« 映画「スターシップ・トゥルーパーズ」の玩具・模型 | トップページ | 「鷲の日~バトル・オブ・ブリテン」の練習ソロプレイ »

フランス’40 大鎌の一閃(Sickle Cut)シナリオ・練習ソロプレイ~その1

国際通信社のコマンドマガジン日本版/GMTゲームズの「フランス’40」の大鎌の一閃(Sickle Cut)シナリオをソロプレイしてみました。GMT FRANCE'40

ゲームのテーマ:1940年5月に行われた、ドイツ軍によるフランス侵攻作戦のうち、ベルギーのアルデンヌの森から突破したA軍集団が大西洋岸に到達するまでを扱う。この突破により、フランスにおける連合軍の崩壊が始まった。

 

ゲームシナリオの概要:
・扱う期間=1940年5月13日~1940年5月22日(全10ターン)、状況により4ターン延長可。
・扱う地域=ベルギー南部とフランス北部・アルデンヌの森から英仏海峡まで。
・1ターン=1日
・1ヘクス=6.4キロ
・1ユニット=師団、旅団、連隊、大隊
・特徴的なルール=ZOCボンド、メイアタック、戦闘比方式、断固とした防御、退却と戦闘後前進、蹂躙、GQGマーカー、ヒトラーの停止命令マーカー、部隊評価値、装甲効果、重戦車、ロンメル・モンティの振り直し能力、ドゴール師団。特に戦闘後前進はバリエーションが多く、戦闘後の展開予測を困難にしている(ルールが複雑という事ではない)。
・マップの大きさ=A1。
・ソロプレイの障害=特になし。

 

勝利条件:
10ターン終了時、勝利ポイントが多い方が勝利。勝利ポイントは基本的に北部の連合軍と南部の連合軍の間の鉄道線遮断によって得られる。遮断できれば独軍に、遮断できなければ連合軍に入る。その他連合軍の増援登場ヘクスへの独軍侵入、独軍ユニットの除去など。

 

初期配置:
全てのユニットについて配置場所が決まっており、ユニット及びマップに印刷されている。ユニット数が少ないので時間はかからない。

 

プレイの実際:
独軍の方針:
コマンドマガジン日本版127号、130号の記事を参考にした。詳細は記事を参照されたい。基本的には鉄道線遮断の為、大西洋岸の都市アブヴィルの占領を目指すが、無理とわかった時点で南部連合軍の増援登場ヘクス侵入に切り替える。
連合軍の方針:
こちらもコマンドマガジン日本版127号、130号の記事を参考にした。詳細は記事を参照されたい。自動的DSを被らないだけの戦力で戦線を張り続ける。

 

1ターン(5/13)
独軍プレイヤーターン:
北:3Pz(第3装甲師団)、4Pz→3DLM(第3軽機械化師団)※→は攻撃の意。
中央:5Pz,7Pz→18(フランス第18歩兵師団)、ムーズ河渡河。
南:1Pz,2Pz→53、ムーズ河渡河。
6Pz,10Pz→102F(フランス第102要塞歩兵師団),3SC(フランス第3北アフリカ軽騎兵旅団)、ムーズ河渡河。
連合軍プレイヤーターン:
独軍が大突破したスダン方面に北からユニットを急いで移動させる。マジノ線からも部隊撤退。ぎりぎり戦線を張る。
1ターン終了時の盤面
Dsc03412a
2ターン(5/14)
独軍プレイヤーターン:
まだ自動的DSはできない。
北:5Pz,7Pz→5mot(フランス第5自動車化歩兵師団)
南:1Pz,2Pz→53、102F,3SC
6Pz,10Pz→6,102F,32tb(フランス第32戦車大隊)
2mot,36,23,3→71
連合軍プレイヤーターン:
北側からの部隊が到着し始めて、南側でも戦線を引く事ができた。増援が全て南側からだった事も幸いした。でもまだ十分ではない。
2ターン終了時の盤面
Dsc03427a
3ターン(5/15)
独軍プレイヤーターン:
まだ自動的DSはできない。
北:7Pz,28→5mot,38,13tb
5Pz,20mot,32→15mot
3Pz,4Pz→べ5(ベルギー第5歩兵師団),歩兵残余
南:1Pz→5C(フランス第5騎兵師団),4tb
2Pz→3SC,102F,53
6Pz→3DCR(フランス第3予備機械化師団)
10Pz,GD(大ドイツ自動車化連隊)→4NA(フランス第4北アフリカ歩兵師団)
連合軍プレイヤーターン:
独軍の攻勢にさらされている戦線は二重に引く事ができた。これで少しは動きが落ち着くだろうか。
3ターン終了時の盤面
Dsc03428a
4ターン(5/16)
独軍プレイヤーターン:
まだ自動的DSはできない。
北:5Pz,7Pz,28→1DCR,39tb
3Pz,4Pz,20mot,32→25mot
南:1Pz,6Pz→4C,102F
2Pz,2mot,3→32
10Pz,GD,1Gb(第1山岳猟兵師団)→4NA
連合軍プレイヤーターン:
戦線は何とか引けた。独軍が突出して来ているので反撃のチャンスかと思うが、戦線を引けなくなると困るのでやめた。
4ターン終了時の盤面
Dsc03430a
5ターン(5/17)
独軍プレイヤーターン:
まだ自動的DSはできない。
北:7,31,253,269→5NA
4Pz,7Pz→英2mot(イギリス第2自動車化師団),101F
3Pz,5Pz,20mot,28→2DLM
南:10Pz,6Pz,2mot,GD→1NA
8Pz,29mot→3DCR,53
1Pz,2Pz,3,1Gb→43
連合軍プレイヤーターン:
何とか薄い戦線は引けたが、予備がないので次ターンは無理かも。包囲された部隊は、いやがらせで敵地深く入り補給路切断。そろそろアブヴィル近辺に部隊を集結し始める。
5ターン終了時の盤面
Dsc03431a
6ターン(5/18)
独軍プレイヤーターン:
まだ自動的DSはできない。包囲した敵部隊掃討に14個師団を費やす。
北:7,31,61,269→2NA
4Pz,7Pz→1DCR
3Pz,5Pz,20mot,28→2DLM
南:10Pz,6Pz→騎兵連隊3個
8Pz,29mot,3→ドゴール師団
1Pz,2Pz,GD,1Gb→43
13mot,16,68→1NA
連合軍プレイヤーターン:
ついに戦線が大きく破られた。破断界に達した感がある。しかし、アブヴィル前面で守る部隊はほとんどない。敗北は必至か。
6ターン終了時の盤面
Dsc03433a
7ターン(5/19)
独軍プレイヤーターン:
まだ自動的DSはできない。戦線背後の敵部隊掃討に17個師団を費やす。
北:7,31,61,269→2NA
18,32→101F
2Pz,5Pz,2mot→21
3Pz,7Pz,20mot→1DLM
南:6Pz→ドゴール師団、ドゴール師団全滅。
8Pz,10Pz,29mot,1Gb→フランス第28山岳師団,102F,騎兵残余、断固とした防御を繰り返すが全滅。
連合軍プレイヤーターン:
何とか部隊をかき集めて戦線を引いたが、中央の2ヶ所の自動的DSは避けられない。
アブヴィルの状況は、現在市内に1個師団、次ターンに南部から増援3個師団、北からは英1個旅団と仏2個師団のみ。
ヒトラー停止命令マーカーは、適用できるのが6Pzのみなので、今ターンはやめておく。
7ターン終了時の盤面
Dsc03436a
8ターン(5/20)
独軍プレイヤーターン:
自動的DSを行う。1Pz,2Pz,3Pz,5Pz→戦車・歩兵残余、全滅。
通常攻撃。
北:6Pz→23
7Pz,2mot,GD→25mot
5,16,28→4NA
12,62,263→1mot,歩兵残余
11,35,46→べ8,chasar(ベルギーアルデンヌ猟兵旅団)
27,87,267→22
連合軍プレイヤーターン:
ついに戦線破綻。
アブヴィルへは、市内に更に1個師団入った。その他、南と西から5個師団、北から3.5個師団が向かっている。
ヒトラー停止命令マーカーは、4Pz,6Pz,7Pz,10Pzに置いたが、アブヴィルに一番近い6Pzから外された。
8ターン終了時の盤面
Dsc03440a
9ターン(5/21)
独軍プレイヤーターン:
6Pzがアブヴィルの西で鉄道線遮断。装甲3個師団がヒトラー停止命令でほとんど行動できないので、攻撃は低調。
自動的DSを行う。1Pz,2Pz,3Pz,29mot→27偵b(フランス第27偵察大隊)
5Pz,2mot,GD→歩兵残余
通常攻撃。
北:8,12,62→101F
11,35,46→chasar
連合軍プレイヤーターン:
アブヴィル西の6Pzを攻撃する。
南側から、2DCR,3C,3DLI(フランス第3軽歩兵師団),3tb→6Pz、断固たる防御で何とか踏み止まるも、6Pzは全ユニットステップロスに。
9ターン終了時の盤面
Dsc03444a
10(最終)ターン(5/22)
独軍プレイヤーターン:
ヒトラー停止命令が解除された。アブヴィルの占領を図る。少なくとも5-1で攻撃したいが、それには84戦力必要な事がわかった。無理。そこでその北側の鉄道線を遮断するとともに、現在西で鉄道線を遮断している6Pzのヘクスに戦闘後前進で侵入し、スタックの強化を目指すことにした。
北:3Pz,7Pz,4Pzの装甲連隊,10Pzの装甲連隊→英2mot、サイの目が悪く、ロンメルの振り直しを使っても「1」!。結局7Pz,4Pz,10Pzの装甲連隊のみのスタックで英第20近衛歩兵旅団を10-1で蹂躙し、鉄道線の遮断には成功。ただし6Pzのヘクスに戦闘後前進で入れず、強化はできなかった。
5Pz,8Pz,2mot,第11快速自動車化旅団,GD→英4mot
7,11,31,269→5NA
連合軍プレイヤーターン:
南側から、2DCR,3C,3DLI,3tb,フランス第27山岳師団,3mot→アブヴィル西の鉄道線上の6Pz、6Pzは1個連隊を失い退却。
北側から、3DLM,22tb→7Pz,4Pz,10Pzの装甲連隊、1-2の低比率攻撃ながら、サイの目「6」が出て結果A1/D1。しかし7Pz,4Pz,10Pzの装甲連隊は断固たる防御に成功し、鉄道線の遮断は維持した。
10ターン終了時の盤面
Dsc03448a
勝利判定
独軍
・鉄道遮断で+10。
・増援登場へクス「N」の閉鎖で+3。
連合軍
・独軍ユニットの除去で+1。

結果、独軍の勝利。

 

参考・連合軍の全滅ユニット数:
歩兵16.5個師団、自動車化歩兵5個師団、戦車5個師団、戦車11個大隊。

 

感想
最初のプレイと言う事もあり、1ターン目の独軍ユニットがあまりに少ないので、積極的に攻撃すべきなのか慎重に行動すべきなのかわからず、中盤まではひやひやしながらのプレイだった。後から思えば増援が次から次に出てくるので、杞憂なのかもしれないが。
フランス電撃戦と言えば連合軍のあっけない崩壊、と思っていただけに、このひやひや感は新鮮であると同時にストレスでもあった。穏当にプレイしたい人には向かないかな?デザイナーの言う「突進のリスク」は良く表現されていたと思う。
独軍の取るべき戦略は、海岸への突進または南部への突破の2択なので、ゲームとしては単純な部類だろうか?
連合軍の反撃タイミングは、今回に限って言えば4ターン目位だっただろうか。今回は北側からの増援の引き(特に英軍!)が悪く、それ次第かも。
ロンメルの振り直しは思った以上に効果があった。第7装甲師団には安心感がある。
最近のシモニッチ作品のスタンダード・ルールが使われているので、それをこのゲームで経験できたのは良かった(ようやく…時代に取り残されている…)。

 

以下備忘録
・独軍自動車化師団スタックは3スタッキングポイントにならない。
・また、独軍装甲師団は残り2ユニットになると3スタッキングポイントにならない。
・損害適用で完全戦力ユニットから適用するのは、独軍装甲師団と独軍自動車化師団内のみ。
・歩兵残余は、損害適用の優先度が低くなくてはならない。
・鉄道に沿って道路移動はできない。大河川を渡るときのみその移動コストを無視できる。
・連合軍は、都市へクス3ヘクスないと補給源にできないが、ベルギー軍に限ってナミュールだけを補給源にできる。
・連合軍のHQシフトの及ぶ範囲は、独軍のユニット、ZOCを無視して数える。LOSとは違う。
・戦闘比10-1にするには、7-1から右に3カラムシフト必要。
・GQGマーカー下のユニットは、退却時は別々の方向に退却できる。
・補給路での、非道路部分の8ヘクスは、非連続で良い。
・最初の断固とした防御では、事前の1ステップロスは必要ない。
・断固とした防御で振り直しをするには、ロンメルかモントゴメリーが先導ユニットになる必要がある。

 

次は、バトル・オブ・ブリテンですねー。

|

« 映画「スターシップ・トゥルーパーズ」の玩具・模型 | トップページ | 「鷲の日~バトル・オブ・ブリテン」の練習ソロプレイ »

AC1940.05 フランス’40」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フランス’40 大鎌の一閃(Sickle Cut)シナリオ・練習ソロプレイ~その1:

« 映画「スターシップ・トゥルーパーズ」の玩具・模型 | トップページ | 「鷲の日~バトル・オブ・ブリテン」の練習ソロプレイ »