« 2012年10月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年に観た映画ランキング

1.レ・ミゼラブル(2012)
2.メランコリア
3.灼熱の魂
3.アルゴ
5.アーティスト
5.ミッドナイト・イン・パリ
5.プロメテウス(IMAX3D)
8.宇宙人ポール
8.ドラゴン・タトゥーの女
8.アシュラ
8.ダークナイト・ライジング
8.私が生きる肌
13.戦火の馬
13.ディクテーター 身元不明でニューヨーク
15.ヒューゴの不思議な発明(3D)
16.ものすごくうるさくて、ありえないほど近い
16.鍵泥棒のメソッド
16.桐島、部活やめるってよ
19.別離(2011)
19.マーガレット・サッチャー/鉄の女の涙
19.バトルシップ(2012)
19.のぼうの城
19.007 スカイフォール
19.アベンジャーズ(2012)(3D)
19.ヘルタースケルター
19.悪の教典
19.マンク 破戒僧
19.黄金を抱いて翔べ
29.ジョン・カーター(3D)
29.ネイビー・シールズ(2012)
29.スーパー・チューズデー〜正義を売った日〜
29.ALWAYS 三丁目の夕日’64(3D)
29.アイアン・スカイ
29.バイオハザードⅤ リトリビューション(3D)
29.遊星からの物体X ファーストコンタクト
29.スターシップ・トゥルーパーズ インベイジョン
29.ホビット 思いがけない冒険(3D・吹替)
29.ロックアウト
29.エクスペンダブルズ2
40.テイク・シェルター
40.宇宙兄弟
42.永遠の僕たち
42.わが母の記
44.サラの鍵
45.50/50

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ツィタデレ・クルスクの決戦(北部戦線)練習ソロプレイ~その1

シックスアングルスのツィタデレ・クルスクの決戦(Zitadelle Duel for Kursk,5-13 july 1943)の北部戦線をソロプレイしました。
正直な所未熟なプレイで申し訳ありませんが、関心があればご覧下さい。

テーマ:独ソ戦の北部戦線。1943年7月5日~13日に行なわれたソ連軍に対する枢軸軍の夏季攻勢。
規模:1ユニット=旅団、連隊、大隊。1ヘクス=3.2キロ。1ターン=1日。
特徴的なルール:対戦車戦闘はファイヤーパワー方式でメイアタック、対歩兵戦闘は戦闘比方式でマストアタック。補給、補充ルールはなし。軍、軍団毎の継戦モラル値。

クルスク戦のゲームは、SPI/シックスアングルスのクルスク大戦車戦(EricGoldberg's KURSK)が有名で、私も良く出来たゲームだと思っています。しかしこのゲームで勝利条件を満たそうと思えば、実際に史実で起きた出来事とは全く違った展開になってしまいます。史実の出来事をできるだけ味わいたければ、ツィタデレ・クルスクの決戦のように史実の戦闘区域のみのゲームにしなければなりません。これが私がこのゲームをプレイしたかった理由です。

ネット等でこのゲームの北部戦線のゲーム展開について、ソ連軍不利との印象を持ちました。そこで以下の選択ルールの採用及び私が勝手に作ったルール※にてソ連軍を少しでも有利にしてプレイしました。
13.2 退却とスタック制限
13.7 最低移動の限定的導入
13.8 継戦モラル値の限定的回復
※ソ連軍第13軍は、継戦モラル値が1減るために2ユニットの除去を必要とする。第13軍はソ連軍の大部分を占め、他の軍に比べて除去されやすいのにも係わらず、他の軍同様1ユニット除去につきモラル1減少になっている。不公平だと思われた為2ユニットの除去につきモラル1減少とした。

初期配置
Dsc00111a

1ターン(7/5)
独軍:
ハインケル111による赤軍第13軍に対する水平爆撃は全て失敗。
戦車戦。第46装甲軍団戦区、陣地に籠る赤軍第250狙撃兵師団の対戦車射撃により、貴重な3号突撃砲大隊除去、出鼻を挫かれた。第41装甲軍団戦区でも、赤軍第307狙撃兵師団の対戦車射撃により、3号突撃砲1個大隊除去、赤軍第15狙撃兵師団によりブルムベア1個大隊除去。第23歩兵軍団の装甲部隊は損害なし。第46、第41装甲軍団の継戦モラル値低下。
強襲攻撃。第46装甲軍団戦区、第7,258歩兵師団により赤軍陣地二ヶ所占領、ただしマントイフェル戦隊は赤軍第250狙撃兵師団の1個連隊に阻まれて退却。第47装甲軍団戦区、第20装甲擲弾兵師団の1個装甲擲弾兵連隊+3号突撃砲大隊は赤軍3個連隊を相手に善戦したが、赤軍2個連隊は士気チェックをぎりぎり凌ぎ切り占領ならず、ティーガー大隊の攻撃も士気チェックでかわされて結局赤軍陣地を1個も占領できず。第41装甲軍団戦区、第292,86歩兵師団は同一師団効果で赤軍陣地2個占領。第23歩兵軍団戦区、敵地雷原啓開用無線操縦戦車ゴリアテとB-Ⅳの活躍で、実に五ヶ所の陣地を占領、赤軍2個連隊を除去し赤軍第13軍モラル低下、赤軍第148狙撃兵師団の2個連隊を完全包囲した。結局装甲大隊を集中使用した第47装甲軍団は陣地を奪えず、思いがけず左翼で大穴が開いた。
移動。次ターンに強襲攻撃する為極力赤軍ユニットに隣接。第41装甲軍団麾下の第18装甲師団は突破口を広げる為左翼へ。第47装甲軍団の増援2個装甲師団は、軍団のモラル値が下がるまで出すのをやめようか(モラル値回復の為)迷ったが、結局出す事にした。第2装甲師団は、モラル値の下がった第46装甲軍団の交替用、第9装甲師団は左翼からの突破用として。
赤軍:
戦車戦。第81狙撃兵師団が独軍3号突撃砲大隊を除去、独軍第47装甲軍団モラル低下。他は効果なし。
強襲攻撃。狙撃兵3個連隊が退却、うち2個連隊ステップロス。
移動。戦線左翼、陣地線に籠る連隊が多数あるのでそれらにはもう少し踏ん張ってもらう。戦線右翼は混乱(移動力半減)した連隊ばかりなので中々思う場所に動かせない。本当は突破してきた独軍ユニットに隣接させて次ターンに強襲を強制させたいのだが。せいぜいスタックを作って独軍突破を遅滞させるのが関の山。
現時点の独軍勝利得点-5。
Dsc00114a

2ターン(7/6)
独軍:
ハインケル111による赤軍第13軍に対する水平爆撃は1個成功。モラル値1低下。
戦車戦。赤軍第307狙撃兵師団により第20装甲師団の4号戦車連隊がステップロスした。他はぎりぎりで損害回避。
強襲攻撃。第46装甲軍団戦区、実に4個連隊+1個大隊が退却、1個連隊がステップロスするという散々な結果。第47装甲軍団戦区、退却なし、敵陣地二ヶ所占領、ただティーガー大隊の攻撃はまたも士気チェックでかわされて不発に終わった。第41装甲軍団戦区、第86歩兵師団の同一師団効果により赤軍狙撃兵連隊ステップロス、陣地を一個占領。第23歩兵軍団戦区、第78突撃師団の第238突撃連隊が赤軍第二防衛線の塹壕を一箇所占領する快挙、3号突撃砲大隊を含む2個師団相当での左翼最後の敵陣地への満を持した攻撃は、赤軍148狙撃兵師団の1個連隊を除去したが尚も1個連隊が士気チェックで踏み止まり占領できず。
移動。極力赤軍に接敵。左翼では第18装甲師団が赤軍2個連隊が籠るポヌイリ村への攻撃位置についた。また第9装甲師団も陣地線を通過中。中央では遅滞戦術をとる赤軍4個連隊に対し第86、292歩兵師団が攻撃位置につく。右翼では第2装甲師団が陣地への攻撃位置についた。
赤軍:
戦車戦。狙撃兵師団の対戦車射撃は素晴らしい結果になった。独軍第20装甲師団の4号戦車連隊を除去、強力な対戦車力を持つ独軍第2装甲師団の4号戦車連隊をステップロスに、独軍第18装甲師団の4号戦車連隊をステップロスにした。4号戦車は弱すぎる。
強襲攻撃。対戦車戦の戦果に対し、こちらは悲惨だった。第13軍の2個連隊が除去、1個連隊が退却。それでも第15狙撃兵師団の第47連隊は1対8の戦力比ながら士気チェックに成功し何とか踏み止まった。
移動。このターンは増援の1個親衛空挺師団、1個戦車軍団に加えて、後方予備の3個戦車軍団、3個親衛狙撃兵師団も移動できるので、時間がかかる。何をどこに移動させるのが一番良いか皆目見当もつかないので、第二、第三防衛線の塹壕に配置させる事にした。が、移動力が足りず思うように配置できない。
現時点の独軍勝利得点-10。
Dsc00115a

3ターン(7/7)
独軍:
ハインケル111による赤軍第13軍に対する水平爆撃は1個成功。モラル値1低下。
戦車戦。赤軍は又もや大打撃を与えた。第2装甲師団の4号戦車連隊と3号突撃砲独立大隊が除去された。
強襲攻撃。第46装甲軍団戦区は独軍の墓場になった。陣地に籠る赤軍第250狙撃兵師団を4個連隊で攻撃するが、返り討ちに遭い1個連隊ステップロス、1個連隊退却。第31歩兵師団は更にひどく、1個連隊除去、1個連隊ステップロス。マントイフェル戦隊だけはやっとの事で赤軍を退け陣地を一個占領した。第47装甲軍団戦区、第2装甲師団を中心に4個連隊で攻撃するも失敗、ティーガー大隊と3個連隊は赤軍狙撃兵連隊を除去して陣地を占領。第41装甲軍団戦区、高地上のポヌイリ村(勝利得点10)を第18装甲師団が攻撃する。3号突撃砲大隊の装甲効果もあり赤軍1個連隊を退けたが残り1個連隊は踏み止まり占領ならず。第23歩兵軍団戦区、第78突撃師団は新手の赤軍親衛空挺師団と相見えたが、3号突撃砲大隊の威力で塹壕から追い出した。マロアルハンゲリスク村(勝利得点5)への攻撃は戦力が足らず失敗。戦線左翼最後の赤軍陣地は、6個連隊の包囲攻撃で全滅、占領した。
移動。戦線右翼に残る三箇所の赤軍陣地を次ターンには必ず落とそうと展開。ティーガー大隊と第9装甲師団は右翼から迫る赤軍第16戦車軍団の2個旅団に隣接。戦線中央の第86、292歩兵師団はスノヴァ村(勝利得点5)を攻略すべく展開。ポヌイリ村は赤軍増援が村に入れないようZOCで囲む。主力は第18装甲師団。マロアルハンゲリスク村もZOCで囲み孤立させる。攻撃主力は第216歩兵師団。
赤軍:
戦車戦。独軍装甲部隊は対戦車能力を持つ赤軍ユニットに隣接するのを避けた為、独軍の損害はなかった。また赤軍T34と独軍戦車との初めての戦車戦が行われた。第16戦車軍団のT34旅団は独軍第9装甲師団の4号戦車連隊を攻撃したが効果なく、逆に独軍ティーガー大隊の攻撃を食らって除去された。
強襲攻撃。全て1対3の低比率攻撃を強いられる。第13軍所属の狙撃兵連隊2個が除去された。
移動。とりあえず地図盤中央を横切る2本の塹壕線に配置。得点ポイントスノヴァ村も何もしないで占領されるのは癪なので第75親衛狙撃兵師団を配置。戦線左翼が薄くなったのが多少心配だが後でリカバリできるだろう。

現時点の独軍勝利得点-15。
除去ユニット:
独軍、装甲大隊5個、装甲連隊2個、歩兵連隊1個。
赤軍、戦車旅団1個、狙撃兵連隊9個。
継戦モラル:
独軍、第41装甲軍団9、第23歩兵軍団8、第46、47装甲軍団6。
赤軍、第2戦車軍、第70軍7、第13軍5。
Dsc00116a

4ターン(7/8)
独軍:
ハインケル111による赤軍第13軍に対する水平爆撃は1個成功。モラル値1低下。
戦車戦。ポヌイリ村の赤軍第15狙撃兵師団の1個連隊が第18装甲師団の4号戦車連隊を射撃したが効果なし。
強襲攻撃。第46装甲軍団戦区、第258歩兵師団3個連隊による赤軍第250狙撃兵師団に対する攻撃は失敗して退却。第7歩兵師団とマントイフェル戦隊による赤軍第280狙撃兵師団に対する攻撃は1個連隊を退却させるも尚も1個連隊が陣地に踏み止まって占領できず。第47装甲軍団戦区、第6歩兵師団と第2装甲、第20装甲擲弾兵師団残余による赤軍第132狙撃兵師団1個連隊への攻撃は、敵連隊が士気チェックに成功し尚も陣地に踏み止まった。結局陣地ヘクスを一つも奪えなかった。第41装甲軍団戦区、第18装甲師団を主力にしたポヌイリ村への攻撃は、赤軍第15狙撃兵師団を村から追い出し占領に成功、10点獲得。第86歩兵師団の1個連隊は赤軍第70親衛狙撃兵師団2個連隊への攻撃を強いられ全滅。別の1個連隊は赤軍第307狙撃兵師団への攻撃を強いられステップロス。第86歩兵師団はたちまち戦力の半分を失った。スノヴァ村への第292歩兵師団の攻撃も失敗して退却。第23歩兵軍団戦区、第216歩兵師団3個連隊による赤軍第8狙撃兵師団への包囲攻撃は成功し、赤軍は全滅、マロアルハンゲリスク村を占領して5点獲得。第78突撃師団ら2個連隊の攻撃により赤軍第74狙撃兵師団の1個連隊が全滅。
移動。赤軍の塹壕線は強力でうかつに隣接できない。無駄な損害を出したくないのでポヌイリ村とスノヴァ村周辺と戦線右翼の敵陣地、そして赤軍第16戦車軍団のみに隣接させた。マロアルハンゲリスク村占領を達成した第23歩兵軍団は、一部ポヌイリ村方面に移動。増援の第4装甲師団はスノヴァ村あるいはテプロエ村、モロトィチ村攻略に向かった。
赤軍:
独軍ユンカース87の急降下爆撃。第16戦車軍団が受けたが損害なし。
戦車戦。第16戦車軍団が独軍第9装甲師団の4号戦車連隊を攻撃したが効果なし、逆に4号戦車連隊と独軍ティーガー大隊の射撃を受けるが効果なし。第70親衛狙撃兵師団ら4個連隊が独軍第23歩兵軍団の3号突撃砲を射撃するが効果なし。
強襲攻撃。第16戦車軍団が独軍第9装甲師団への攻撃を強いられステップロス。スノヴァ村の第75親衛狙撃兵師団は独軍第292歩兵師団への攻撃を強いられるが、1対3の戦闘比で独軍2個連隊をステップロスさせる大殊勲。
移動。第16戦車軍団の1個旅団を下げた以外は大きな動きなし。

現時点の独軍勝利得点-4。
除去ユニット:
独軍、装甲大隊5個、装甲連隊2個、歩兵連隊2個。
赤軍、戦車旅団1個、狙撃兵連隊12個。
継戦モラル:
独軍、第41、第47装甲、第23歩兵軍団8、第46装甲軍団6。
赤軍、第2戦車軍、第70軍7、第13軍3。
Dsc00117a

5ターン(7/9)
独軍:
ハインケル111による赤軍第13軍に対する水平爆撃は1個成功。モラル値1低下。
戦車戦。双方損害を与える事ができず。特に第23歩兵軍団の3号突撃砲大隊は赤軍5個ユニットから射撃を浴びたが耐え抜いた。
強襲攻撃。戦線右翼、赤軍第70軍が籠る陣地3つの内2個を占領。ようやくテプロエ、モロトィチ攻略に本腰を入れられそうだ。第41装甲軍団戦区では、第18装甲師団がポヌイリに隣接する赤軍第70親衛狙撃兵師団を退却させた。
移動。第23歩兵軍団、第41装甲軍団はポヌイリ村周辺確保とスノヴァ村の占領の為、第46、第47装甲軍団はテプロエ村、モロトィチ村、ヴェルフネ・リュバジ村の占領を目指して移動。
赤軍:
独軍ユンカース87の急降下爆撃。左翼第19戦車軍団のT34旅団が除去された。
戦車戦。左翼第16戦車軍団のT34旅団が独軍第4装甲師団の4号戦車連隊を1ステップロス。その他は赤軍の戦果なし。左翼独軍ティーガー大隊が第16戦車軍団のT34旅団を除去。その他戦果なし。
強襲攻撃。左翼の第280狙撃兵師団が退却を強いられ、中央ではスノヴァ村の第75親衛狙撃兵師団2個連隊のうち1個が退却を強いられ、右翼では第15狙撃兵師団がステップロスさせられた。
移動。スノヴァ村に増援1個狙撃兵連隊を送り込み徹底抗戦の構え、防衛すべき勝利得点ポイントの多い左翼へ第3戦車軍団を移動開始。

現時点の独軍勝利得点-6。
除去ユニット:
独軍、装甲大隊5個、装甲連隊2個、歩兵連隊2個。
赤軍、戦車旅団3個、狙撃兵連隊13個。
継戦モラル:
独軍、第41、第47装甲、第23歩兵軍団8、第46装甲軍団6。
赤軍、第2戦車軍5、第70軍6、第13軍3。
Dsc00118a

6ターン(7/10)
独軍:
ハインケル111による赤軍第70軍に対する水平爆撃は全て失敗。
戦車戦。双方損害なしに終わった。
強襲攻撃。戦線右翼。赤軍第250狙撃兵師団が守る最後の陣地への攻撃は、またも失敗に終わった。第2装甲師団、マントイフェル戦隊も赤軍第2線の塹壕線を奪えなかった。しかし第9装甲師団とティーガー大隊の攻撃は上手くいった。塹壕線を2ヶ所占領した。とりわけ第4装甲師団は、小川と塹壕線に守られ占領は無理と思われていたサモドゥロフカ村の赤軍第81狙撃兵師団の1個連隊を退却させ、見事占領した。戦線左翼。第216歩兵師団は勝利得点ポイント・スノヴァ村を占領した。第18装甲師団と3号突撃砲大隊も塹壕線第2線、第3線を占領した。今や継戦モラルが3にまで下がった赤軍第13軍は、損害チェックに持ち込めば必ずと言っていい程退却させる事ができた。
移動。最左翼を除き、全戦線に渡って赤軍に隣接した。目標はスノヴァ村に隣接する赤軍の除去と、テプロエ村、モロトィチ村の占領。
赤軍:
独軍ユンカース87の急降下爆撃。テプロエ村の第19戦車軍団のT34旅団が除去された。
戦車戦。赤軍の戦果なし。独軍第20装甲擲弾兵師団の射撃によりモロトィチ村の第16戦車軍団のT34旅団が除去された。またついに戦場に姿を現した独軍フェルディナント大隊により第9戦車軍団のT34旅団が除去された。悪夢のような結果だった。
強襲攻撃。隣接する独軍は全てスタックで戦力を集中しており、攻撃できる場所はなかった。
移動。T34旅団を除去されて空になったテプロエ村、モロトィチ村の塹壕線に兵力を集めようとするがままならず、各1個連隊を配備できたのみ。次ターンに占領される可能性が高い。弱体化した左翼に戦力を集める為、第280狙撃兵師団を第二線塹壕線から第三線塹壕線に下げた。また右翼の第3戦車旅団を左翼に移動させているが、中々辿り着く事ができない。

現時点の独軍勝利得点-1。
除去ユニット:
独軍、装甲大隊5個、装甲連隊2個、歩兵連隊2個。
赤軍、戦車旅団6個、狙撃兵連隊13個。
継戦モラル:
独軍、第41装甲軍団10、第47装甲、第23歩兵軍団8、第46装甲軍団6。
赤軍、第2戦車軍2、第70軍6、第13軍3。
Dsc00119a

7ターン(7/11)
独軍:
ハインケル111による赤軍第70軍に対する水平爆撃は全て失敗。
戦車戦。双方戦果なし。
強襲攻撃。右翼。第258歩兵師団は最後の陣地に籠る赤軍第250狙撃兵師団を攻撃、相互損害に持ち込みついに除去、陣地を占領した。勝利得点ポイント・モロトィチ村への攻撃は、第9装甲師団自動車化連隊が撃退されたものの、ティーガー大隊は単身村に乗り込み占領、5点獲得。勝利得点ポイント・テプロエ村への第4装甲師団の攻撃は、4号戦車連隊が撃退され失敗。サボロフカ村から攻撃に出た第383歩兵師団は赤軍第6親衛狙撃兵師団を退け第二線塹壕線を占領。左翼。第18装甲師団の渡河攻撃は赤軍第75親衛狙撃兵師団を退け第二線塹壕線を占領。第18装甲師団+3号突撃砲大隊の攻撃は赤軍第70親衛狙撃兵師団を退け第三線塹壕線を占領。第78突撃師団+3号突撃砲大隊の攻撃は赤軍第9戦車軍団に阻まれ失敗。
移動。右翼はテプロエ村、ヴェルフネ・リュバジ村の占領を目指して移動。左翼は予想外に進撃できたので勝利得点ポイント・スモロドノエ村の占領を目指す。増援の第10装甲擲弾兵師団は左翼に、第12装甲師団は右翼に振り分けた。
赤軍:
独軍ユンカース87の急降下爆撃。損害なし。
戦車戦。赤軍第280狙撃兵師団が独軍第9装甲師団の4号戦車連隊をステップロスさせた。その他双方戦果なし。
強襲攻撃。右翼で2個親衛狙撃兵連隊が攻撃を強いられたが共に損害なしで退却。
移動。右翼から左翼に向かおうとしている第3戦車軍団は移動力の低下でほとんど進めない。右翼では第4線の塹壕線に入る部隊が増えた。勝利得点ポイント・スモロドノエ村も脅かされつつある。左翼ではテプロエ村の保持はほとんど無理な状態。ヴェルフネ・リュバジ村は何とか守れそうである。

現時点の独軍勝利得点3。
除去ユニット:
独軍、装甲大隊5個、装甲連隊2個、歩兵連隊2個。
赤軍、戦車旅団6個、狙撃兵連隊15個。
継戦モラル:
独軍、第41装甲軍団10、第47装甲、第23歩兵軍団8、第46装甲軍団6。
赤軍、第2戦車軍2、第70軍4、第13軍3。
Dsc00121a

8ターン(7/12)
独軍:
ハインケル111による赤軍第70軍に対する水平爆撃は全て失敗。
戦車戦。双方損害なし。
強襲攻撃。右翼。第7歩兵師団、マントイフェル戦隊、第9装甲師団、第20装甲擲弾兵師団、ティーガー大隊らによる攻撃で第3線塹壕線の赤軍第70軍は全滅した。思いがけない大戦果でヴェルフネ・リュバジ村を占領できそうだ。第4装甲師団はテプロエ村を占領、勝利得点5獲得。左翼。第216歩兵師団らの攻撃で第2,3塹壕線の赤軍を後退させ、スモロドノエ村に近付きつつある。第78突撃師団は第3線塹壕線の第9戦車軍団への攻撃が失敗、損害を受けた。
移動。右翼。ティーガー大隊と第9装甲師団がヴェルフネ・リュバジ村に隣接。左翼。第18装甲師団がスモロドノエ村に隣接。その他も最大限前進した。隣接した赤軍ユニットは塹壕にいないものが多いので、次ターンに損害を強いる事ができるだろう。
赤軍:
独軍ユンカース87の急降下爆撃。損害なし。
戦車戦。第9、第4装甲師団の4号戦車連隊を除去するのに成功、久しぶりの朗報。その他は双方戦果なし。独軍戦線後方の第19戦車軍団のT34旅団はしぶとく生き残った。第9戦車軍団のT34旅団は、独軍がフェルディナント2個大隊をもってしても除去されず生き残った。
強襲攻撃。攻撃を強いられた左翼は全て退却になった。
移動。左翼は勝利得点ポイント・ファテジュ村を守るように移動。右翼は第4線塹壕線に後退中。ただしスモロドノエ村はできるだけ守る構え。

現時点の独軍勝利得点-1。
除去ユニット:
独軍、装甲大隊5個、装甲連隊4個、歩兵連隊2個。
赤軍、戦車旅団6個、自動車化狙撃兵連隊1個、狙撃兵連隊21個。
継戦モラル:
独軍、第41装甲軍団10、第23歩兵軍団8、第47装甲、第46装甲軍団6。
赤軍、第2戦車軍、第70軍1、第13軍3。
Dsc00122a

最終ターン(7/13)
独軍:
ハインケル111による赤軍第13軍に対する水平爆撃が成功。
戦車戦。第18装甲師団の4号戦車連隊が1ステップロス。その他双方損害なし。
強襲攻撃。右翼なし。左翼。第18装甲師団の4号戦車連隊と第86歩兵師団がスモロドノエ村から赤軍第75狙撃兵師団を追い出し占領。10点獲得。第10装甲擲弾兵師団は第4線塹壕線を占領したものの、赤軍第9戦車軍団によって1個連隊ステップロス。
移動。出来る限り前進、接敵。ヴェルフネ・リュバジ村を占領。10点獲得。
赤軍:
戦車戦。独軍戦線後方で包囲されていた第19戦車軍団のT34旅団がついに除去された。独軍ティーガー大隊、フェルディナント大隊共不発。
強襲攻撃。塹壕線以外のユニットは退却。
移動。第4線塹壕線への撤退。

現時点の独軍勝利得点23。
除去ユニット:
独軍、装甲大隊5個、装甲連隊4個、歩兵連隊2個。
赤軍、戦車旅団7個、自動車化狙撃兵連隊1個、狙撃兵連隊22個。
継戦モラル:
独軍、第41装甲軍団10、第23歩兵軍団8、第47装甲、第46装甲軍団6。
赤軍、第2戦車軍、第70軍1、第13軍2。
Dsc00123a

結果は史実と比べて、独軍大勝利と言える内容だった。史実では独軍は早くも7/10にはオリホヴァトカ村前面でソ連軍戦線を突破する能力を失っていたらしい。そうならなかったのは、私のソ連軍の守り方が下手なのか、そもそもそういうゲームシステムなのか。

ゲーム内容は、失礼ながら最初思っていたよりも楽しめた。普段1ユニット=師団のゲームばかりプレイしているせいか、より戦術色の濃いプレイは熱くなるものがあった(ただ4号戦車は前線に出すのが怖くなるほど脆い。こんなに弱かったのか)。

当初ユニット数の少なさから、何度も楽しめるミニゲームかと思ったが、射撃や損害チェックをユニット毎に行うので予想したよりもかなりプレイする時間がかかった。
陣地戦という性格上、ゲーム展開は単調になりがちになるのは仕方がない。
あと、低比率での強襲攻撃を強いるゲームシステムにはかなり違和感を覚えた。やりたくもない攻撃をやらされるのは白けてしまう。やはり選択ルール13.6は採用必須か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

早いクリスマス

Dsc00120a

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2013年1月 »