011ヨルダン川西岸(イスラエル)

イスラエル旅行・ヨルダン川西岸~その3

ヨルダン川西岸、死海に向けてのドライブの続きです。
荒涼とした砂漠の中、エリコの町が見えました!(画像の右側、通常のサイズに伸ばして見て下さい)。
(たぶん、このあたり 31 51' 29.04"N 35 27' 50.34"E )
Fi2372798_0e_2 
現在、パレスチナ自治政府の領土なので、迂回して行きます。
しかし、ここは実に魅力的な場所なんですが・・・。
エリコはヨルダン渓谷の南端にある、パレスチナ最古の町です。
古代オリエント時代、ローマ時代、ビザンツ時代に、多少場所を変えて繁栄しました。
古代オリエント時代にはテル・エス・スルタンという場所で発展しました。
紀元前7800年には聖所が造られ、円形の家と灌漑設備がある集落ができた。
紀元前7000年には石造りの城壁と高さ9mの塔があった。
その後は次々と侵入者(アモリ人、カナン人、エジプト人)が来て、破壊と再建を繰り返した。
エリコに関する、考古学者の最大の関心は、旧約聖書で語られるモーゼの後継者、ヨシュアのエリコ征服の証拠を探し出す事でした。
角笛が鳴り渡ると、民は鬨の声をあげた。
民が角笛の音を聞いて、一斉に鬨の声をあげると、城壁が崩れ落ち、民はそれぞれ、その場から町に突入し、この町を占領した。
(旧約聖書 ヨシュア記・6章20節 財団法人日本聖書協会・新共同訳から引用)
しかし、この事件が起きたとされる紀元前13世紀の遺跡は、自然の風化と不完全な発掘によって荒らされ、証明は難しいそうだ。
預言者エリシャが塩で清めたというは、今も飲料用水、灌漑用水として使われている。
ローマ時代には、南のトゥルール・アブーエル・アラーイクで発展した。
ヘロデ王はここにローマ式の都市を造った。
その中には冬の宮殿と要塞があった。
しかし第一次ユダヤ反乱以後衰えた。
ビザンツ時代には、東にエリカが造られた。
現在の町は、エリカの上に造られ、農業の中心地として発展している。
画像では荒野が広がっています。
この、エリコの北側に広がる荒野は、ヨハネからバプテスマを受けたイエスが、40日間さまよった荒れ野だと思います。
飢えに苦しむイエスに、悪魔が様々な誘惑を仕掛けてきます。
この時に、「人はパンのみで生きるものにあらず」という言葉が出てきます。
最後に、悪魔はイエスをエルサレム神殿の屋根に立たせ、「神の子なら、ここから飛び降りろ。旧約聖書には、神が天使に命じてあなたを守る、と書いてあるではないか」と言います。
しかしイエスは、「あなたの神を試してはならない」と答えました。
神を疑った瞬間に、信仰の力は失せてしまう、という事でしょうか?
この後、悪魔は退散し、イエスはガリラヤに帰って宣教活動を始めました。
Fi2372798_1e この画像の奥は、ヨルダン渓谷に架かるアレンビー橋です。
エリコの東10キロの地点にあります。
ここでイエスは、バプテスマのヨハネからバプテスマを受けました。
ヨハネは、祭司の家に生まれ、後に預言者として現れたとき、駱駝の毛皮、皮の帯をまとい、いなごや野蜜を食べていたという。
彼は、神の審判によるこの世の終末が迫っており、救いの道は、神への悔い改めに基づいた生き方(私には具体的にどういうものかわかりません)を行うしかない、と唱えた。
そして、悔い改めの生き方への準備?として、バプテスマを行った。
当時のユダヤ人にとっては、神殿重視のサドカイ派と律法重視のファリサイ派がユダヤ教の主流だったので、ヨハネの教えは革新的だった。
多くの人がバプテスマを受けに訪れ、イエスもまたガリラヤからここにやってきた。
イエスがバプテスマを受けたとき、「あなたは私の愛する子、私の心に適う者」という声が天から聞こえたと言う。
後にヨハネは、ガリラヤの領主、ヘロデ・アンティパスが律法にそむいて、兄弟の妻ヘロディアと結婚した事を非難した。
そのため、捕らえられて獄に入ったが、民衆の信望ある預言者であった為、アンティパスは処刑できなかった。
しかし、アンティパスに素晴らしい踊りを見せたヘロディアの娘サロメが、その報酬としてヨハネの首を求めた為に、獄中で殺された。
この話は、官能的な退廃美の象徴として、多くの芸術家の題材になった。
Fi2372798_2e これは、デイル・ハジラの修道院です。
(たぶん、このあたり 31 49' 13.42"N 35 30' 05.23"E )
ビザンツ時代の5世紀、ゲラシモスという人が、ここにヨルダン渓谷初の修道院を建て、修道院長として修道士の規則を確立しました。
ゲラシモスは小アジアの生まれで、砂漠の隠棲者の生活を求めて聖地にやってきました。
弟子が集まった後、455年に修道院を建て、厳しい戒律の下生活した。
週5日はパンと水とナツメヤシの実だけで孤独の中に祈りと労働の日々を送り、2日は共同生活に戻った。
ある時、一頭のライオンの足から刺を抜いてやり、そのライオンはなついて一緒に生活したそうです。
そして、ゲラシモスが死ぬと、その墓の側で息絶えたという。
今の修道院は、その西側に1885年に建てられたものです。四角い建物の上に、銀のドームがあります。
現在見れるのかどうかわかりませんが、4つの庵と壁の壁龕(聖像を祀る壁のくぼみ)、岩を穿った礼拝堂があるそうです。
またビザンツ時代の陶器の破片が発見されたようです。
ゲラシモスの時代は、キリスト教の国教化に伴いエルサレムに多くの一般巡礼者が訪れたのと同時に、この荒野には多くの隠者がやってきました。
イエスと同様、様々な誘惑に打ち勝つ為でした。
彼らは涸れ谷の断崖にある洞穴に住み、孤独の修行を積んでいました。
その数は千人を越えたそうです。
彼らの組織化や指導に功績があったのが、アルメニアの司教ユーティミウスと弟子のマルサバでした。
彼らの規律は旅人へのもてなしを重視していた為、多くの一般巡礼者が悩みの相談を受けに、彼らの洞穴を訪れたそうです。
さて、死海まで目と鼻の距離になりました。
※参考資料は、旅行日記の最後にまとめて挙げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イスラエル旅行・ヨルダン川西岸~その2

ヨルダン川西岸、死海に向けてのドライブの続きです。
相変わらず、亀裂の河川敷が続きます。
Fi2369718_0e

道沿いに点々と、このような廃屋が建っていました。
Fi2369718_1e
何なのか、気になります。
国境近くのせいか、鉄柵も見られます。

ここは、アベル・メホラの周辺だと思われます。
(たぶん、このあたり 32 21' 58.51"N 35 31' 02.28"E )
Fi2369718_2e
旧約聖書では、ソロモンの王国の第5行政区の町として現れます。
また預言者エリシャの故郷でした。

エリシャは、紀元前9世紀のイスラエルを代表する預言者の1人です。
預言者エリヤによって預言者として召され、その従者になった。
彼は町に住んで、奇跡を起こして人々を助けた。
その中で、パンの奇跡の話は、イエスによる5つのパンと2匹の魚で五千人を満腹にした話とよく似ています。
一人の男がバアル・シャリシャから初物のパン、大麦パン二十個と新しい穀物を袋に入れて神の人(エリシャ)のもとに持って来た。
神の人は、「人々に与えて食べさせなさい」と命じたが、
召し使いは、「どうしてこれを百人の人々に分け与えることができましょう」と答えた。
エリシャは再び命じた。「人々に与えて食べさせなさい。主は言われる。『彼らは食べきれずに残す。』」
召し使いがそれを配ったところ、主の言葉のとおり彼らは食べきれずに残した。
(旧約聖書 列王記下・4章42~44節 財団法人日本聖書協会・新共同訳から引用)
当時、北イスラエル王国のオムリ王朝は、フェニキアのバアル神を導入していました。
これに反発した預言者エリヤは、オムリ王朝の滅亡を預言していました。
エリシャはエリヤの預言を実現する為、神の名のもとに王の将軍イエフを新しい王にした。
イエフはオムリ王朝の王族を根絶やしにした(イスラエルの古代オリエント時代)。
彼は大きな政治的影響力を持っていたが、性格的には優しく温和だったそうだ。
Fi2369718_3e ふと気が付くと、辺りは砂漠になっていました。
この辺は耕作には適していないのでしょう。植林されたヤシの林が広がっています。
イスラエルは狭い国土ですが、初日の海岸地方、二日目の高原地帯、この砂漠地帯と、実にバラエティに富んだ自然環境です。

Fi2369718_4e ヘレニズム時代の町、アレキサンドリウムがあったのは、この辺りでしょうか?
第3次中東戦争の時、ナザレの南のジェニンの激戦を制したイスラエル軍は、この付近のヨルダン川の橋、ダミヤ橋を確保して、ヨルダン川西岸地区を占領しました。
対するヨルダンは、頼みの綱だったシリア軍とイラク軍が動かなかった為、国土の半分を失いました。
※参考資料は、旅行日記の最後にまとめて挙げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イスラエル旅行・ヨルダン川西岸~その1

エズレル平原をギルボア山沿いに東進し、ヨルダン川近くまで来ました。
Fi2365367_0e 画像は、ベト・シェアン近郊の交差点です 32 28' 31.54"N 35 29' 50.07"E 。
画像の奥(北側)は、ベト・シェアンの町だと思われます。
(たぶん、このあたり 32 30' 10.21"N 35 30' 55.67"E )
ベト・シェアンは、エジプトからダマスカスに通じる街道の上にあったため、古くから重要な町でした。
紀元前五千年には町があり、古代オリエント時代の記念碑、坐像、印章など貴重な品々が発掘されています。
また、前述のサウル王と息子達の死体は、ここの城壁に晒されました。
ローマ時代には、駐屯都市として栄えました。
この時代の劇場、神殿、街道が発掘されています。
その他、ビザンツ時代のモザイクや、十字軍時代の要塞など、様々な時代のものが沢山あるそうです。
見たかったなあ。でも、この交差点で素通りして、南に方向転換します。
Fi2365367_1e ヨルダン川の渓谷が見えてきました。
奥に見える山々は、ヨルダン領です。
ヨルダン川は、パレスチナ最大の川で、前述のバニアスを含む4つの水源から、ガリラヤ湖を経由して、死海まで、南北を流れています。
その直線距離は217kmですが、蛇行しているので川の長さは400kmになります。
ガリラヤ湖の南側での川幅は27~30m。
水深は1~3mと浅い。
その為舟は航行できず、渡渉可能な浅瀬が多数あり、古代には橋はなかった。
ちなみに「ヨルダン」とは、「速やかに下る流れ」という意味だそうです。
Fi2365367_2e ガリラヤ湖から死海までは、ヨルダン渓谷が伸びている。
その長さは104km、幅は5~24kmあります。
ヨルダン渓谷は、紅海を形作った地殻の亀裂が北に伸びて出来たものです。

ヨルダン渓谷の活発な火山活動により、ガリラヤ湖の南北には玄武岩の山が作られたそうです。
前述のカペルナウムで見られた黒い玄武岩の遺跡は、これによる物だったんですね。
ガリラヤ湖の南40kmまでの渓谷内の土地は肥沃だそうで、畑や牧草地として使われているそうです。
画像のこの辺もそうだと思います。
Fi2365367_3e 対岸のヨルダンの山々がだいぶ近くなってきました。
ヨルダン川に近づいてきた証拠です。
他のツアー客は寝てしまったようです。

Fi2365367_4e 車窓には、地面に亀裂が入ったかのような涸れ谷?が、延々と続いています。

※参考資料は、旅行日記の最後にまとめて挙げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

001ミラノ 002ヴェネツィア 003フィレンツェ、ピサ 004ローマ、ティボリ 006テルアビブ=ヤッフォ(イスラエル) 007カイザリヤ(イスラエル) 008アッコー(イスラエル) 009ガリラヤ湖周辺、ゴラン高原(イスラエル) 010ナザレ周辺(イスラエル) 011ヨルダン川西岸(イスラエル) 012死海周辺(イスラエル) 013エルサレム(イスラエル) 014ベツレヘム(イスラエル) 016アダナ、アヤス、コザン周辺(トルコ) 017カイセリ周辺(トルコ) 018スィワス周辺(トルコ) 019エルズィンジャン周辺(トルコ) 020エルズルム周辺(トルコ) 021ドウバヤズット周辺(トルコ) 023タブリーズ、キャンドヴァーン(イラン) 024ガズヴィーン、アラムート(イラン) 025テヘラン2007(イラン) 025テヘラン2008以降(イラン) 026サヴェ往復(イラン・コム州) 027ヤズド周辺(イラン) 040バンダルアッバース、ティアーブ、ミーナーブ周辺2008以降(イラン) 040バンダルアッバース、ミーナーブ周辺2007(イラン) 045タバス周辺(イラン・ヤズド州) 046フェルドゥス、ゴナバッド、トバトエヘデレイ周辺(イラン・ホラサーンラザヴィ州) 047マシュハド、ネイシャーブール(イラン) 060ウルムチ、トルファン、クチャ(新疆ウイグル自治区) 061カシュガル、カラクリ湖(新疆ウイグル自治区) 062ヤルカンド(新疆ウイグル自治区) 063ホータン、ケリヤ(新疆ウイグル自治区) 064チャルチャン(新疆ウイグル自治区) 065チャルクリク(新疆ウイグル自治区) 066コルラ周辺(新疆ウイグル自治区) 067敦煌(甘粛省) 068嘉峪関(甘粛省) 069酒泉(甘粛省) 070張掖(甘粛省) 071武威(甘粛省) 072銀川(寧夏回族自治区) 073パオトウ(内蒙古自治区) 074フフホト(内蒙古自治区) 075張家口市宣化周辺(河北省) 076チャガンノール遺跡(河北省) 077上都遺跡周辺(内蒙古自治区) 078赤城周辺(河北省) 079北京2002 079北京2007以降 080咸陽(陝西省) 081上海 082黄山(安徽省) 083西安(陝西省) 084青島(山東省) 209北アルプス・雲ノ平 211南アルプス・北岳(11月) 212南アルプス・甲斐駒ヶ岳(1月) 216中央アルプス~木曽駒・宝剣岳(1月) 218北アルプス・西穂高岳⇒焼岳(10月) 220北アルプス・蝶ヶ岳(1月) 222北アルプス・前穂、奥穂高岳(5月) 225南アルプス仙丈岳(5月) 226北アルプス・徳本峠越え(11月) 229北アルプス・燕岳(1月) 232南八ヶ岳(1月) 235北アルプス・不帰キレット 237北アルプス・西穂高岳(1月) 239北アルプス八方尾根(1月) 243南アルプス南部主脈縦走 247信州戸隠・鏡池クロカンスキーツアー 248屋久島主脈縦走 250南アルプス・仙丈岳⇒塩見岳 255中央アルプス越百山(12月) 257草津ヘリスキー 299首都圏ハイキング AC1187 ハッティンの戦い(CRUSADESⅡ) AC1219 成吉思(チンギス)征西記 AC1274 神風伝説 AC1939.09 電撃戦1939 AC1940.04 スカンジナビア電撃戦 AC1940.05 フランス’40 AC1940.07 鷲の日 AC1941.04 バルカン電撃侵攻戦 AC1942.06 キャンペーン・トゥ・スターリングラード AC1942.09 ストリーツ・オブ・スターリングラード AC1942.12 激闘!マンシュタイン軍集団 AC1943.07 クルスク大戦車戦 AC1943.07 ツィタデレ・クルスクの決戦 AC1943.08 ウクライナ’43 AC1943.11 トライアンファント・リターン! AC1944.01 コルスンの戦い AC1944.03 ウクライナ’44 AC1944.06 白ロシア大作戦 AC1944.10 ハンガリー戦役1944-45 AC1945.01 ブダペスト’45 AC1945.03 春の目覚め作戦 ACxxxx その他シミュレーションゲーム 【SF模型】2001年宇宙の旅 【SF模型】スター・ウォーズ 【SF模型】スター・トレック 【SF模型】天体模型 【SF模型】'その他 グルメ・クッキング 国内旅行 映画・テレビ 模型・プラモデル 祭り・イベント