け状態になって1ヘクス退却するか(敵ZOCあるいは攻撃・砲爆撃を受けているヘクスには退却できない)、1戦闘ユニットを除去しなければならない。

    (h)防御側ユニットが全滅した場合、スタック制限まで攻撃側ユニットを戦闘後前進させる事ができる。ただし戦闘後前進を行った観測所ユニットは、向きを180度回転させる。

  (i)攻撃側ユニットの上に、行動済みマーカーを置く。 

 ⑧戦闘後前進したユニットに隣接するドイツ軍ユニットは、そのユニットに対して即時反撃を行うことが出来る。

  (a)即時反撃できるのは、釘付け状態でなく行動済みでない歩兵、装甲ユニットのみ。

   (b)即時反撃表にて解決する(サイの目修正は、攻撃射撃力合計-敵ユニットの防御射撃力)

   (c)損害が出た場合、任意の戦闘ユニットを除去する。

  (d)敵ユニットが全滅した場合、即時反撃ユニットは戦闘後前進できる。

  (e)即時反撃ユニットの上に、行動済みマーカーを置く。

(2)両軍の橋梁、地雷原、防御施設を建設中の工兵ユニットが砲爆撃を受けた場合、攻撃した場合、攻撃を受けた

場合、建設完成は当初予定の移動フェーズの次の移動フェーズに延期される。

(3)向きが180度回転しているソ連軍砲兵ユニットは、向きを元に戻す。

(4)向きが180度回転しているドイツ軍観測所は、向きを元に戻す。
Faise12dscn5722a

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ストリーツ・オブ・スターリングラード~手順詳細⑫

11.ドイツ軍予備移動フェーズ

手順

(1)設置に必要な所定のターンおよびフェーズが完了した場合、橋梁マーカー、地雷原マーカー、防御施設マーカーを置く事ができる。ただし工兵はこの移動フェーズに移動できない。工兵に、橋梁の建設、地雷原の設置、防御施設の構築を開始させることができる。

(2)自動車化歩兵、装甲歩兵、装甲工兵、オートバイ兵は、乗車または降車する事が出来る。

 ①降車状態の場合、橋梁のないバルカ・崖ヘクスにおらず、味方道路ヘクスまで敵ZOCに妨害されない車両が通行可能な連絡線を引く事ができ、孤立状態でない場合、降車マーカーを取り除ける。

 ②乗車状態の場合、降車する場合は降車マーカーを置く。

(3)次の条件を満たすユニットは移動力の1/2(端数切上)で移動を行う事が出来る(・釘付け状態でない。・攻撃マーカーの3ヘクス以内にいる。・敵直接射撃ユニットから攻撃を受けていない。・直前の敵移動フェーズに臨機射撃を行っていない。・砲兵の場合、向きが右に90度回転していない。)

 ①敵ZOCに進入したら停止しなければならない(敵の攻撃を受けているヘクスにも進入できる)。

②指揮官は、16ヘクス移動できる(敵直接射撃ユニットから攻撃を受けていても可能)。 

③地図外ボックスへの出入り、地図外ボックス間の移動は行えない。

④展開移動は行えない。

⑤隣接する敵歩兵ユニットから攻撃を受けていない釘付け状態でないソ連軍の直接射撃ユニットと迫撃砲ユニット(釘付け状態でない味方ユニットの観測が必要)は、平地で移動中の敵ユニットに臨機射撃を行える。向きが180度回転している迫撃砲ユニットは、臨機射撃できない。(?)

  (a)向きが180度回転している観測所は、観測できない。

  (b)迫撃砲ユニットのみの場合は西岸砲爆撃表を使用、その他は戦闘結果表を使用。“P”の結果が出ても退却は発生しない。

  (c)射撃はスタック毎に行う。

  (d)原則として防御射撃力を使用するが、下線付攻撃射撃力のユニットが移動力12以上の敵ユニットを射撃する場合は攻撃射撃力を使い、更に敵ユニットが装甲ユニットの場合は対戦車目標表で修正した値を使う。間接射撃砲兵は攻撃射撃力を使う。

  (e)下線付攻撃射撃力で射撃した場合、敵側は移動力が12以上のユニットから損害を出さなければならない。迫撃砲ユニットのみで砲爆撃した場合の損害の優先順位は次の通り。1.地雷原、2.橋梁、3.装甲・狙撃手ユニット以外のユニット、4.装甲ユニット、5.狙撃手ユニット

  (f)損害が出たヘクスに指揮官がいる場合、指揮官生存チェックを行う。

    (g)指揮官、観測所が負傷・除去された場合、所定のターン記録表あるいはフェーズ記録表の欄に置く。

  (h)臨機射撃した移動力が赤色でない迫撃砲ユニットは、向きを右に90度回転させる。

 ⑥移動した移動力が赤色でない間接射撃砲兵ユニットは、向きを180度回転させる。

(4)指揮官は、このターンの3つの移動フェーズに全く移動しないならば、ターンに一度のみ自分の戦闘単位のユニットの場所へ移動できる。

(5)右に90度回転していないドイツ軍の観測所は、16ヘクス移動するか、距離に関係なく同じ戦闘単位のユニットにスタックできる。移動した観測所は向きを180度回転させる。

(6)向きが右に90度回転しているドイツ軍観測所は、向きを元に戻す。

(7)向きが180度回転しているソ連軍の観測所は、向きを元に戻す。

(8)向きが右に90度回転しているドイツ軍砲兵は、向きを元に戻す。
Faise11dscn5721a

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ストリーツ・オブ・スターリングラード~手順詳細⑪

10.ソ連軍移動フェイズ

注意

△注意: ソ連軍の9 月13 日の移動制限(シナリオカード1S 、2S 、3S 上部の“ゲームに上の注意”を参照)によって、他に開始から半減されるフェイズの移動も同様に半減される。言い換えるならば、通常でも移動ポイントが半減される予備および拡大移動において、ソ連軍の移動は9 月13日ターンに関してのみ4 分の1 にされる。

16.33 10 月11 日ターンから開始してその後の全てのターンに、ソ連軍プレイヤーは第10 フェイズのソ連軍移動の開始時に保有している全ての戦車ユニットに対して10面体サイコロ1 個を振らなければならない。サイの目が1 から4 であった場合、頻繁化する機械故障、燃料欠乏等により、移動の前にソ連軍戦車ユニットが直ちに走行不能戦車ユニットと置き換えられる結果になる。

手順

(1)増援を確認し、地図外ボックスに置く。

(2)補充を確認し、補充貯蓄表に記録する。除去されているユニットを復帰させ、地図外ボックスに置く。

(3)復帰する指揮官があれば、地図外ボックスに置く。

(4)設置に必要な所定のターンおよびフェーズが完了した場合、橋梁マーカー、地雷原マーカー、防御施設マーカーを置く事ができる。ただし工兵はこの移動フェーズに移動できない。工兵に、橋梁の建設、地雷原の設置、防御施設の構築を開始させることができる。

(5)自動車化歩兵、装甲歩兵、装甲工兵、オートバイ兵は、乗車または降車する事が出来る。

 ①降車状態の場合、橋梁のないバルカ・崖ヘクスにおらず、味方道路ヘクスまで敵ZOCに妨害されない車両が通行可能な連絡線を引く事ができ、孤立状態でない場合、降車マーカーを取り除ける。

 ②乗車状態の場合、降車する場合は降車マーカーを置く。

(6)釘付け状態でない装甲ユニットは、突破移動を行うことができる(増援と補充による復帰ユニットは不可)。

 ①指揮官は、16ヘクス移動できる。 

②隣接する敵歩兵ユニットから攻撃を受けていない釘付け状態でないドイツ軍の直接射撃ユニットと迫撃砲ユニット(釘付け状態でない味方ユニットの観測が必要)は、平地で移動中の敵ユニットに臨機射撃を行える。

  (a)迫撃砲ユニットのみの場合は西岸砲爆撃表を使用、その他は戦闘結果表を使用。“P”の結果が出ても退却は発生しない。

  (b)射撃はスタック毎に行う。

  (c)原則として防御射撃力を使用するが、下線付攻撃射撃力のユニットが移動力12以上の敵ユニットを射撃する場合は攻撃射撃力を使い、更に敵ユニットが装甲ユニットの場合は対戦車目標表で修正した値を使う。間接射撃砲兵は攻撃射撃力を使う。

  (d)下線付攻撃射撃力で射撃した場合、敵側は移動力が12以上のユニットから損害を出さなければならない。迫撃砲ユニットのみで砲爆撃した場合の損害の優先順位は次の通り。1.地雷原、2.橋梁、3.装甲・狙撃手ユニット以外のユニット、4.装甲ユニット、5.狙撃手ユニット

  (e)損害が出たヘクスに指揮官がいる場合、指揮官生存チェックを行う。

    (f)指揮官、観測所が負傷・除去された場合、所定のターン記録表あるいはフェーズ記録表の欄に置く。

  (g)臨機射撃した移動力が赤色でない迫撃砲ユニットは、向きを右に90度回転させる。

    (h)観測所が観測を行った場合、向きを右に90度回転させる。

(7) 釘付け状態でなく行動済みでない直接射撃ユニットは、砲撃マーカーが置かれていない平地・森・住宅へクスに存在し、隣接する敵ユニットに突破攻撃を一回行える。同じ戦闘単位の釘付け状態でなく行動済みでない迫撃砲ユニットも攻撃に参加できる(釘付け状態でないユニットの観測が必要)。

 ①攻撃目標を決める。 

②強行突撃を宣言できる。

  ③装甲ユニットあるいは戦闘工兵ユニットによる有利なDRMを使用するかどうか宣言する。

④防御側ユニットは戦闘前退却を行えない。

 ⑤防御側ユニットは防御射撃を行う(釘付け状態でも可)。防御側ユニットと同じ戦闘単位の釘付け状態でなく行動済みでない迫撃砲ユニットも間接射撃という形で防御射撃に参加できる(釘付け状態でない防御側ユニットの観測が必要)。

  (a)攻撃側が強行突撃を宣言した場合は、戦闘結果表の1段階高い欄を使用する。

  (b)原則として防御射撃力を使用するが、下線付攻撃射撃力のユニットが移動力12以上の敵ユニットを射撃する場合は攻撃射撃力を使い、更に敵ユニットが装甲ユニットの場合は対戦車目標表で修正した値を使う。攻撃されていない間接射撃砲兵は攻撃射撃力を使う。攻撃された間接射撃砲兵は防御射撃力を使う。

  (C)攻撃側が装甲ユニットあるいは戦闘工兵ユニットによる有利なDRMを使用する場合、攻撃側は装甲ユニットあるいは戦闘工兵ユニットから損害を出さなければならない。

    (d)損害が出たヘクスに指揮官がいる場合、指揮官生存チェックを行う。

    (e)指揮官、観測所が負傷・除去された場合、所定のターン記録表あるいはフェーズ記録表の欄に置く。

  (f)“P”の結果が出ても退却は発生しない。

 ⑥釘付け状態かつ行動済みでないユニットは、攻撃目標に対し攻撃射撃を行う。

  (a)攻撃側が強行突撃を宣言した場合は、戦闘結果表の1段階高い欄を使用する。

  (b)下線付攻撃射撃力のユニットが敵戦車ユニットを射撃する場合、対戦車目標表で修正した値を使う。

  (C)防御側はどのユニットから先に損害を出してもよい。

  (d)損害が出たヘクスに指揮官がいる場合、指揮官生存チェックを行う。

  (e)指揮官、観測所が負傷・除去された場合、所定のターン記録表あるいはフェーズ記録表の欄に置く。

    (f)“P”の結果が出ても退却は発生しない。

    (g)防御側ユニットが全滅した場合、

   ()攻撃ユニットのうち1個を戦闘後前進させ、突破マーカーを置く。これ以上移動はできない。

   ()その他の攻撃ユニットに、行動済みマーカーを置く。これ以上移動はできない。 

  (h)防御側ユニットが全滅しなかった場合、

   () 攻撃ユニットに、行動済みマーカーを置く。これ以上移動はできない。

 ⑨突破マーカーに隣接するドイツ軍ユニットは、突破マーカーのヘクスに対して即時反撃を行うことが出来る。

  (a)即時反撃できるのは、釘付け状態でなく行動済みでない歩兵、装甲ユニットのみ。

   (b)即時反撃表にて解決する(サイの目修正は、攻撃射撃力合計-敵ユニットの防御射撃力)

    (c)損害が出た場合、任意の戦闘ユニットを除去する。

  (d)敵ユニットが全滅した場合、即時反撃ユニットは戦闘後前進できる。突破マーカーを除去する。

  (e)即時反撃ユニットの上に、行動済みマーカーを置く。

 ⑩突破攻撃を行ったユニットの上に、行動済みマーカーを置く。突破攻撃を行ったユニットは移動できない。

(8)釘付け状態でなく突破移動・攻撃を行っていないユニットは通常移動を行う事が出来る(向きが右に90度の方向を向いている砲兵は、移動できない)。

 ①敵ZOCに進入したら停止しなければならない(突破マーカーのあるヘクスは移動力の半分を消費する事で退出できる)。

②指揮官は、16ヘクス移動できる。

③東岸ボックスへの出入り(ヴォルガ河の渡河)、東岸ボックス間の移動を行える。ヴォルガ河の渡河の場合、上陸ヘクス毎にユニット数の制限がある。

④隣接する敵歩兵ユニットから攻撃を受けていない釘付け状態でないドイツ軍の直接射撃ユニットと迫撃砲ユニット(釘付け状態でない味方ユニットの観測が必要)は、平地、ヴォルガ河で移動中の敵ユニットに臨機射撃を行える。

  (a)迫撃砲ユニットのみの場合は西岸砲爆撃表を使用、その他は戦闘結果表を使用。“P”の結果が出ても退却は発生しない。

  (b)射撃はスタック毎に行う。

  (c)原則として防御射撃力を使用するが、下線付攻撃射撃力のユニットが移動力12以上の敵ユニットを射撃する場合は攻撃射撃力を使い、更に敵ユニットが装甲ユニットの場合は対戦車目標表で修正した値を使う。間接射撃砲兵は攻撃射撃力を使う。

  (d)下線付攻撃射撃力で射撃した場合、敵側は移動力が12以上のユニットから損害を出さなければならない。迫撃砲ユニットのみで砲爆撃した場合の損害の優先順位は次の通り。1.地雷原、2.橋梁、3.装甲・狙撃手ユニット以外のユニット、4.装甲ユニット、5.狙撃手ユニット

  (e)損害が出たヘクスに指揮官がいる場合、指揮官生存チェックを行う。

    (f)指揮官、観測所が負傷・除去された場合、所定のターン記録表あるいはフェーズ記録表の欄に置く。

  (g)臨機射撃した移動力が赤色でない迫撃砲ユニットは、向きを右に90度回転させる。

(h)観測所が観測を行った場合、向きを右に90度回転させる。

 ⑤釘付け状態でなく行動済みマーカーが置かれていない歩兵タイプ直接射撃ユニットは、隣接する敵ユニットの上に攻撃マーカーを置くことができる。ヴォルガ河上の歩兵タイプ直接射撃ユニットも置くことができる。

 ⑥移動した移動力が赤色でない砲兵ユニットは、向きを180度回転させる。

(9)釘付け状態でなく敵ZOCにおらず突破移動・攻撃、通常移動を行っていないユニットは展開移動を行う事が出来る。東岸ボックスへの出入り(ヴォルガ河の渡河)も可能。向きが右に90度の方向を向いている砲兵は、移動できない。

 ①2倍の移動力で移動できる。

 ②次の事はできない:敵ZOCに進入する。敵ユニットの直接射撃の射程内の平地・ヴォルガ河ヘクスに入る。最も近い味方ユニットよりも敵ユニットに近づく。敵ユニットの2ヘクス以内で移動を終了する。

③移動した移動力が赤色でない砲兵ユニットは、向きを180度回転させる。

(10)指揮官は、このターンの3つの移動フェーズに全く移動しないならば、ターンに一度のみ自分の戦闘単位のユニットの場所へ移動できる。

(11)向きが右に90度回転していないソ連軍観測所は、16ヘクス移動するか、距離に関係なく同じ戦闘単位のユニットにスタックできる。移動した観測所は、向きを180度回転させる。

(12)向きが右に90度回転しているソ連軍観測所は、向きを元に戻す。

(13)向きが右に90度回転しているソ連軍砲兵は、向きを元に戻す。

(14)全ての突破マーカーを行動済みマーカーに変える。

(15)両軍の橋梁、地雷原、防御施設を建設中の工兵ユニットが砲爆撃を受けた場合、攻撃した場合、攻撃を受けた場合、建設完成は当初予定の移動フェーズの次の移動フェーズに延期される。
Faise10dscn5719a

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ストリーツ・オブ・スターリングラード~手順詳細⑩

9.同時砲爆撃フェイズ

手順

(1)ソ連軍は砲撃したい場所にスツーカユニットと間接砲撃マーカーを置く。

①釘付け状態あるいは行動済みの間接砲兵は砲爆撃できない。

②味方ユニットが視認線を引けなければならない。

③観測できるユニット数・攻撃射撃力の上限を守る必要がある。

④観測所ユニットが観測した場合、次の移動フェーズに移動できない。ユニットを右に90度回転させること。

(2)ドイツ軍が(1)と同様に砲撃したい場所に間接砲撃マーカーを置く。スツーカは使用できない。

①釘付け状態あるいは行動済みの間接砲兵は砲爆撃できない。

②味方ユニットが視認線を引けなければならない。

③観測できるユニット数・攻撃射撃力の上限を守る必要がある。

④ドイツ軍拡大戦闘フェーズに移動した(180度回転している)観測所は観測できない。

(3)ソ連軍が先に砲爆撃戦闘を解決する。西岸砲爆撃表あるいは戦闘結果表のどちらかを使用する。移動妨害の場合は何もしない。

 ①損害の優先順位は次の通り。1.地雷原、2.橋梁、3.装甲ユニット以外のユニット、4.装甲ユニット

  ②損害が出たヘクスに指揮官がいる場合、指揮官生存チェックを行う。

③指揮官、観測所が負傷・除去された場合、所定のターン記録表あるいはフェーズ記録表の欄に置く。

④使用済の間接砲撃マーカーをフェーズ記録表の管理フェーズの欄に置く。

(4)ドイツ軍が(3)と同様に砲撃戦闘を解決する((3)と同時解決する)。

①損害の優先順位は次の通り。1.地雷原、2.橋梁、3.装甲・狙撃手ユニット以外のユニット、4.装甲ユニット、5.狙撃手ユニット

②損害が出たヘクスに指揮官がいる場合、指揮官生存チェックを行う。

③指揮官、観測所が負傷・除去された場合、所定のターン記録表あるいはフェーズ記録表の欄に置く。

④都市または工業地帯にいるソ連軍戦車が除去された場合、走行不能戦車チェックを行う。

⑤ソ連軍NKVDユニットが砲爆撃を受けた場合、信頼性チェックを行う。

⑥使用済の間接砲撃マーカーをフェーズ記録表の管理フェーズの欄に置く。

(5)フェーズ6~8に全滅した全ての観測所ユニットを、軍司令官あるいは所属する戦闘単位の間接砲兵ユニットと同じ場所に置く。

(6)橋梁、地雷原、防御施設を建設中の工兵ユニットが砲爆撃を受けた場合、建設完成は当初予定の移動フェーズの次の移動フェーズに延期される。

(7)観測不可能状態(180度回転している)のドイツ軍観測所ユニットは、向きを元の方向に戻す。
Faise9dscn5718a

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ストリーツ・オブ・スターリングラード~手順詳細⑨

.ドイツ軍拡大攻撃フェイズ

1)直前の拡大移動フェーズに攻撃マーカーを置いた歩兵タイプユニットは、攻撃マーカーが置かれている敵ユニットを攻撃しなければならない。その際、その敵ユニットを射程内に収め視認線が引ける釘付け状態でなく行動済みでない味方直接射撃ユニットも、攻撃に参加できる。スツーカおよび同じ戦闘単位の釘付け状態でなく行動済みでない迫撃砲ユニットも攻撃に参加できる(釘付け状態でないユニットの観測が必要。向きが180度回転している観測所は観測できない)。

 ①どのユニットがどの攻撃マーカーが置かれている敵ユニットを攻撃するのか明確にする。スツーカと砲撃マーカーを敵ユニットの上に置く。向きが180度回転している砲兵ユニットは、攻撃に参加できない。

 ②攻撃の順番を決める。 

③強行突撃を宣言できる。

  ④装甲ユニットあるいは戦闘工兵ユニットによる有利なDRMを使用するかどうか宣言する。

⑤防御側ユニットは、次の条件に当てはまる場合戦闘前退却を行える(・攻撃マーカーが置かれている、かつ(・親衛隊または海兵隊ユニットである、または・指揮官ユニットとスタックしているか隣接している(パブロフ、ヘルマン、政治委員の場合はスタックのみ))、かつ・直前の敵移動フェーズに臨機射撃を行っていない、かつ・釘付け状態でない、かつ・直接射撃を受けている)。

 (a) 攻撃マーカーが置かれているヘクスに残す最低限1個の戦闘ユニットを選ぶ。これには狙撃手、走行不能戦車ユニットも含まれる。もし当ヘクスに5ポイント以上の敵砲撃マーカーあるいはスツーカがある場合、自動車化ユニット、移動力12,15の砲兵ユニットは退却できない。

 (b)残りの全てのユニットは、移動力の1/4(端数切上)まで退却できる。敵ZOC内に進入する事は出来ない。5ポイント以上の敵砲撃マーカーあるいはスツーカがある場合、追加1移動力を消費せねばならない。

 (c)釘付け状態でないドイツ軍の直接射撃ユニットと迫撃砲ユニット、スツーカ(釘付け状態でない味方ユニットの観測が必要)は、平地で退却中の敵ユニットに臨機射撃を行える。

   () 対空砲能力を持つ敵ユニットの射程内にスツーカユニットが存在する場合、戦闘結果表を使用してスツーカユニットを射撃できる。

()迫撃砲ユニット、スツーカのみの場合は西岸砲爆撃表を使用、その他は戦闘結果表を使用。“P”の結果が出ても退却は発生しない。

   ()射撃はスタック毎に行う。

   ()原則として防御射撃力を使用するが、下線付攻撃射撃力のユニットが移動力12以上の敵ユニットを射撃する場合は攻撃射撃力を使い、更に敵ユニットが装甲ユニットの場合は対戦車目標表で修正した値を使う。間接射撃砲兵は攻撃射撃力を使う。

   ()下線付攻撃射撃力で射撃した場合、敵側は移動力が12以上のユニットから損害を出さなければならない。迫撃砲ユニットのみで砲爆撃した場合の損害の優先順位は次の通り。1.地雷原、2.橋梁、3.装甲・狙撃手ユニット以外のユニット、4.装甲ユニット、5.狙撃手ユニット

   ()損害が出たヘクスに指揮官がいる場合、指揮官生存チェックを行う。

     ()指揮官、観測所が負傷・除去された場合、所定のターン記録表あるいはフェーズ記録表の欄に置く。

   ()臨機射撃した移動力が赤色でない迫撃砲ユニットは、向きを右に90度回転させる。

 ⑥ソ連軍は、対空砲能力を持つ防御側ユニットの射程内にスツーカユニットが存在する場合、戦闘結果表を使用してスツーカユニットを射撃できる。

 ⑦ソ連軍ユニットは攻撃側ユニットに対して防御射撃を行うことができる。防御射撃を行えるユニットは次の通り(・防御側ユニット(釘付け状態、行動済みでも可)。・攻撃側ユニットが平地にいる場合、攻撃側ユニットを射程内に収め視認線が引ける攻撃を受けない非釘付け・未行動済みソ連軍ユニットも防御射撃に参加できる。・防御側ユニットと同じ戦闘単位の釘付け状態でなく行動済みでない迫撃砲ユニットも間接射撃という形で防御射撃に参加できる(釘付け状態でない防御側ユニットの観測が必要)。・攻撃側ユニットに視認線が引ける攻撃を受けない釘付け状態でないソ連軍ユニットと同じ戦闘単位の、釘付け状態でなく行動済みでない迫撃砲ユニットも間接射撃という形で防御射撃に参加できる。・攻撃側ユニットがヴォルガ河崖ヘクスにいる場合、ソ連軍河川小艦隊も防御射撃に参加できる。)

  (a)攻撃側が強行突撃を宣言した場合は、戦闘結果表の1段階高い欄を使用する。

  (b)原則として防御射撃力を使用するが、下線付攻撃射撃力のユニットが移動力12以上の敵ユニットを射撃する場合は攻撃射撃力を使い、更に敵ユニットが装甲ユニットの場合は対戦車目標表で修正した値を使う。攻撃されていない間接射撃砲兵は攻撃射撃力を使う。攻撃された間接射撃砲兵は防御射撃力を使う。

  (C)攻撃側が装甲ユニットあるいは戦闘工兵ユニットによる有利なDRMを使用する場合、攻撃側は装甲ユニットあるいは戦闘工兵ユニットから損害を出さなければならない。

    (d)損害が出たヘクスに指揮官がいる場合、指揮官生存チェックを行う。

    (e)指揮官、観測所が負傷・除去された場合、所定のターン記録表あるいはフェーズ記録表の欄に置く。

  (f)“P”の結果が出ても退却は発生しない。

    (g)防御射撃を行った移動力が赤色でない砲兵ユニットは、向きを右に90度回転させる。

 ⑧ソ連軍地雷犬ユニットは、隣接する敵装甲ユニットを攻撃できる。

 ⑨釘付け状態かつ行動済みでないユニットは、攻撃マーカーが置かれている防御側ユニットに対し攻撃射撃を行わなければならない。

  (a)攻撃側が強行突撃を宣言した場合は、戦闘結果表の1段階高い欄を使用する。

  (b)下線付攻撃射撃力のユニットが敵戦車ユニットを射撃する場合、対戦車目標表で修正した値を使う。

  (C)防御側は狙撃手以外のユニットから先に損害を出す。

  (d)都市または工業地帯でソ連軍戦車ユニットが除去された場合、走行不能戦車チェックを行う。

  (e)損害が出たヘクスに指揮官がいる場合、指揮官生存チェックを行う。

  (f)指揮官、観測所が負傷・除去された場合、所定のターン記録表あるいはフェーズ記録表の欄に置く。

    (g)釘付け状態でない歩兵タイプユニットが隣接する防御施設のない平地ヘクスの防御側ユニットを攻撃し、“P”の結果が出た場合、防御側ユニットは釘付け状態になって1ヘクス退却しなければならない。敵ZOCあるいは攻撃・砲爆撃を受けているヘクスには退却できない。

  (h)釘付け状態でない歩兵タイプユニットが隣接するバルカ、森、近郊住宅、防御施設ヘクスの防御側ユニットを攻撃し、“P”の結果が出た場合、防御側ユニットは釘付け状態になって1ヘクス退却するか(敵ZOCあるいは攻撃・砲爆撃を受けているヘクスには退却できない)、1戦闘ユニットを除去しなければならない。

    ※指揮官とスタックしていないNKVDユニットは、ヘクス内の地形にかかわらず退却せねばならない。

    (i)防御側ユニットが全滅した場合、スタック制限まで攻撃側ユニットを戦闘後前進させる事ができる。

(j)戦闘後前進を行った観測所ユニットは、向きを180度回転させる。

  (k)攻撃側ユニットの上に、行動済みマーカーを置く。 

 ⑩戦闘後前進したユニットに隣接するソ連軍ユニットは、そのユニットに対して即時反撃を行うことが出来る。

  (a)即時反撃できるのは、釘付け状態でなく行動済みでないソ連軍親衛部隊、海兵隊、指揮官ユニットとスタックしている一般歩兵、一般装甲ユニットのみ。

   (b)即時反撃表にて解決する(サイの目修正は、攻撃射撃力合計-敵ユニットの防御射撃力)

   (c)損害が出た場合、任意の戦闘ユニットを除去する。

  (d)敵ユニットが全滅した場合、即時反撃ユニットは戦闘後前進できる。

  (e)即時反撃ユニットの上に、行動済みマーカーを置く。

(2)両軍の橋梁、地雷原、防御施設を建設中の工兵ユニットが砲爆撃を受けた場合、攻撃した場合、攻撃を受けた

場合、建設完成は当初予定の移動フェーズの次の移動フェーズに延期される。

(3)向きが180度回転しているドイツ軍観測所は、向きを元に戻す。

(4)向きが180度回転しているドイツ軍砲兵ユニットは、向きを元に戻す。

(5)両軍の全ての“釘付け”、“行動済み”、“攻撃”マーカーを取り除く。
Faise8dscn5717a

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ストリーツ・オブ・スターリングラード~手順詳細⑧

.ドイツ軍拡大移動フェイズ

手順

(1)設置に必要な所定のターンおよびフェーズが完了した場合、橋梁マーカー、地雷原マーカー、防御施設マーカーを置く事ができる。ただし工兵はこの移動フェーズに移動できない。工兵に、橋梁の建設、地雷原の設置、防御施設の構築を開始させることができる。

(2)自動車化歩兵、装甲歩兵、装甲工兵、オートバイ兵は、乗車または降車する事が出来る。

 ①降車状態の場合、橋梁のないバルカ・崖ヘクスにおらず、味方道路ヘクスまで敵ZOCに妨害されない車両が通行可能な連絡線を引く事ができ、孤立状態でない場合、降車マーカーを取り除ける。

 ②乗車状態の場合、降車する場合は降車マーカーを置く。

(3)釘付け状態でない装甲ユニットは、突破移動を行うことができる(移動力は1/2(端数切上)になる)。

 ①指揮官は、16ヘクス移動できる。

②隣接する敵歩兵ユニットから攻撃を受けていない釘付け状態でないソ連軍の直接射撃ユニットと迫撃砲ユニット(釘付け状態でない味方ユニットの観測が必要)は、平地で移動中の敵ユニットに臨機射撃を行える。

  (a)迫撃砲ユニットのみの場合は西岸砲爆撃表を使用、その他は戦闘結果表を使用。“P”の結果が出ても退却は発生しない。

  (b)射撃はスタック毎に行う。

  (c)原則として防御射撃力を使用するが、下線付攻撃射撃力のユニットが移動力12以上の敵ユニットを射撃する場合は攻撃射撃力を使い、更に敵ユニットが装甲ユニットの場合は対戦車目標表で修正した値を使う。間接射撃砲兵は攻撃射撃力を使う。

  (d)下線付攻撃射撃力で射撃した場合、敵側は移動力が12以上のユニットから損害を出さなければならない。迫撃砲ユニットのみで砲爆撃した場合の損害の優先順位は次の通り。1.地雷原、2.橋梁、3.装甲ユニット以外のユニット、4.装甲ユニット

  (e)損害が出たヘクスに指揮官がいる場合、指揮官生存チェックを行う。

    (f)指揮官、観測所が負傷・除去された場合、所定のターン記録表あるいはフェーズ記録表の欄に置く。

  (g)臨機射撃した移動力が赤色でない迫撃砲ユニットは、向きを右に90度回転させる。

 ③隣接されたソ連軍NKVDユニットは、信頼性チェックを行う。

(7) 釘付け状態でなく行動済みでない直接射撃ユニットは、砲撃マーカーが置かれていない平地・森・住宅へクスに存在し、隣接する敵ユニットに突破攻撃を一回行える。スツーカおよび同じ戦闘単位の釘付け状態でなく行動済みでない迫撃砲ユニットも攻撃に参加できる(釘付け状態でないユニットの観測が必要)。

 ①攻撃目標を決める。 

②強行突撃を宣言できる。

  ③装甲ユニットあるいは戦闘工兵ユニットによる有利なDRMを使用するかどうか宣言する。

④防御側ユニットは戦闘前退却を行えない。

⑤ソ連軍は、対空砲能力を持つ防御側ユニットの射程内にスツーカユニットが存在する場合、戦闘結果表を使用してスツーカユニットを射撃できる。

 ⑥防御側ユニットは防御射撃を行う(釘付け状態でも可)。防御側ユニットと同じ戦闘単位の釘付け状態でなく行動済みでない迫撃砲ユニットも間接射撃という形で防御射撃に参加できる(釘付け状態でない防御側ユニットの観測が必要)。

  (a)攻撃側が強行突撃を宣言した場合は、戦闘結果表の1段階高い欄を使用する。

  (b)原則として防御射撃力を使用するが、下線付攻撃射撃力のユニットが移動力12以上の敵ユニットを射撃する場合は攻撃射撃力を使い、更に敵ユニットが装甲ユニットの場合は対戦車目標表で修正した値を使う。攻撃されていない間接射撃砲兵は攻撃射撃力を使う。攻撃された間接射撃砲兵は防御射撃力を使う。

  (C)攻撃側が装甲ユニットあるいは戦闘工兵ユニットによる有利なDRMを使用する場合、攻撃側は装甲ユニットあるいは戦闘工兵ユニットから損害を出さなければならない。

    (d)損害が出たヘクスに指揮官がいる場合、指揮官生存チェックを行う。

    (e)指揮官、観測所が負傷・除去された場合、所定のターン記録表あるいはフェーズ記録表の欄に置く。

  (f)“P”の結果が出ても退却は発生しない。

 ⑦ソ連軍地雷犬ユニットは、隣接する敵装甲ユニットを攻撃できる。

 ⑧釘付け状態かつ行動済みでないユニットは、攻撃目標に対し攻撃射撃を行う。

  (a)攻撃側が強行突撃を宣言した場合は、戦闘結果表の1段階高い欄を使用する。

  (b)下線付攻撃射撃力のユニットが敵戦車ユニットを射撃する場合、対戦車目標表で修正した値を使う。

  (C)防御側は狙撃手以外のユニットから先に損害を出す。

  (d)都市または工業地帯でソ連軍戦車ユニットが除去された場合、走行不能戦車チェックを行う。

  (e)損害が出たヘクスに指揮官がいる場合、指揮官生存チェックを行う。

  (f)指揮官、観測所が負傷・除去された場合、所定のターン記録表あるいはフェーズ記録表の欄に置く。

    (g)“P”の結果が出ても退却は発生しない。

    (h)防御側ユニットが全滅した場合、

   ()攻撃ユニットのうち1個を戦闘後前進させ、突破マーカーを置く。これ以上移動はできない。

   ()その他の攻撃ユニットに、行動済みマーカーを置く。これ以上移動はできない。 

  (i)防御側ユニットが全滅しなかった場合、

   () 攻撃ユニットに、行動済みマーカーを置く。これ以上移動はできない。

 ⑨突破マーカーに隣接するソ連軍ユニットは、突破マーカーのヘクスに対して即時反撃を行うことが出来る。

  (a)即時反撃できるのは、釘付け状態でなく行動済みでないソ連軍親衛部隊、海兵隊、指揮官ユニットとスタックしている一般歩兵、一般装甲ユニットのみ。

   (b)即時反撃表にて解決する(サイの目修正は、攻撃射撃力合計-敵ユニットの防御射撃力)

    (c)損害が出た場合、任意の戦闘ユニットを除去する。

  (d)敵ユニットが全滅した場合、即時反撃ユニットは戦闘後前進できる。突破マーカーを除去する。

  (e)即時反撃ユニットの上に、行動済みマーカーを置く。

 ⑩突破攻撃を行ったユニットの上に、行動済みマーカーを置く。突破攻撃を行ったユニットは移動できない。

(8)釘付け状態でなく突破移動・攻撃を行っていないユニットは通常移動を行う事が出来る(移動力は1/2(端数

切上)になる)。向きが右に90度回転している砲兵ユニットは、移動できない。

 ①敵ZOCに進入したら停止しなければならない(突破マーカーのあるヘクスは移動力の半分を消費する事で退

出できる)。

②指揮官は、16ヘクス移動できる。

③地図外ボックスへの出入り、地図外ボックス間の移動を行える。

④隣接する敵歩兵ユニットから攻撃を受けていない釘付け状態でないソ連軍の直接射撃ユニットと迫撃砲ユニット(釘付け状態でない味方ユニットの観測が必要)は、平地で移動中の敵ユニットに臨機射撃を行える。

  (a)迫撃砲ユニットのみの場合は西岸砲爆撃表を使用、その他は戦闘結果表を使用。“P”の結果が出ても退却は発生しない。

  (b)射撃はスタック毎に行う。

  (c)原則として防御射撃力を使用するが、下線付攻撃射撃力のユニットが移動力12以上の敵ユニットを射撃する場合は攻撃射撃力を使い、更に敵ユニットが装甲ユニットの場合は対戦車目標表で修正した値を使う。間接射撃砲兵は攻撃射撃力を使う。

  (d)下線付攻撃射撃力で射撃した場合、敵側は移動力が12以上のユニットから損害を出さなければならない。迫撃砲ユニットのみで砲爆撃した場合の損害の優先順位は次の通り。1.地雷原、2.橋梁、3.装甲ユニット以外のユニット、4.装甲ユニット

  (e)損害が出たヘクスに指揮官がいる場合、指揮官生存チェックを行う。

    (f)指揮官、観測所が負傷・除去された場合、所定のターン記録表あるいはフェーズ記録表の欄に置く。

  (g)臨機射撃した移動力が赤色でない迫撃砲ユニットは、向きを右に90度回転させる。

 ⑤隣接されたソ連軍NKVDユニットは、信頼性チェックを行う。

 ⑥釘付け状態でなく行動済みマーカーが置かれていない歩兵タイプ直接射撃ユニットは、隣接する敵ユニットの上に攻撃マーカーを置くことができる。

 ⑦移動した移動力が赤色でない砲兵ユニットは、向きを180度回転させる。

(9)全ての突破マーカーを行動済みマーカーに変える。

(10)指揮官は、このターンの3つの移動フェーズに全く移動しないならば、ターンに一度のみ自分の戦闘単位のユニットの場所へ移動できる。

(11)右に90度回転していないドイツ軍観測所は、16ヘクス移動するか、距離に関係なく同じ戦闘単位のユニットにスタックできる。移動した観測所は、向きを180度回転させる。

(12)右に90度回転しているドイツ軍観測所は、向きを元に戻す。

(13)向きが右に90度回転しているドイツ軍砲兵ユニットは、向きを元に戻す。

(14)両軍の橋梁、地雷原、防御施設を建設中の工兵ユニットが砲爆撃を受けた場合、攻撃した場合、攻撃を受けた場合、建設完成は当初予定の移動フェーズの次の移動フェーズに延期される。
Faise7dscn5716a

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ストリーツ・オブ・スターリングラード~手順詳細⑦

.同時砲撃フェイズ

手順

(1)両軍のユニットの上に置かれている釘付けマーカーを取り除く。ただし、攻撃マーカーの下の釘付けマーカーは取り除かない。

(2)ドイツ軍は砲撃したい場所にスツーカユニットと間接砲撃マーカーを置く。

①釘付け状態あるいは行動済みの間接砲兵は砲爆撃できない。

②味方ユニットが視認線を引けなければならない。

③観測できるユニット数・攻撃射撃力の上限を守る必要がある。

④向きが180度回転している観測所は、観測できない。

⑤観測した観測所は、向きを右に90度回転させる。

(3)ソ連軍が(2)と同様に砲撃したい場所に間接砲撃マーカーを置く。

①釘付け状態あるいは行動済みの間接砲兵は砲爆撃できない。

②味方ユニットが視認線を引けなければならない。

③観測できるユニット数・攻撃射撃力の上限を守る必要がある。

(4)対空砲能力を持つソ連軍ユニットの射程内にスツーカユニットが存在する場合、戦闘結果表を使用してスツーカユニットを射撃できる。

(5)ドイツ軍が先に砲爆撃戦闘を解決する。西岸砲爆撃表あるいは戦闘結果表のどちらかを使用する。移動妨害の場合は何もしない。

 ①損害の優先順位は次の通り。1.地雷原、2.橋梁、3.装甲ユニット・狙撃手以外のユニット、4.装甲ユニット、5.狙撃手

  ②損害が出たヘクスに指揮官がいる場合、指揮官生存チェックを行う。

③指揮官、観測所が負傷・除去された場合、所定のターン記録表あるいはフェーズ記録表の欄に置く。

④都市または工業地帯にいるソ連軍戦車が除去された場合、走行不能戦車チェックを行う。

⑤ソ連軍NKVDユニットが砲爆撃を受けた場合、信頼性チェックを行う。

⑥使用済の間接砲撃マーカーをフェーズ記録表の管理フェーズの欄に置く。

(6)ソ連軍が(5)と同様に砲撃戦闘を解決する((5)と同時解決する)。

①損害の優先順位は次の通り。1.地雷原、2.橋梁、3.装甲ユニット以外のユニット、4.装甲ユニット

②損害が出たヘクスに指揮官がいる場合、指揮官生存チェックを行う。

③指揮官、観測所が負傷・除去された場合、所定のターン記録表あるいはフェーズ記録表の欄に置く。

④使用済の間接砲撃マーカーをフェーズ記録表の管理フェーズの欄に置く。

(7)フェーズ2~5に全滅した全ての観測所ユニットを、軍司令官あるいは所属する戦闘単位の間接砲兵ユニットと同じ場所に置く。

(8)橋梁、地雷原、防御施設を建設中の工兵ユニットが砲爆撃を受けた場合、建設完成は当初予定の移動フェーズの次の移動フェーズに延期される。

(9)向きが180度回転しているドイツ軍観測所は、向きを元に戻す。

Faise6dscn5715a

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

001ミラノ 002ヴェネツィア 003フィレンツェ、ピサ 004ローマ、ティボリ 006テルアビブ=ヤッフォ(イスラエル) 007カイザリヤ(イスラエル) 008アッコー(イスラエル) 009ガリラヤ湖周辺、ゴラン高原(イスラエル) 010ナザレ周辺(イスラエル) 011ヨルダン川西岸(イスラエル) 012死海周辺(イスラエル) 013エルサレム(イスラエル) 014ベツレヘム(イスラエル) 016アダナ、アヤス、コザン周辺(トルコ) 017カイセリ周辺(トルコ) 018スィワス周辺(トルコ) 019エルズィンジャン周辺(トルコ) 020エルズルム周辺(トルコ) 021ドウバヤズット周辺(トルコ) 023タブリーズ、キャンドヴァーン(イラン) 024ガズヴィーン、アラムート(イラン) 025テヘラン2007(イラン) 025テヘラン2008以降(イラン) 026サヴェ往復(イラン・コム州) 027ヤズド周辺(イラン) 040バンダルアッバース、ティアーブ、ミーナーブ周辺2008以降(イラン) 040バンダルアッバース、ミーナーブ周辺2007(イラン) 045タバス周辺(イラン・ヤズド州) 046フェルドゥス、ゴナバッド、トバトエヘデレイ周辺(イラン・ホラサーンラザヴィ州) 047マシュハド、ネイシャーブール(イラン) 060ウルムチ、トルファン、クチャ(新疆ウイグル自治区) 061カシュガル、カラクリ湖(新疆ウイグル自治区) 062ヤルカンド(新疆ウイグル自治区) 063ホータン、ケリヤ(新疆ウイグル自治区) 064チャルチャン(新疆ウイグル自治区) 065チャルクリク(新疆ウイグル自治区) 066コルラ周辺(新疆ウイグル自治区) 067敦煌(甘粛省) 068嘉峪関(甘粛省) 069酒泉(甘粛省) 070張掖(甘粛省) 071武威(甘粛省) 072銀川(寧夏回族自治区) 073パオトウ(内蒙古自治区) 074フフホト(内蒙古自治区) 075張家口市宣化周辺(河北省) 076チャガンノール遺跡(河北省) 077上都遺跡周辺(内蒙古自治区) 078赤城周辺(河北省) 079北京2002 079北京2007以降 080咸陽(陝西省) 081上海 082黄山(安徽省) 083西安(陝西省) 084青島(山東省) 209北アルプス・雲ノ平 211南アルプス・北岳(11月) 212南アルプス・甲斐駒ヶ岳(1月) 216中央アルプス~木曽駒・宝剣岳(1月) 218北アルプス・西穂高岳⇒焼岳(10月) 220北アルプス・蝶ヶ岳(1月) 222北アルプス・前穂、奥穂高岳(5月) 225南アルプス仙丈岳(5月) 226北アルプス・徳本峠越え(11月) 229北アルプス・燕岳(1月) 232南八ヶ岳(1月) 235北アルプス・不帰キレット 237北アルプス・西穂高岳(1月) 239北アルプス八方尾根(1月) 243南アルプス南部主脈縦走 247信州戸隠・鏡池クロカンスキーツアー 248屋久島主脈縦走 250南アルプス・仙丈岳⇒塩見岳 255中央アルプス越百山(12月) 257草津ヘリスキー 299首都圏ハイキング AC1187 ハッティンの戦い(CRUSADESⅡ) AC1219 成吉思(チンギス)征西記 AC1274 神風伝説 AC1939.09 電撃戦1939 AC1940.04 スカンジナビア電撃戦 AC1940.05 フランス’40 AC1940.07 鷲の日 AC1941.04 バルカン電撃侵攻戦 AC1942.06 キャンペーン・トゥ・スターリングラード AC1942.09 ストリーツ・オブ・スターリングラード AC1942.12 激闘!マンシュタイン軍集団 AC1943.07 クルスク大戦車戦 AC1943.07 ツィタデレ・クルスクの決戦 AC1943.08 ウクライナ’43 AC1943.11 トライアンファント・リターン! AC1944.01 コルスンの戦い AC1944.03 ウクライナ’44 AC1944.06 白ロシア大作戦 AC1944.10 ハンガリー戦役1944-45 AC1945.01 ブダペスト’45 AC1945.03 春の目覚め作戦 ACxxxx その他シミュレーションゲーム 【SF模型】2001年宇宙の旅 【SF模型】スター・ウォーズ 【SF模型】スター・トレック 【SF模型】天体模型 【SF模型】'その他 グルメ・クッキング 国内旅行 映画・テレビ 模型・プラモデル 祭り・イベント