« イラン・ガズヴィーン~アラムート~タブリーズ旅行~その17(タブリーズで昼食~ラベ・ラシーディ遺跡~テヘラン・ラレ・インターナショナル) | トップページ | イラン・ガズヴィーン~アラムート~タブリーズ旅行~その19(ダマーヴァンド・オーバリースキー場) »

イラン・ガズヴィーン~アラムート~タブリーズ旅行~その18(テヘラン・トーチャールのテレキャビン…だけど…)

五日目

テヘランのホテル、ラレ・インターナショナルの朝。7:00起床。
今日は、テヘラン郊外のトーチャールのテレキャビンへ行く。
朝風呂でくつろいだ後、ホテルのレストランヘ。
サラダ、クロワッサン、目玉焼き、どろどろのコーン、シロップ漬け果実、ヨーグルト。Dsc01581aロビーにはクリスマスツリーが飾られていた。イスラム教でもキリストは聖人。だからなのか。考えすぎか。Dsc01582a8:30、ホテルを出発。テヘランの北側の山麓へ。この辺にはベレジャイと呼ばれる高級住宅街がある。1平方メートルが7000ドル。Dsc01584a9:04、トーチャールのテレキャビンの駐車場に着く。Dsc01585a
トーチャールのテレキャビンとは、テヘランの北にあるアルボルズ山脈の山にかけられた、全長3200メートルのロープウェイの事だ。これで標高2900メートルまで上がり、更にゴンドラで標高3400メートルまで上がる。上にはスキー場とホテルがある。何がすごいと言って、人口1200万の大都市から日帰りで標高3000メートルの世界をたっぷり堪能できる事だ。東京都心から日帰りで富士山の9合目でたっぷり遊んでくるようなものだ。往復だけなら朝家を出て午前中に帰って来れる。
駐車場から歩くと、お菓子や飲み物の店がある。Dsc01588aここからチケット売り場と乗り場まで、登り路をてくてく歩く。Dsc01589a乗り場までの案内板がある。Dsc01590aイランの猫。しっぽが長くて大きいよ。Dsc01591aチケット売り場がある広場に着いた。Dsc01594aここで衝撃の事実が。テレキャビンが強風で運行停止になってしまったのだ…。しばらく待つことにしたが。
山に登りに来た人たちを見る。観光客風。Dsc01594b軽登山スタイル。Dsc01597a登山用ストックを持っている。歩いて登るのかな。Dsc01599aトーチャールのテレキャビン周辺の案内図があった。アスファルトの道(緑色の線)が標高3000メートルより上まで続いている!除雪されてれば上がれるが。赤い線はトレッキング道で、かなり充実しているのがうかがえる。Dsc01600aテレキャビン乗り場に行ってみることにした。入り口。Dsc01601aやはり運行は中止になっているようだ。Dsc01602a残念ながらあきらめるしかないDsc01603aせめてもと記念撮影した。むむ無念!Dsc01604a10:10、広場のスナックでお茶する。Dsc01610a中は誰もいない。みんな帰ったんだな…。Dsc01609a寒いので熱い紅茶を飲む。カップの上に置いてあるのはナバといって砂糖代わりだ。Dsc01611a10:32、店を出る。
広場にはスキーショップがある。Dsc01614aDsc01612a温かい食べ物、スープなどを売っている。Dsc01616aこれは謎の5Dシミュレーター。Dsc01618aこの小さな建物の中で何が起こるんだ。興味あるー。Dsc01617a空しく来た道を戻る。Dsc01619a時間が空いてしまったが、
この後どうしようか

|

« イラン・ガズヴィーン~アラムート~タブリーズ旅行~その17(タブリーズで昼食~ラベ・ラシーディ遺跡~テヘラン・ラレ・インターナショナル) | トップページ | イラン・ガズヴィーン~アラムート~タブリーズ旅行~その19(ダマーヴァンド・オーバリースキー場) »

025テヘラン2008以降(イラン)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イラン・ガズヴィーン~アラムート~タブリーズ旅行~その18(テヘラン・トーチャールのテレキャビン…だけど…):

« イラン・ガズヴィーン~アラムート~タブリーズ旅行~その17(タブリーズで昼食~ラベ・ラシーディ遺跡~テヘラン・ラレ・インターナショナル) | トップページ | イラン・ガズヴィーン~アラムート~タブリーズ旅行~その19(ダマーヴァンド・オーバリースキー場) »