« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年4月

【スター・トレックの宇宙船】オリジナルシリーズ劇場版の宇宙船模型・玩具

スター・トレックのオリジナルシリーズ劇場版といえば、23世紀を舞台にした、カーク、スポック、マッコイの登場作になります。ここでは、2009年以降公開のリ・イマジネーション版(カーク役=クリス・パイン)ではなく、1979年公開の1作目から1991年公開の6作目までを対象にしています。

第1作(スタートレック・ザ・モーション・ピクチャー)に登場した
クリンゴン・クティンガ級巡洋艦は、スタトレの世界で最も運用期間が長い宇宙船かもしれない。全長214~349m、乗員385名。オリジナルTVシリーズのクリンゴン艦と同じ形状だが、スクリーンで見栄えがするようにディテールアップされ遥かにリアルになった。ただし登場シーンの特撮(視覚効果の事だが、当時はCGはなく精密な模型を使って本物らしく見せていた)は背景との合成がイマイチで、船体のラインが黒く目立っていた。ホールマーク社製13cm。Klingon006Klingon007a
改装後のエンタープライズは、15年以上前に買ったバンダイ社製の電飾をムギ球からLEDに変換してようやく完成しました。1/850 36.5cm。
Ent000
Ent001
Ent002
Ent003
Ent004
Ent005
Ent006
Ent007
Ent008
Ent009
Ent010

バルカン・シャトル スラク。全長49m、乗員4名。ガルーブ社マイクロマシーン製5.5cm。Surak001_2Surak002
第2作「カーンの逆襲」は、明らかにスターウォーズ・帝国の逆襲を意識した名前だが、1作目よりも低予算ながら中々良い出来で、本当の意味でスター・トレックの復活を果たしたのは本作かもしれないhappy01
U.S.Sリライアントは、ミランダ級と呼ばれる簡易量産型の船体。全長243m。デアゴスティーニ社製スタートレック・スターシップコレクション11.5cm。Reliant001Reliant002Reliant003

 

第3作「ミスター・スポックを探せ!」は、私は面白みのない作品だと思っているが、前作の成功で予算がUPしたのか、全く新しい宇宙船・宇宙ステーションが5つも登場する。
その中で、一番人気が高いと思われるのが、
クリンゴン・バードオブプレイ(後にブレル級と呼ばれる)。全長110m、乗員12名。結局この後第6作まで全作に登場する。「新スタートレック」では、形は全く同じままで全長が3倍になったケーボート級が登場する。「新スタートレック」では宇宙船が大型化しており、全長110mのブレル級だけでは見栄えがしない為なのだろうか?不自然な話だが、それだけクリンゴン・バードオブプレイの人気が高かったとも受け取れる。尚、デザイン、ミニチュア制作は、スターウォーズの視覚効果担当会社ILMが行っている為、スタートレックでは珍しくウェザリングが施されている。ダイアモンドセレクト社製 全幅46cm。1/350Klingon008Klingon009Klingon012
武装は艦首の光子魚雷と両翼端のディスラプター・ボルト。Klingon010
同スケールのフィギュアを置いてみました。Klingon011b
クルーグ艦長と愛人でスパイのバルクリスKlingon015_3
おまけ。プレイメイツ社製 全幅40.5cm。Klingon013
地球軌道上のスペースドック。高さ4600m。前作で小さなドライドックから出発したエンタープライズが、地球に戻ってきたらこんなに大きな宇宙ステーションがあった。いつの間に作ったんだと驚いた記憶がある。ガルーブ社マイクロマシーン製6cm。 Spacedoc
オービタル・シャトル。スペースドック内及び地球間を移動するシャトル。全長8m、乗員2名。ガルーブ社マイクロマシーン製4.5cm。Orbitalshattle
スペースドックの中にいた試作艦U.S.SエクセルシオールNX-2000は、好きな宇宙船だheart01改装型エンタープライズが全長305mしかないのに比べ、全長は一気に467~511mに大型化したのに加え、トランスワープシステムを装備した最新鋭艦。スタトレの未来を感じさせる宇宙船だった。しかし第2船体の形状がスリッパとか和製便器とか言われ、評判が良くなかったらしい。次作、次々作は登場しなかった。ダイアモンドセレクト社製46.5cm。Excelsior001Excelsior002_2Excelsior003Excelsior004Excelsior005
科学調査船U.S.Sグリソム。オーベルト級と呼ばれ、全長120m、乗員80名、フェイザー砲装備。登場早々バードオブプレイにより破壊される。デアゴスティーニ社製スタートレック・スターシップコレクション13.5cm。Grisom001Grisom002Grisom003Grisom004
この映画のU.S.SエンタープライズNCC1701は痛々しい限り。まさか●●するとは。カークの「本当にこれで良かったのか」とのつぶやきに対し、「そんなわけないやん」とつっこみを入れてしまった。アートアサイラム社製バトルダメージ・エンタープライズ約40cm。Enta001Enta002Enta003Enta004
第6作目「未知の世界」にようやく再登場したU.S.Sエクセルシオールは、試作艦ではなく本格運用されて船体№もNCC-2000になった。結局トランスワープシステムは失敗し、通常のワープシステムが採用された。模型を見て初めて気が付いたが、試作艦とは形状が一部異なっている。6作目の監督は、2作目と同じニコラス・メイヤー。私としては、全6作のうち印象に残っているのは1作目を除けば2作目と6作目であり、この監督に全部任せていれば、と思わざるを得ない。Excelsior011Excelsior014_2Excelsior012Excelsior015
1~6作目には、他にも宇宙ステーション・イプシロン9、地球軌道ステーション、ワーク・ビー、トラベルポッド、ヴィジャー、コバヤシマル、レギュラ1、民間小型貨物船、ホエール・プローブ、シャトル・ガリレオなどが登場する。模型化は、デアゴスティーニ社のスタートレック・スターシップコレクションに期待したい。特に地球軌道ステーションは欲しい!

オリジナルシリーズ劇場版の最終作は6作目だが、ネクストジェネレーション(新スタートレック)の劇場版1作目(ジェネレーションズ、1995年公開) の冒頭はオリジナルシリーズの続きで、
B型エンタープライズ(NCC1701B)が登場する。エクセルシオール級の増強型である。ダイアモンドセレクト社製46.5cm。
Entb005_2Entb006Entb003_2Entb004Entb001Entb002
おまけ
懐かしのプレイメイツ社版エンタープライズB。パッケージはなぜかエクセルシオールの名前が(デカールも)。
Entb011_2Entb012                                        後日画像追加                          
※参考文献:「スタートレック メカニクス」岸川靖著 ぶんか社刊

| | コメント (2) | トラックバック (0)

【スター・ウォーズの玩具・模型】『クローンの攻撃』『シスの復讐』

手持ちの『エピソード2.クローンの攻撃』『エピソード3.シスの復讐』関連の玩具・模型を集めてみました。
特に記述がないものはハズブロ社の製品です。

元老院議員パドメ・アミダラの暗殺未遂犯を追って、オビ=ワン・ケノービは惑星カミーノに辿り着く。
ジェダイ・スター・ファイター(デルタ7イーサスプライト級軽インターセプター) エフトイズ製

全長8m 2連レーザー砲2、補助イオン砲2、乗員1
Dsc03522a
Dsc03523a


オビ=ワンはカミーノで得た驚くべき情報をジェダイ最高評議会に報告する。
最高評議会は、ジャンゴ・フェットを捕らえる事を命じる。
評議員たち
メイス・ウィンドゥ ハルウン・コル出身。コルサントでダース・シディアスを追い詰めるが…。
イーヴン・ビール ラニック出身。クローン戦争中に命を落とす。
オポー・ランシセス シスピアス
出身。クローン戦争では各地を転戦。
Dsc03729a

ヤレアル・プーフ ケルミアン出身。ジオノーシスの戦い以前に死去。
デパ・ビラバ キャラクタン出身。クローン戦争中も評議員だった。銀河帝国成立後は、反乱軍に身を投じた。
ヨーダ 出身地不明。グランドマスター。銀河帝国成立後は、ダゴバで身を隠す。

Dsc03731a


カミーノから逃走したジャンゴ・フェットは、追跡する
オビ=ワンを襲撃し、惑星ジオノーシスに向かう。
スレーヴⅠ 全長21.5m ブラスター砲2、レーザー砲2、プロトン魚雷発射管、機雷敷設装置
Dsc03524a
Dsc03525a


ジオノーシスで、オビ=ワン、アナキン、パドメ、メイス・ウィンドウらは分離主義者との戦いに巻き込まれる。バンダイ製Padome01Padome02Padome03Mace01Obiwan01Padome04Padome05Mace02Obiwan02Padome06
~クローン大戦~

ジオノーシスの戦い(22BBY)
クローン大戦の発端になった戦い。


ジオノーシスの戦闘室。
ドロイド軍団を率いる分離主義指導者。
サン・ヒル(インターギャラクティック銀行グループ会長)、ドゥークー伯爵、ポグル・ザ・レッサー(ジオノーシス大公)Dsc03501a
シュ・マーイ(コマース・ギルド会頭)、ヌート・ガンレイ(トレード・フェデレーション総督)、パッセル・アージェンテ(コーポレート・アライアンス監督官)
Dsc03502a
Dsc03504a

IG-227ヘイルファイヤー級ドロイド・タンク(インターギャラクティック銀行グループ所有) メーカー不明
ミサイルランチャー・ポッド 2、顎部2連ブラスターDsc03529a
Dsc03530a
OG-9ホーミング・スパイダー・ドロイド(コマース・ギルド所有) メーカー不明
高さ7.32m、上部レーザー砲1、下部レーザー砲1
Dsc03531a
Dsc03532a

DSD1ドワーフ・スパイダー・ドロイド(所有コマース・ギルド)
高さ1.98メートル、レーザー砲1
Dsc03725a
Dsc03726a

銀河共和国クローン兵団が強襲する。

Gionosis001
アクラメイター級アサルト・シップ
スターデストロイヤーの原型になった艦。
全長752m、乗員700、クローントルーパー16000、スピーダーバイク320、リパブリックガンシップ80、AT-TE48、SPAP36。
4連レーザー砲12、レーザー砲24、ミサイル魚雷ランチャー4。
Gionosis003
Gionosis002
Gionosis004

リパブリック・ガンシップ
空対地および空対空用の戦闘機、兵員輸送船。
全長17.4m、乗員4、クローントルーパー30。
対人用レーザー砲3、合成ビームレーザー砲4、空対空軽ロケット8。

Dsc03533a
Dsc03678a
Dsc03535a

キャッシークの戦い(19BBY)
キャッシークはウーキー族の惑星。ヨーダ率いる第41精鋭兵団とウーキー族は、共にドロイド軍団と戦った。

Dsc03508a
Dsc03509a
Dsc03510a

クローン・ターボタンク(HAVw A6ジャガーノート)
重レーザー砲塔、対人用キャノン、連射ブラスター、実体弾発射装置

Dsc03518a
Dsc03519a
Dsc03520a

全地形対応索敵トランスポート(AT-RT)
顎部レーザー砲、モーターランチャー
Dsc03794a
Dsc03796a
Dsc03797a

ウータパウの戦い(19BBY)
オビ=ワン・ケノービ率いる第212突撃大隊はグリーヴァス将軍率いるドロイド軍団と戦った。

Dsc03511a
Dsc03513a
Dsc03521a


フェルーシアの戦い(19BBY)
ジェダイ・マスター、アイラ・セキュラは第327星間軍団を率いて、敵の指導者、シュ・マーイを捜索していたが、その時にオーダー66が発動され、部下のクローン・トルーパーに殺害された。
Dsc03515a
Dsc03516a

後日画像追加

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »