« イラン・ガズヴィーン~アラムート~タブリーズ旅行~その10(アラムート~テヘランメヘラーバード空港~タブリーズ・インターナショナル) | トップページ | イラン・ガズヴィーン~アラムート~タブリーズ旅行~その12(タブリーズ・イールゴリー公園) »

イラン・ガズヴィーン~アラムート~タブリーズ旅行~その11(タブリーズ・インターナショナル~奇岩の村・キャンドヴァーン)

三日目

ホテル、タブリーズ・インターナショナル
の朝。
6:30起床。シャワーを浴びて7:00だったのでのんびりしていたらもう集合時刻の8:00になってしまった。ガイドのAさんに謝って8:30出発にしてもらい、レストランへ
サラダに目玉焼き、豆のスープ。Dsc01344aホテルの外観。Dsc01345a8:30に出発。天気曇。Dsc01346aキャンドヴァーン村までは約50キロの道のり。アゼルバイジャンの音楽を聞きながらドライブ。
アゼルバイジャン人は子供のころは髪の毛が茶色だが、大人になると黒くなるそうだ。
9:08、陽が出てきた。景色がきれいだなあ。Dsc01348a9:25、キャンドヴァーン村着。壮観ですねえ。岩がにょきにょきしていて。岩の中に家がある。トルコのカッパドキアと同じだ。早速近くに行ってみましょう。Dsc01348cDsc01348bまずはトイレ休憩の為、岩でできたホテルへ。Dsc01349aDsc01350aわくわくしますね。Dsc01351aDsc01352a岩の中だけど設備は普通のホテルと変わらない。Dsc01355aシャワールームも清潔ですね。Dsc01353aここは一泊2人部屋100ドル、4人部屋180~200ドルとの事(2014年当時のレートで)。Dsc01354a居心地良さそう!Dsc01356a村の中。もっと洞窟みたいなイメージだったのですが、ドアがはめ込んであって割と普通の家みたいです。Dsc01357a階段や歩道もちゃんと整備されています。Dsc01358aDsc01359a猫がうろついています。人が住んでいるって事ですね。Dsc01360aホテルのレストランの中です。Dsc01361aDsc01362aDsc01363a外見だけだとなんの部屋だかさっぱりですね。Dsc01364aありゃ、行き止まりになってしまった。Dsc01365aここからだと岩山だという事が良く分かりますね。荒涼たる風景です。Dsc01366a民芸品の店!随分商品がたくさんあります。どれもカラフルで楽しいですねえ。黒い円柱形の帽子、トルコ帽と言うんでしょうか、が気に入ったのですが、買うのはやめときました。日本で被るのは勇気がいると思って。Dsc01367aお菓子みたいのをもらったんですがおいしかったですよ。Dsc01368a別の店。普通の商店みたいですね。ガイドのAさんは何を見ているんだろう。Dsc01369a蜂蜜でした!コクがあっておいしいです。他にラオシャイ(あんず)やシレナアングル(ぶどう)もありました。どれもおいしい。Dsc01370a上の方に上がっていきます。壁は石を積み上げて造られています。Dsc01371aここも土産物屋かな?手作りの商品が置いてあります。Dsc01372aギリンという糸を紡いで作るもののようです。Dsc01373a蜂蜜です!たくさんありますねえ。蜂の巣も売り物なんでしょうか。おいしそうです。Dsc01374aここは家をつくろうとしているのかな?Dsc01375a昔(今も?)の生活を再現している人形です。小麦粉をこねてナンを作っていますね。Dsc01376aこちらは先程のギリンを織っているようです。Dsc01377a更に上に登っていきます。何があるのか楽しみ。Dsc01378a普通の住居の様です。洗濯物を干していますね。こうしてみると家が岩の間に隠れるようにあって、メルヘンの世界です。Dsc01379aここは岩を削って四角い家にしていますね。扉が少し斜めになっているのが面白い。Dsc01380a岩とか廃品を組み合わせて家を作っているようです。生活感があっていいですね。Dsc01381a岩のピンク色を生かして小綺麗に作ってあるのがいいです。Dsc01382a_2こちらの岩は納屋かな?Dsc01383aドラム缶に照明を突き刺していますね。色々工夫の跡が見られます。Dsc01384a犬の鳴き声がすると思ったらいた。犬小屋も洞穴。Dsc01385a細い道がうねうねと。ちゃんと電柱があるところがすばらしい。夜道は危険そうですからね。Dsc01386aベランダもありますね。住みやすいように工夫してるんですね。Dsc01387a観光客が徘徊しています。みんな興味しんしん。Dsc01388aお土産屋さんのじいさまを撮らせてもらいました。ありがとう。Dsc01389aそそり立つ岩肌。迫力ありますねー!Dsc01391a家畜も飼われています。単なる観光地じゃなくて、みんな普通に働いて生活しているんですね。Dsc01392aすばらしい岩の町を堪能しました。Dsc01393a12:13、お腹が空いたから最初に立ち寄ったレストランへ。
イランの国産車。サマン(茶色の馬)というそうだ。Dsc01394a12:25、レストラン着。サラド・シラーズィーはトマト、キュウリにレモン汁をふりかけたもの。トーシはブディキャラ(ブロッコリー)、キュウリ、人参の炒め物。あとヨーグルト。Dsc01396aアープ・グーシュトという料理。ちぎったナンの上に羊肉、豆、イモのスープをかけて、すり鉢と棒ですり潰して食べる。Dsc01397aDsc01398aDsc01399aイラン・イラク戦争の経験者の方(60歳)がいた。色々話を聞いた。
兵役は2年は義務。それ以上兵役に就くと子供の兵役義務期間が減免される。兵役に就いた為、当時24、5歳で結婚するところが34歳で結婚したそうだ。日本じゃ34歳の結婚は普通なんだけどなー。Dsc01395a14:09、出発。タブリーズのイールゴリー公園へ。

|

« イラン・ガズヴィーン~アラムート~タブリーズ旅行~その10(アラムート~テヘランメヘラーバード空港~タブリーズ・インターナショナル) | トップページ | イラン・ガズヴィーン~アラムート~タブリーズ旅行~その12(タブリーズ・イールゴリー公園) »

023タブリーズ、キャンドヴァーン(イラン)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イラン・ガズヴィーン~アラムート~タブリーズ旅行~その11(タブリーズ・インターナショナル~奇岩の村・キャンドヴァーン):

« イラン・ガズヴィーン~アラムート~タブリーズ旅行~その10(アラムート~テヘランメヘラーバード空港~タブリーズ・インターナショナル) | トップページ | イラン・ガズヴィーン~アラムート~タブリーズ旅行~その12(タブリーズ・イールゴリー公園) »