« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

標高3000メートルの別天地 長野県乗鞍岳山歩き

8月の3週目、長野県乗鞍岳に行きました。
折角の夏休み、夏を満喫できる場所に行かずにはいられませんでした。そこで今回で4回目になりますが、一泊二日で登れる乗鞍を選びました。

お盆の時期は、乗鞍岳は雨または霧の悪天候続きで、私も自宅出発時には「頂上からの眺望なし」を覚悟しました。

14時半頃にバスターミナルのある畳平に着きましたが、曇天の上、霧が降りてきました。でも何よりも涼しい事に感謝です。天然の冷房。

雷が来ると怖いので、早速宿泊地である「肩の小屋」に向かいました。
※画像は、右クリックして「リンクを新しいウィンドウで開く」で見て下さいm(_ _)m
Dsc01115a



小屋まで30分、ほとんど傾斜のない道でも途中途中我慢できずに休みながら行きました。明日の乗鞍登頂が思いやられます。

小屋に着くと、宿泊の手続きと説明を受ける。
荷物を部屋に置き食堂に行くと、メニューに生ビールが。
たまらず頼んであっという間に飲み干してしまった。
他にも4種類のソフトクリームがあったのには驚いた。
畳平に降りれば宿、レストラン、土産物屋が軒を連ねており、山小屋の人には怒られるかもしれないが、乗鞍山頂は立派なリゾート地だ。
Dsc01117a
小屋から主峰、剣ヶ峰を望む。霧に隠れて見えない。


さて、缶ビールを何個か買って、食事までの時間、自分の部屋で飲んでいた。

食事の時間になった。画像の通り、生野菜、野菜たっぷりの味噌汁。おいしい。肝心のご飯は、米の甘みはないものの、食感はよく、ここの標高を考えると上出来だった。
Dsc01119a



食事に来たのは、私の他女性ひとりのみ。宿泊者は2名だけだった。
女性は星空を撮りに来たとの事。乗鞍には年に2、3回は撮影に来ているそうだ。世の中にはいろんな面白い趣味を持った人がいるものだなあ、と楽しい気分になった。

外に出てみるときれいな夕焼けが雲を照らしていた。
Dsc01121a



さて、20時になったが、空の様子はどうだろうかと窓から見上げてみた。
残念ながら星は見えず、曇で覆われているようだった。

22時頃、再び空の様子を見に外に出てみた。星空だった。
さっきの女性がいて、暗くてよく見えなかったが、三脚の上に大層なものをのせているようだった。

私も星空を撮ろうと、自分のデジカメで露出を変えてみたが、何回やってもうまくいかなかった。これは来年までの宿題にした。
部屋に戻ってすぐに寝た。


翌日、朝3:30、アラームをセットしたわけではないが、いつも通り早起きしてしまった。
特に眠たくもない為、そのまま乗鞍岳最高峰「剣ヶ峰(3026.3メートル)」を往復することにした。

真っ暗闇なのでヘッドランプを点けて山道を登っていく。すぐに息が切れた。休憩。超スローな登山になった。ご来光は5時頃だが、それまでに剣ヶ峰に辿り着けるのか?
傾斜がきつくなると、10歩進んで休憩する有様になった。
そのうち東の空が明るくなり始め、雲に隠れていたもののご来光らしきものを確認した。
今年も山頂でご来光を迎えることはできなかった。
Dsc01135a
Dsc01136a
Dsc01138a
Dsc01140a

最後の岩山を登っていく。
ようやく社の建つ剣ヶ峰頂上に到着した。
以下、動画です。
「21.m4v」をダウンロード
「22.m4v」をダウンロード


天気は快晴、雲も上がる気配はない。さすが苦労して登った後の水はうまい!山小屋の弁当もうまかった!
Dsc01141a
Dsc01142a
Dsc01143a
Dsc01144a
Dsc01145a


眺望を充分満喫した後、下山することにした。
岩がゴロゴロした斜面を下りてゆく。
10代のころは、大股で降りて行ったものだが、この年では浮石を踏んだ時のリカバリができず、慎重に降りていくしかない。ちょっとスピードを上げるとスリップして転んでしまう。そのうち膝が笑い始めた。

やっと肩の小屋に着くと、生ビール2杯を飲み干し、リンゴ味のソフトクリームを堪能した。極楽極楽。
小屋の中で着替えをして、剣ヶ峰の眺めを惜しみつつ帰途についた。

シャトルバスに乗り乗鞍岳を去り、乗鞍高原に降りると日差しが強く暑いのなんの。
高原に涼を求める人たちにとっては、うんざりだろう。
乗り継ぎのバスを待つ間、いつもここの食堂で大きなソフトクリームを食べるのだが、昨年より50円値上げして350円だった。

横浜駅に着くと、私の短い夏山体験への想いは、駅の喧騒の中にたちまち飲み込まれてしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

調理がかんたん。とうもろこし。

街中で見つけました。
簡単に調理できる袋に入ったトウモロコシ。
Dsc01150a

定価130円。

袋に入れて電子レンジで数分経てば出来上がり!
という手軽さと安さにに魅かれて2本購入。
店員さんによると賞味期限は2日との事。

では早速一本目を調理してみる事に。

できました!
Dsc01152a

食べてみると、粒々がちょっと固めかな、という感じ。
ゆでた場合に比べて水気がない。
でも固ければ指でむしり取りやすいし、
それほど気になる事でもない。

肝心の味の方は、もともとそういう品種なのか、
とにかく甘くておいしかったです。

ただし、2本目が問題でした。
2本目は買った日の2日後に食べたのですが、
ところどころ酸っぱくなっていて、
完食できませんでした。
店員さんの言う通りでした。
なるべく早く食べたほうが無難です。

Dsc01153a

袋は再利用できるので、今度はサツマイモに
チャレンジします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »