« イラン北東部旅行(ネイシャーブール・シャーデ・ヤッハ遺跡) | トップページ | イラン・ガズヴィーン~アラムート~タブリーズ旅行~その2(テヘラン~ガズヴィーン・エゲヘボリで昼食) »

イラン・ガズヴィーン~アラムート~タブリーズ旅行~その1(羽田~ドーハ~テヘラン)

2014年12月、イラン・イスラム共和国の北西部のガズヴィーン、アラムート、タブリーズ、キャンドヴァーンに行ってきました。

1日目:羽田→ドーハ→テヘラン→ガズヴィーン(マスジェデ・ジャーメ、エマームザーデイェ・ホセイン、バザール)
2日目:ガズヴィーン→アラムート(ガザルハン城塞跡)→タブリーズ
3日目:タブリーズ→キャンドヴァーン(奇岩の村)→タブリーズ(イールゴリー公園)
4日目:タブリーズ(バザール、マスジェデ・キャブード、アルゲ・タブリーズ、アゼルバイジャン博物館、ラベ・ラシーディー)→テヘラン
5日目:テヘラン(トーチャールのテレキャビン)→ダマーヴァンド山周辺→テヘラン
6日目:テヘラン→ドーハ→羽田


今回もマルコ・ポーロの追っかけの旅です。
1270年末にヴェネツィアを発ったポーロ一行は、パレスチナでエルサレム聖墳墓教会の聖油とローマ教皇からモンゴル皇帝フビライ・ハーンへの親書を得て1271年末に出発しました。その後トルコ東部のアララト山麓を経てイランに入り、タブリーズに達しました。
今回訪問したタブリーズやアラムートはマルコ・ポーロの東方見聞録に記述があります。ガズヴィーンはアラムートに行く起点になる街で、シルクロードの要衝である事からポーロ一行が通過した可能性があります。キャンドヴァーンはタブリーズから近く、トルコの世界遺産カッパドキアに似た景観が見られることから観光に加えました。


前夜

21:15、羽田空港着。円をドルに両替。
23:30、カタール航空機への搭乗開始。Dsc01175a

1日目

0:30、離陸。
1:10、夜食。サーモントオルゾーパスタのサラダ、魚の昆布巻き、鶏の煮込みと甘醤油ソース、ブロッコリー人参、フルーツ餡密。Dsc01176a食事後、寝ようと試みるがほとんど眠れず。Dsc01177a9:17、起床。朝食。旬のフルーツ、あさつき入りのスクランブルエッグ、フライドポテト、チキンソーセージ、チェリートマト、マッシュルーム、クロワッサン。Dsc01178a12:10、ドーハ着。Dsc01180aDsc01181a_212:45、テヘラン行きの搭乗口着。搭乗口まで遠くてぎりぎりバスに間に合う。
12:55、搭乗開始。窓際の席。私の並びの席の東洋人のおっさんが、他の席が空いているからそっちに座れと言ってきたが無視。搭乗券の座席№を見せると、それはここではない。もっと前だ、と無茶苦茶を言う。
13:21、離陸。
14:00、食事。甘そうで胸やけしそうだったが完食。Dsc01182a天気は快晴。Dsc01183a15:08(イラン時間9:38)、テヘランのイマーム・ホメイニー国際空港着。

|

« イラン北東部旅行(ネイシャーブール・シャーデ・ヤッハ遺跡) | トップページ | イラン・ガズヴィーン~アラムート~タブリーズ旅行~その2(テヘラン~ガズヴィーン・エゲヘボリで昼食) »

024ガズヴィーン、アラムート(イラン)」カテゴリの記事

コメント

今日は
初めてコメントします。
私は主にアジアの航空会社を利用しているのですが、今年イラン旅行で初めてエミレーツ航空を利用して、そのサービスの質に驚いて感激したのですが、貴方のブログを拝見してカタール航空も食べ物が日本人に向いているような気がしました。ただ、今年になってカタールが湾岸諸国から国交断絶されて、利用しづらいかなあと思っているのですが、サービスの質がよければ、何かの機会に利用してみたいなあと思っています。貴方の目から見て、カタール航空のサービスの質はどのように感じられたでしょうか。もしよろしければお答えくだされば幸いです。

投稿: オジンガーZeit | 2017年12月 2日 (土) 14時04分

オジンガーZeitさん、ご訪問ありがとうございます。
私がカタール航空を利用したのは断交前の2014年になります。ご参考になるのかどうかわからないですが…。
大雑把に言いますと、私の評価は良く、エミレーツ航空と同等以上だと思います。
接客も丁寧ですし、機内食も満足がいく内容でした。ドリンク類も豊富です。アメニティグッズも一通り揃っています。機内エンターテインメントは映画、ゲームのコンテンツが充実していました。
良い旅を続けられることを願っております。

投稿: BON | 2017年12月 3日 (日) 09時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210477/71391314

この記事へのトラックバック一覧です: イラン・ガズヴィーン~アラムート~タブリーズ旅行~その1(羽田~ドーハ~テヘラン) :

« イラン北東部旅行(ネイシャーブール・シャーデ・ヤッハ遺跡) | トップページ | イラン・ガズヴィーン~アラムート~タブリーズ旅行~その2(テヘラン~ガズヴィーン・エゲヘボリで昼食) »