237北アルプス・西穂高岳(1月)

冬の西穂高岳~その12(上高地から下山)

1月2日。大正池のほとり。
朝食後、早々にテントを撤収。
Fi2602290_1e
そろそろ出発。
Fi2602290_2e
釜トンネル目指してマイペースで歩く。
Fi2602290_3e
メンバーと色々話しながら滑りやすい釜トンネル内を通っていくと、三日前にもいた犬がじゃれ付いてきた。
Fi2602290_4e
釜トンネルを抜けて塚原卜伝の湯が見えると車のある場所まであとわずか。旅も終わりに近づいてきました。
Fi2602290_5e

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬の西穂高岳~その11(田代池~大正池)

河童橋から大正池に戻る途中。かわいい鴨がいました。
Fi2602289_1e
田代池周辺。
Fi2602289_2e
枯れ立木が林立する大正池に着きました。
Fi2602289_3e
大正池周辺には撮影や散策に訪れる人が結構いました。
Fi2602289_4e
日も落ちてきました。寒くなる前にテントに帰ります。
Fi2602289_5e
夜のテントは、無事西穂高岳に登頂できた達成感もあり、酒宴で大いに盛り上がりました。
酒をたらふく飲んだおかげで、雪中のテントでぐっすり眠る事ができた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬の西穂高岳~その10(河童橋)

西穂高岳から下山後、田代橋まで降りてきました。
ツアーメンバーの一人と、上高地河童橋に立ち寄ることにしました。
背景は明神岳、前穂高岳です。
Fi2602288_1e
河童橋が見えてきました。
Fi2602288_2e
河童橋。厳冬期とはいえ正月なので、訪れる人もそれなりにいます。
Fi2602288_3e
穂高の反対側には焼岳が見えます。
Fi2602288_4e
田代湿原の遊歩道を通って、テントのある大正池に戻ります。
Fi2602288_5e

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬の西穂高岳~その9(田代橋)

西穂山荘から上高地へ下山中。平坦地にたどり着きました。
Fi2602287_1e
西穂高登山口です。
Fi2602287_2e
梓川にかかる田代橋から焼岳。
Fi2602287_3e
焼岳~西穂高岳間の稜線。午前中の厳寒の西穂高岳登山を思い出した。
Fi2602287_4e
田代橋から水面がきらめく梓川を眺める。
Fi2602287_5e

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬の西穂高岳~その8(西穂高中尾根)

西穂山荘から上高地へ下山中。
Fi2602286_1e
大正池が見えた!テントを設置している駐車場も。
Fi2602286_2e
明神岳。
Fi2602286_3e
これは何の山だっけ?
Fi2602286_4e
冬山の樹林帯は光と影が幻想的で美しい。
Fi2602286_5e

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬の西穂高岳~その7(西穂山荘~上高地へ)

西穂高岳から戻ってきた。
山荘近くの幕営地に着いてホッとする。
Fi2602285_1e
行きの緊張感がウソのように、今は楽しい気分で一杯だ。
西穂高岳からの下山時は、精神的にゆとりができて写真を撮ることができたはずだが、辺りがガスってしまって景色が見えず。写真が撮れなかった事だけが心残り。
西穂山荘前で記念撮影。
Fi2602285_2e
次々と登山者が下山してくる。
Fi2602285_3e
そのまま上高地へ下山する。雪上キャンプ生活も楽しそうだ。
Fi2602285_4e
再び雪深い樹林帯に入っていく。
Fi2602285_5e_2  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬の西穂高岳~その6(西穂高岳山頂~西穂高山荘へ)

西穂高岳頂上にて。奥穂高岳方面、赤岩岳を望む。
Fi2602284_1e
寒さで顔面に涙と鼻水が凍りつく。
Fi2602284_2e
登頂した達成感を味わいつつ、記念写真を撮る。
Fi2602284_3e
頂上にいた時間はわずか5分。それもやむを得ない。私のような技術力、体力が無い者が長居する場所ではない。頂上付近にもガスが立ち込めてきたようだ。
Fi2602284_4e
画像は、帰り道に見た独標~頂上に連なるピラミッドピークを始めとする峰々。高度を下げるにつれ、気温が上がったせいか足指の感覚が少しずつ戻ってきた。
Fi2602284_5e

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬の西穂高岳~その5(西穂山荘~西穂高岳山頂)

三日目
今日の行程:西穂山荘~西穂独標~西穂頂上~西穂山荘~河童橋~大正池
朝4:00起床。
冷え切った登山靴に足を入れる。
Fi2602283_1e
5:00に出発。西穂独標~西穂頂上は切り立った尾根で、無雪期でもかなり緊張する場所だ。積雪期にどう歩くのか、好奇心が沸く。
Fi2602283_2e
心配した天気は思いの他良い。足指が寒さで痛むが登り始めはいつもこうだ。
6:00、西穂独標(2701m)着。ここからがいよいよ本番。アンザイレンしながら歩く。
切り立った尾根道は、風で雪が吹き飛ばされていて思った程難しいと感じた所はない。それよりも足指の感覚がない。いつもは一時間程で感覚が戻るが今回は戻ってこない。あわててこまめに足指を動かすがダメだ。
凍傷になるのではという恐怖。ヤセ尾根なので今更戻る訳にいかない。身を切るような寒風と、凍傷の恐怖で景色を見る余裕など無い。もっとも、下界はガスに覆われていてほとんど景色などなかった。
とにかく足指の状態が少しでも良くなる事を祈るのみ。
9:00、頂上(2908m)に着いた。
Fi2602283_3e
移動中、全く撮れなかった写真をようやく撮ることができた。
Fi2602283_4e
奥穂方面→真っ白な槍ヶ岳も良く見えた。画像中央は槍平。
Fi2602283_5e

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬の西穂高岳~その4(西穂山荘)

上高地から5時間かけて西穂山荘に着いた。
Fi2602268_1e
天気は曇り空で、寒さが身にしみる。
Fi2602268_2e
山荘の喫茶店でコーヒーをすする
この後、雪上講習を行った。
Fi2602268_3e
待ちに待った夕食
Fi2602268_4e
夜はザイルの結び方、ハーネスへの取り付け方を教わった

その後は、同室の人たちとの四方山話で盛り上がった。
明日はいよいよ西穂高岳頂上へ。
大晦日だが、明日に備え早々に寝た
Fi2602268_5e

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬の西穂高岳~その3(玄丈沢~中尾根~西穂山荘)

西穂山荘への登り。
昔、秋に登った道だが、雪の降り積もった斜面にはその時の面影はほとんどない。
Fi2602188_1e
慣れない雪の急斜面。
アイゼンの装着状態が思わしくないのか、前進が滞る。
Fi2602188_2e
中尾根をかなり登ってきた。
吹き溜まりのような場所を進む。
Fi2602188_3e
西穂山荘が近づくと木々も疎らになる。
明るい樹氷の林を歩く。
Fi2602188_4e
やっと、西穂山荘前の幕営地に着きました!
36 15' 58.31"N 137 37' 06.53"E
さすがに賑やかです。
Fi2602188_5e

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

001ミラノ | 002ヴェネツィア | 003フィレンツェ、ピサ | 004ローマ、ティボリ | 006テルアビブ=ヤッフォ(イスラエル) | 007カイザリヤ(イスラエル) | 008アッコー(イスラエル) | 009ガリラヤ湖周辺、ゴラン高原(イスラエル) | 010ナザレ周辺(イスラエル) | 011ヨルダン川西岸(イスラエル) | 012死海周辺(イスラエル) | 013エルサレム(イスラエル) | 014ベツレヘム(イスラエル) | 016アダナ、アヤス、コザン周辺(トルコ) | 017カイセリ周辺(トルコ) | 018スィワス周辺(トルコ) | 019エルズィンジャン周辺(トルコ) | 020エルズルム周辺(トルコ) | 021ドウバヤズット周辺(トルコ) | 025テヘラン2007(イラン) | 025テヘラン2008以降(イラン) | 026サヴェ往復(イラン・コム州) | 027ヤズド周辺(イラン) | 040バンダルアッバース、ティアーブ、ミーナーブ周辺2008以降(イラン) | 040バンダルアッバース、ミーナーブ周辺2007(イラン) | 045タバス周辺(イラン・ヤズド州) | 046フェルドゥス、ゴナバッド、トバトエヘデレイ周辺(イラン・ホラサーンラザヴィ州) | 047マシュハド、ネイシャーブール(イラン) | 060ウルムチ、トルファン、クチャ(新疆ウイグル自治区) | 061カシュガル、カラクリ湖(新疆ウイグル自治区) | 062ヤルカンド(新疆ウイグル自治区) | 063ホータン、ケリヤ(新疆ウイグル自治区) | 064チャルチャン(新疆ウイグル自治区) | 065チャルクリク(新疆ウイグル自治区) | 066コルラ周辺(新疆ウイグル自治区) | 067敦煌(甘粛省) | 068嘉峪関(甘粛省) | 069酒泉(甘粛省) | 070張掖(甘粛省) | 071武威(甘粛省) | 072銀川(寧夏回族自治区) | 073パオトウ(内蒙古自治区) | 074フフホト(内蒙古自治区) | 075張家口市宣化周辺(河北省) | 076チャガンノール遺跡(河北省) | 077上都遺跡周辺(内蒙古自治区) | 078赤城周辺(河北省) | 079北京2002 | 079北京2007以降 | 080咸陽(陝西省) | 081上海 | 082黄山(安徽省) | 083西安(陝西省) | 084青島(山東省) | 209北アルプス・雲ノ平 | 211南アルプス・北岳(11月) | 212南アルプス・甲斐駒ヶ岳(1月) | 216中央アルプス~木曽駒・宝剣岳(1月) | 218北アルプス・西穂高岳⇒焼岳(10月) | 220北アルプス・蝶ヶ岳(1月) | 222北アルプス・前穂、奥穂高岳(5月) | 229北アルプス・燕岳(1月) | 237北アルプス・西穂高岳(1月) | 247信州戸隠・鏡池クロカンスキーツアー | 250南アルプス・仙丈岳⇒塩見岳 | 257草津ヘリスキー | 299首都圏ハイキング | AC1187 ハッティンの戦い(CRUSADESⅡ) | AC1219 成吉思(チンギス)征西記 | AC1939.09 電撃戦1939 | AC1940.04 スカンジナビア電撃戦 | AC1942.06 キャンペーン・トゥ・スターリングラード | AC1942.09 ストリーツ・オブ・スターリングラード | AC1942.12 激闘!マンシュタイン軍集団 | AC1943.07 クルスク大戦車戦 | AC1943.07 ツィタデレ・クルスクの決戦 | AC1943.08 ウクライナ’43 | AC1943.11 トライアンファント・リターン! | AC1944.01 コルスンの戦い | AC1944.03 ウクライナ’44 | AC1944.06 白ロシア大作戦 | AC1944.10 ハンガリー戦役1944-45 | AC1945.01 ブダペスト’45 | AC1945.03 春の目覚め作戦 | ACxxxx その他シミュレーションゲーム | 【SF模型】2001年宇宙の旅 | 【SF模型】スター・ウォーズ | 【SF模型】スター・トレック | 【SF模型】天体模型 | 【SF模型】'その他 | グルメ・クッキング | 映画・テレビ | 模型・プラモデル | 祭り・イベント