« 2017年1月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月

銀川~フフホト~チャガンノール遺跡旅行~その2(上海~銀川・排寺口双塔への道)

旅行二日目。上海のホテル。
腕時計のアラームthunderが鳴って奇跡的に起きることができた。しかし眠くてまだ寝ていたいbearing
ホテルのモーニングコールで意を決して、とりあえずバスタブにお湯を貯めた。お湯spaにつかると目が覚めてきた。
5:35、1階ロビーに降りた。Aさんは既に待っていた。弁当breadが出るとの事で、待つことにする。しかし中々出ないので車へ移動。そこへホテルマンが来て、弁当が出るので来いという。Aさんは悪態をついてホテルの中に戻ったcoldsweats01

今日は、飛行機で寧夏回族自治区銀川まで行き、前回見逃した拝寺口双塔を観光、その後車で黄河沿いに北上し、内蒙古自治区パオトウまで行く。
6:30、上海浦東空港着。Aさんとはここでお別れ。

Dsc00528a

Dsc00529a
8:35、離陸airplane
9:19、機内食restaurantおかゆ。
Dsc00530a
11:47、懐かしの銀川に着陸。銀川市寧夏回族自治区の首府。詳細はここを参照下さい。ここでガイドのBさんに会う。Bさんは内蒙古自治区のパオトウ出身で、ここからチャガンノール遺跡までガイドしてくれる。
Dsc00531a
12:20、早速昼食restaurantを食べる。
Dsc00532a
12:45、レストランを出て、今日の目的のひとつである銀川市賀蘭山脈のふもとにある拝寺口双塔に向かう。Bさんによると片道75キロあり、1時間程かかるとの事。ちなみにこの時期の銀川の最高気温は0度、最低気温は-11度。東京とは比べ物にならない寒さtyphoon
Dsc00533a

Dsc00534a

Dsc00535a

Dsc00536a

Dsc00537a

Dsc00538a
13:24、国際映画城?
Dsc00539a

Dsc00540a

Dsc00541a
13:33、賀蘭山脈に近付くにつれ、辺りは岩の転がる殺風景へと変化する。
賀蘭山脈が近くに見えます。
Dsc00542a
拝寺口双塔が見えましたhappy02
Dsc00543a

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2001年宇宙の旅:デビッド・ボーマン船長

2年前位に発売されたエグゼクティブレプリカスの キア・デュリア ディスカバリー アストロノーツ レッド 1/6 アクションフィギュア」です。
コンピュータHAL9000を沈黙させ、「宇宙の彼方」に行く事になりますが、将来AIの反乱(誤作動)は起こるのでしょうか?AIはある局面では、攻撃的になるとも聞きます。
ボーマン船長を演じたキア・デュリアの事は、ほとんど知りませんが、彼の出演作は、NHKで放映されていた「スターロスト・宇宙船アーク」が妙に記憶に残っています。
それはそうと、Youtubeですごく懐かしいものを見つけましたweep小説版なので映画版とは違った面白さがあります。ココDb005Db006Db007Db002_2Db003Db004                      後日画像追加

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【スター・ウォーズの玩具】『帝国の逆襲』

手持ちの『帝国の逆襲』関連の玩具を集めてみました。
特に表記しない限り、米ハズブロ社、米ガルーブ社の製品です。
名称等については一部「スター・ウォーズの鉄人!」から引用させて頂きましたm(_ _)m
ストーリー順に画像を並べます。
※画像をクリックすると拡大画像が出ます。その画像ウィンドウにサイドバーが付く時はサイドバーを閉じてくださいm(_ _)m


惑星ホス

(1)探査ロボット「プロボット
20年ほど前の同社製品と今回新たに発売された製品を比べてみました。
横から見たところ。右が20年前、左が現在。
Prove01
モールドは今回の方が細かくなったと思います。
全体の形も、今回の方は足が細くなり実物に近くなったと思います。
ただし20年前の方は足が可動しました。

上から見たところ。
Prove02
やはりモールドは今回の方が細かくなったと思います。

下から見たところ。
Prove03
やはりモールドは今回の方が細かくなっています。

(2)隕石の調査に出かけるルーク
Hoth23
ワンパに捕らわれたルーク
Hoth22
Hoth24

(3)ルークの探索に出かけるハン=ソロ
ハン=ソロ、レイア、C-3PO
Hoth02
反乱軍基地内の病院と2-1B外科医ドロイド 
Hoth18

(4)スーパースターデストロイヤー『エグゼキューター』とスターデストロイヤー
プロボットが発見した発電所。
Hoth20
ホス星系に集結した艦隊。
スーパースターデストロイヤー1隻とスターデストロイヤー5隻からなる。
艦名は『アヴェンジャー』『アキューザー』『アジュディケーター』『タイラント』『ストーカー』。
スーパースターデストロイヤーのみ米ケナー社製。
Ssd01
Ssd02

(5)ホスの戦い
反乱軍基地の見張り塔
Hoth25
レイア、C-3PO
Hoth03
接近するAT-ATスノーウォーカー
Hoth26
基地内の指令所
Hoth17
Hoth16
スノースピーダーの修理工場
Hoth11
Hoth12
Hoth13
Hoth14
Hoth15
破壊されたAT-AT
Hoth19
敗走する反乱軍
Hoth28
Hoth29
帝国艦隊突破に使用されたイオン砲
Hoth04
Hoth21
基地内に侵入するAT-AT
Hoth27
侵入するストーム・トルーパー
Hoth05

(6)AT-ATスノーウォーカー
20年ほど前の同社製品と今回新たに発売された製品を比べてみました。
横から見たところ。上が20年前、下が現在。
現在版は、頭部のレーザーキャノンが再現された。
Hoth06
前から見たところ。右が20年前、左が現在。
20年前版のモールドが上。
Hoth08
後から見たところ。右が20年前、左が現在。
現在版が上。
Hoth09
上から見たところ。下が20年前、上が現在。
同等か。
Hoth07
下から見たところ。右が20年前、左が現在。
現在版は頭部のレーザーキャノンが再現されたことを除けば、20年版が上。
Hoth10

(7)スターデストロイヤーに追われるミレニアム・ファルコン
スターデストロイヤー:ズベズダzvezda製1/2700(未塗装、両面テープにて仮組)60㎝
ミレニアム・ファルコン:ファインモールド製1/72 46㎝
Sd013_2
Sd005_2
Sd004
Sd012
Sd014

(8)ホスの戦いに勝利し、移動する艦隊。
Ssd03
Ssd04


惑星ダゴバ

ダゴバに着陸したXウイング
Daghoba01_2
ルークとR2-D2
Daghoba03_2
ヨーダとダゴバ着陸版ルークのフィギュア(タカラトミー製)
Dagoba01
ヨーダの家
Daghoba04_2
家の中
Daghoba05_2
ヨーダのもとで修行するルーク
Daghoba06_2
ダース・ベイダーの幻影に遭遇するルーク
Daghoba07_2
沼に沈んだXウイングを浮かび上がらせようとするルーク
Daghoba08_4
ヨーダのフォースで浮かび上がったXウイング
Daghoba11
ヨーダとオビ=ワン
Daghoba10_2


惑星ベスピン

クラウドシティー、クラウド・カー、ランド・カルリシアンのフィギュア。
Bespin01
クラウドシティーの発着場
Bespin03
ドロイド処理場でC-3POを救おうとするチューバッカ
Bespin031_2
牢獄から出されるハン=ソロ
Bespin032_2
取調室のハン=ソロ
Bespin033_2
カーボナイト冷凍されたハン=ソロ。
アグノート人、チューバッカ、ランド=カルリシアン、カーボナイト冷凍されたハン=ソロ、ダース=ヴェイダー、ストーム・トルーパー。
Bespin04
C-3POを背負って逃げるチューバッカ。
チューバッカ、ストーム・トルーパー、ランド=カルリシアン。
Bespin05
ベスピンを立ち去るボバ=フェット
Bespin051_2
スレーヴⅠ
20年ほど前の同社製品と今回新たに発売された製品を比べてみました。
今回発売された製品の中に、ボバ=フェット搭乗機がなかったので、
ジャンゴ=フェット搭乗機と比較しました(基本的に同じものです)。
横から見たところ。20年前。フィギュアはボバ=フェット。
Slave01
現在発売バージョン。
Slave02
ややモールドが細かくなった気がします。

上から見たところ。左が20年前、右が現在。
Slave04
両翼のモールドは現在版が細かいです。

下から見たところ。左が20年前、右が現在。
Slave03
明らかにモールドは現在版が細かいです。

ベスピンの決闘
ヴェイダーとルーク。
Bespin06
Bespin07
Bespin08_2
クラウドシティのセントラル・コアを落ちるルーク
Bespin09
底辺のアンテナで助けを待つルーク
Bespin10

反乱軍の登場メカ。
病院船(エスコート・フリゲート)、スノースピーダー、ミレニアム・ファルコン(フォースの覚醒版)、ツナシップ、Xウイングファイター。
Rebel01

帝国軍の登場メカ。
TIEボマー、TIEファイター、AT-ATスノーウォーカー、AT-STスカウトウォーカー
Imperial01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年1月 | トップページ | 2017年4月 »