« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年2月

映画「スターシップ・トゥルーパーズ」の玩具・模型

1997年のSF映画「スターシップ・トゥルーパーズ」に登場する戦艦ロジャーヤングの模型(完成品)を格安で手に入れたのをきっかけに、手持ちの関連玩具をベランダの収納ボックスの奥から取り出してみた。

戦艦(正式にはスタークラスデストロイヤー)ロジャーヤング。全長550メートルの設定※。武装は見当たらず、戦艦というより戦闘爆撃機や兵員の輸送船といったほうが的確か。ただ無骨な外観はスターウォーズやスタートレックの宇宙戦艦よりもそれっぽく、好みです。
※全長2500メートルと記述している文献もあるが、映画の造形スタッフが作成したとされる戦艦大和(全長263メートル)との比較図を見ると、その約2.5倍である事から、550メートルの方が信憑性があると判断。
Dscn6715a
模型は全長22センチながら、それなりに細かく作られている。
Dscn6720a
船体前部にあるブリッジ。
Dscn6718a
隕石に当たって吹き飛ばされた通信塔。
Dscn6719a
ドロップシップ(強襲揚陸艇)が発進する舷側オープンハンガーデッキ。左右両舷で18個ある。
Dscn6717a_2
脱出ポッドが発進する脱出口。5個並んでいる。
Dscn6721a
ドロップシップ。1個小隊収納可能。戦艦から大気圏に突入する。
Dscn6722a
TACファイター。戦艦から発進し大気圏に突入、ナパーム弾を投下する。この玩具はキャノン砲発射のギミックがある。
Dscn6730a
より小サイズの玩具。
Dscn6733a
救出船。この玩具は爆弾投下のギミック付き。
Dscn6726a
より小サイズの玩具。
Dscn6724a
小サイズの連邦軍兵士。
Dscn6732a
映画ではみかけなかった対空砲。発射ギミックあり。
Dscn6727a
以下は人類と敵対するアラクニド・バグズ
タンカーバグ。大型で口から酸を放射する。玩具は口からの発射ギミックあり。
Tanker_bug001Tanker_bug002
プラズマバグ。大型で腹部のプラズマを宇宙に向かって放出して連邦戦艦を撃墜する。玩具はお尻からのプラズマ発射ギミックあり。
Plasmabug002Plasmabug001Plasmabug003Plasmabug004
ウォーリアー・バグ。小型で最も数が多い兵隊バグ。Wb001Wb002Wb004Wb005Wb006Wb007Wb008Wb009Wb010Wb011Wb012
ホッパー・バグ。唯一空を滑空できるバグ。
Dsc03714a

チャリオット・バグ。ブレイン・バグを載せて移動するだけの基本無害なバグ。
Dsc03715a

ブレイン・バグ。超能力で他のバグや人間さえも操る事のできる危険なバグ。バグの親玉。
Dsc03713a

ロジャー・ヤング:YAMATO USA製
ウォーリアー・バグ:マングース・パブリッシング製
一部兵士人形:イタレリ、タミヤ製
その他:ガルーブ社製
参考資料:月刊モデルグラフィックスVol164(大日本絵画刊)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ARTFX+JUSTICE LEAGUE ワンダーウーマン

ARTFX+JUSTICE LEAGUE ワンダーウーマン コトブキヤ 1/10スケールです。
ワイルド・スピードシリーズのガル・ガドットがこんなに適役だとは思っても見ませんでしたhappy01Wonder Woman
フィギュアは惜しい。もう少し鼻が細かったら似ていたんだけど。1/10ではこれが限界かbearing。でも同じくらいのスケールの洋物に比べたら百倍いい。
Dsc03179a_2Dsc03199a_2Dsc03217a_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブレードランナー2049の模型・フィギュア

シネマシンズ/ ブレードランナー 2049: スピナー 6インチ ダイキャスト ビークル
造形は〇ですが、もっと可動部分があると嬉しい。
Blade Runner 2049Dsc03221aDsc03224aDsc03233aネカ/ ブレードランナー 2049/ 7インチ アクションフィギュア シリーズ1: 2種セット

ライアン・ゴズリングは「ラ・ラ・ランド」を見ていないので、主に「ブルーバレンタイン」の哀愁たっぷりの中年男のイメージしかないけど…coldsweats01
今回も哀愁たっぷりでした。
Dsc03157aリック・デッカード
Kより存在感があると思うのは、私が年寄りのせいか。
Dsc03158a_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »