« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月

学研ワールドアイの惑星画像

昔購入した学研ワールドアイ(GakkenWORLDEYE)にて惑星動画を見てみました。

学研ワールドアイは直径25.8センチの半球状のブラウン管?にUSBメモリ内の画像・動画を映す装置です。

ブラウン管?が半球状なので、地球儀に分類される事が多いです。
同梱のUSBメモリには様々なコンテンツがありますが、その中で太陽系の惑星動画を見てみました。

以下はその撮影画像ですが、やや粒子が粗いようです。画質・色調の調整機能もあるので、それで気に入った画像づくりをしたほうが良いと思われます。
あくまで私の感想ですが、雲に覆われた惑星、ガス型惑星のようなぼんやりした天体がよりリアルに見えるようです。
撮影時に助かった事は、要するにテレビ画面を撮影するので、ただ部屋を真っ暗にするだけで宇宙の雰囲気を出しつつ撮影できる事です。

またこの装置の優れたところは、画像・動画データを自分で作れば、どんな天体でも映せる事です。

以下、惑星画像です。

太陽
フレアがあるので輪郭がぼやけています。
Dsc01852a
Dsc01853a

水星
Dsc01854a

金星
Dsc01846a
Dsc01847a

以下も金星ですが、雲をはぎ取った、地表の様子らしいです。
前述のMOVAの金星儀もこれです。
Dsc01849a
Dsc01850a
Dsc01851a


Dsc01861a
Dsc01862a

火星
Dsc01864a

木星
Dsc01865a
Dsc01866a

木星の衛星イオ
Dsc01879a

木星の衛星エウロパ
Dsc01868a

木星の衛星ガニメデ
Dsc01869a

木星の衛星カリスト
Dsc01880a

土星
Dsc01871a
Dsc01881a

天王星
Dsc01872a

天王星の衛星ミランダ
Dsc01874a

海王星
Dsc01875a

海王星の衛星トリトン
Dsc01876a

冥王星
データが古いので仕方がない。
Dsc01878a

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MOVA火星儀を手に入れました。

MOVA火星儀を購入しました。

MOVAについてはこちらを

とりあえず何枚か撮りました。
最初の3枚は自然光です。

Dsc01806a

下の画像の左側にはマリネリス渓谷が見えます。
長さは4000 km、深さは7 km、幅は最大200 km。
※データは全てウィキペディアです。

Dsc01809a

Dsc01812a

下は照明を使って撮影。
中心が太陽系最大の山、高さ約27,000メートルのオリンポス山です。

Dsc01819a

撮影中に火星を落してアクリルの表面に傷がついてしまいました
ついでに撮影用の三脚の留め具にひびが入ってしまった

2018.5.2追記
火星にも水が溜まってしまいました。もう回転はしません。
衝撃を与えたのが悪かったのかも。
Dsc03727a

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »