« イラン・ガズヴィーン~アラムート~タブリーズ旅行~その4(ガズヴィーンのマスジェデ・ジャーメ(グランド・モスク)) | トップページ | 2001年宇宙の旅:メビウスモデル 1/144ディスカバリー号 発売 »

イラン・ガズヴィーン~アラムート~タブリーズ旅行~その5(ガズヴィーンのバザールとマスジェド・オン・ナビー、サアドッサルタネの複合施設~ホテル・アルボルズ)

マスジェデ・ジャーメからガズヴィーンのバザールへ向かいます。
途中迷路のような路地に入りながら。おいおい大丈夫か。Dsc01217a16:35、
ガズヴィーンのバザールの入口に着きました。
なぜか日時計の在る立派な入口。ただバザールの規模はそれほどでもありません。Dsc01218aこのドームはマスジェデ・ジャーメのドームなのだろうか?Dsc01219aイラン版招き猫?猫に見えませんね。でもこのヘンテコな雰囲気がいい。Dsc01220a彩り豊かな果物市場。山積みの光景がバザールらしいです。わくわくする光景です。Dsc01221a魚と卵。卵は日本では珍しい15個入りケースです。魚は良くケバブにされるやつかな。Dsc01222a野菜市場。とにかく野菜の数が半端ないです。キュウリは置ききれないのか、目立たせたいのか、道の真ん中にも置いてあります。邪魔だー。Dsc01223aバザールを外から見ると、いくつかのドームがあります。Dsc01224a衣料品市場。店の前はきれいにしないとね。掃除掃除。Dsc01225a明かり採りのドームを見上げた所。イスラムは幾何学模様が好きですね。美しいです。Dsc01226aドームの真下。ドームの薄明かりが広がっているのがわかります。まあ、電球にはかないませんが。Dsc01227a_2こちらはドームじゃない、無理矢理明けたような穴になっています。おい、あんまりジロジロ見るなよ。Dsc01228a彷徨い歩くうち、廃屋のような場所に出ました。中庭を中心にした隊商宿のようにも見えます。違うかな?Dsc01229a年代物の部屋ですね。入り口にプレートと番号が張り付けられているのは何なんだろう?宿の部屋番号か?Dsc01230aここは修復中なのかもしれません。Dsc01231a人が住んでいるようにも見えます。扉だけが真新しい。ところでバザールはどうなったの?Dsc01232a再び衣料品市場。迷路の様でどこがどこにつながっているのやら。Dsc01233aイスラム寺院、
マスジェド・オン・ナビーに来ました。バザールのすぐそばにあります。買い物とお祈りを一緒に済ませるのでしょう。イスラムのバザールは日本の門前町みたいですね。Dsc01236aなかなか美しいドームと装飾です。Dsc01235aバザールの外に出ました。まるでNHKの世界ふれあい街歩きですね。Dsc01234aと思ったら、再び小路に入っていきます。奥に何か見えます。Dsc01237aサアドッサルタネの複合施設です。元々19世紀のガージャール朝時代にできた隊商宿を修復してできた、とても広大な商店街です。修復されたばかりで実際に店が入っているテナントは少ないです。Dsc01238a修復前のこんなボロボロの扉がありました。木製の扉に立派な扉の壁紙を貼っています。詐欺だなあ。Dsc01239a陶器の店です。モスクを小さくしたような幾何学模様が綺麗です。Dsc01240a外に出ました。まだ真新しく店が入っていません。Dsc01241aこの修復箇所はとても綺麗です。手が込んでいます。Dsc01242aこれも修復された隊商宿で、店が入る予定なのでしょう。こんなにたくさん店が入るのだろうか?作りすぎてない?またこの施設はいったいどこまで広がっているのか?広すぎます。Dsc01243aDsc01244a再び商店街です。開いている店は少ないけれど、訪れる客はちらほらいるようです。Dsc01245a_2延々と商店街が続きます。大昔にプレイしたファミコンの女神転生の街に迷い込んだかのようです。ここまでくるとまるで小宇宙。Dsc01246a修復された施設の一室。これも店かな?Dsc01247aバザールの金銀の装飾品市場に来ました。イランの人はこの手の装飾品が好きですね。Dsc01248aDsc01249a17:40、出発。ちょっとした探検旅行でした。面白かった。
18:00、ホテル、アルボルズに戻った。部屋で少し休憩。Dsc01250aDsc01251a19:05、ホテルのレストランで夕食
マッシュルームのサラダと、Dsc01252a魚のキャバーブ。恐らくカスピ海の魚だろう。胃の負担を考えるとやはり魚は無難。Dsc01253a20:50、レストランを出る。モーニングコールを6:30にしてもらった。
部屋に戻った。洗濯はできなかった。デジカメの充電ケーブルを忘れたことに気付きがっかり。コンセントのプラグと変圧器はちゃんと持ってきたのに…。Dsc01254a23:00頃には寝た。明日はいよいよ
アラムート城へ。

|

« イラン・ガズヴィーン~アラムート~タブリーズ旅行~その4(ガズヴィーンのマスジェデ・ジャーメ(グランド・モスク)) | トップページ | 2001年宇宙の旅:メビウスモデル 1/144ディスカバリー号 発売 »

024ガズヴィーン、アラムート(イラン)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イラン・ガズヴィーン~アラムート~タブリーズ旅行~その5(ガズヴィーンのバザールとマスジェド・オン・ナビー、サアドッサルタネの複合施設~ホテル・アルボルズ):

« イラン・ガズヴィーン~アラムート~タブリーズ旅行~その4(ガズヴィーンのマスジェデ・ジャーメ(グランド・モスク)) | トップページ | 2001年宇宙の旅:メビウスモデル 1/144ディスカバリー号 発売 »