« スカンジナビア電撃戦(ストライク・ノース)1940年シナリオ・練習ソロプレイ~その1 | トップページ | 【スター・ウォーズの玩具】『エピソード4.新たなる希望』 »

【スター・トレックの宇宙船】オリジナルシリーズ劇場版の宇宙船模型・玩具

スター・トレックのオリジナルシリーズ劇場版といえば、23世紀を舞台にした、カーク、スポック、マッコイの登場作になります。ここでは、2009年以降公開のリ・イマジネーション版(カーク役=クリス・パイン)ではなく、1979年公開の1作目から1991年公開の6作目までを対象にしています。

第1作(スタートレック・ザ・モーション・ピクチャー)に登場したクリンゴン・クティンガ級巡洋艦は、スタトレの世界で最も運用期間が長い宇宙船かもしれない。全長214~349m、乗員385名。オリジナルTVシリーズのクリンゴン艦と同じ形状だが、スクリーンで見栄えがするようにディテールアップされ遥かにリアルになった。ただし登場シーンの特撮(視覚効果の事だが、当時はCGはなく精密な模型を使って本物らしく見せていた)は背景との合成がイマイチで、船体のラインが黒く目立っていた。ホールマーク社製13cm。Klingon006Klingon007a改装後のエンタープライズは、昔バンダイ社製のを買ったが、現在電飾をムギ球からLEDに変換待ち。
バルカン・シャトル スラク。全長49m、乗員4名。ガルーブ社マイクロマシーン製5.5cm。Surak001_2Surak002
第2作「カーンの逆襲」は、明らかにスターウォーズ・帝国の逆襲を意識した名前だが、1作目よりも低予算ながら中々良い出来で、本当の意味でスター・トレックの復活を果たしたのは本作かもしれないhappy01
U.S.Sリライアントは、ミランダ級と呼ばれる簡易量産型の船体。全長243m。デアゴスティーニ社製スタートレック・スターシップコレクション11.5cm。Reliant001Reliant002Reliant003

第3作「ミスター・スポックを探せ!」は、私は面白みのない作品だと思っているが、前作の成功で予算がUPしたのか、全く新しい宇宙船・宇宙ステーションが5つも登場する。
その中で、一番人気が高いと思われるのが、クリンゴン・バードオブプレイ(後にブレル級と呼ばれる)。全長110m、乗員12名。結局この後第6作まで全作に登場する。「新スタートレック」では、形は全く同じままで全長が3倍になったケーボート級が登場する。「新スタートレック」では宇宙船が大型化しており、全長110mのブレル級だけでは見栄えがしない為なのだろうか?不自然な話だが、それだけクリンゴン・バードオブプレイの人気が高かったとも受け取れる。尚、デザイン、ミニチュア制作は、スターウォーズの視覚効果担当会社ILMが行っている為、スタートレックでは珍しくウェザリングが施されている。ダイアモンドセレクト社製 全幅46cm。1/350Klingon008Klingon009Klingon012          武装は艦首の光子魚雷と両翼端のディスラプター・ボルト。Klingon010            同スケールのフィギュアを置いてみました。Klingon011b              クルーグ艦長と愛人でスパイのバルクリスKlingon015_3                おまけ。プレイメイツ社製 全幅40.5cm。Klingon013地球軌道上のスペースドック。高さ4600m。前作で小さなドライドックから出発したエンタープライズが、地球に戻ってきたらこんなに大きな宇宙ステーションがあった。いつの間に作ったんだと驚いた記憶がある。ガルーブ社マイクロマシーン製6cm。 Spacedocオービタル・シャトル。スペースドック内及び地球間を移動するシャトル。全長8m、乗員2名。ガルーブ社マイクロマシーン製4.5cm。Orbitalshattleスペースドックの中にいた試作艦U.S.SエクセルシオールNX-2000は、好きな宇宙船だheart01改装型エンタープライズが全長305mしかないのに比べ、全長は一気に467~511mに大型化したのに加え、トランスワープシステムを装備した最新鋭艦。スタトレの未来を感じさせる宇宙船だった。しかし第2船体の形状がスリッパとか和製便器とか言われ、評判が良くなかったらしい。次作、次々作は登場しなかった。ダイアモンドセレクト社製46.5cm。Excelsior001Excelsior002_2Excelsior003Excelsior004Excelsior005科学調査船U.S.Sグリソム。オーベルト級と呼ばれ、全長120m、乗員80名、フェイザー砲装備。登場早々バードオブプレイにより破壊される。デアゴスティーニ社製スタートレック・スターシップコレクション13.5cm。Grisom001Grisom002Grisom003Grisom004この映画のU.S.SエンタープライズNCC1701は痛々しい限り。まさか●●するとは。カークの「本当にこれで良かったのか」とのつぶやきに対し、「そんなわけないやん」とつっこみを入れてしまった。アートアサイラム社製バトルダメージ・エンタープライズ約40cm。Enta001Enta002Enta003Enta004
第6作目「未知の世界」にようやく再登場したU.S.Sエクセルシオールは、試作艦ではなく本格運用されて船体№もNCC-2000になった。結局トランスワープシステムは失敗し、通常のワープシステムが採用された。模型を見て初めて気が付いたが、試作艦とは形状が一部異なっている。6作目の監督は、2作目と同じニコラス・メイヤー。私としては、全6作のうち印象に残っているのは1作目を除けば2作目と6作目であり、この監督に全部任せていれば、と思わざるを得ない。Excelsior011Excelsior014_2Excelsior012Excelsior015
1~6作目には、他にも宇宙ステーション・イプシロン9、地球軌道ステーション、ワーク・ビー、トラベルポッド、ヴィジャー、コバヤシマル、レギュラ1、民間小型貨物船、ホエール・プローブ、シャトル・ガリレオなどが登場する。模型化は、デアゴスティーニ社のスタートレック・スターシップコレクションに期待したい。特に地球軌道ステーションは欲しい!

オリジナルシリーズ劇場版の最終作は6作目だが、ネクストジェネレーション(新スタートレック)の劇場版1作目(ジェネレーションズ、1995年公開) の冒頭はオリジナルシリーズの続きで、B型エンタープライズ(NCC1701B)が登場する。エクセルシオール級の増強型である。ダイアモンドセレクト社製46.5cm。Entb005_2Entb006Entb003_2Entb004Entb001Entb002                                        後日画像追加                          
       ※参考文献:「スタートレック メカニクス」岸川靖著 ぶんか社刊

|

« スカンジナビア電撃戦(ストライク・ノース)1940年シナリオ・練習ソロプレイ~その1 | トップページ | 【スター・ウォーズの玩具】『エピソード4.新たなる希望』 »

【SF模型】スター・トレック」カテゴリの記事

コメント

TOSしか知らない者です~~;…クルーグ&バルクリス!スゴいです〜,初めて見ました(^^ゞ!いや〜マニアですね〜♪クルーグ挺長(?)役の方が,翌年,ドク役でブレイクしたとはしばらく知りませんでした(笑)。宇宙大作戦世代(古っ)なので,とても楽しく拝見させていただき,どうもありがとうございました(^o^)/

投稿: 函館 クルール | 2016年12月 1日 (木) 05時51分

クルールさん、ご訪問ありがとうございます。楽しんで頂けてうれしいです。スタートレック誕生50周年になりますね。若い人はほとんど知らないのではないでしょうか…。最近発売されたカーンの逆襲/ディレクターズ・カット版 [Blu-ray] のジャケットがあまりにレトロなのでショックでした。

投稿: BON | 2016年12月 2日 (金) 01時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210477/68393814

この記事へのトラックバック一覧です: 【スター・トレックの宇宙船】オリジナルシリーズ劇場版の宇宙船模型・玩具:

« スカンジナビア電撃戦(ストライク・ノース)1940年シナリオ・練習ソロプレイ~その1 | トップページ | 【スター・ウォーズの玩具】『エピソード4.新たなる希望』 »