« 2012年7月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年8月

第38回金沢祭り花火大会

本日行われた金沢祭り花火大会を見てきました。
夏の終わりを惜しみつつこの花火大会を楽しむのはもちろんの事、今回は買ったばかりのサイバーショットRX100で試し撮りするのが目的。
花火モードで撮ったのですが・・・
Dsc00022a
・・・
Dsc00028a
・・・
Dsc00034a 
・・・
手振れがひどくてうまく撮れませんでした。
今まで使っていたクールピクス990は本体が大きいので固定しやすかったのですが、来年はRX100を固定する策を考えねば。
肝心の花火の方は、カメラのモニタをずっと見ていたので十分には楽しめませんでした・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手軽に3000m峰が楽しめる、乗鞍岳登山

長野県と岐阜県の県境にある北アルプス乗鞍岳(3026m)に行って来ました。

バス停から徒歩1時間半で3000mの頂に立てるという、時間がない、歩くのは面倒だ、けど非日常を味わいたい人にはうってつけの場所です。
2002年夏に乗鞍岳から千町尾根を岐阜県側に下って以来の、ちょうど10年ぶりの再訪。
10年前とはすっかり体型も変わり、メタボ予備軍となった今では本格的な登山は自殺行為と思い、今回は以下の日程にしました。

1日目:自宅(横浜)~乗鞍岳肩の小屋泊(歩行時間30分)
2日目:肩の小屋~乗鞍岳頂上~肩の小屋~自宅(歩行時間2時間30分)

1日目:
しっかり早く起きて準備したのに、いつの間にかうたた寝して予定の出発時刻を15分遅れて家を出た。
電車・バスの本数が少ない為、たったの15分の遅れが肩の小屋に着くころには1時間半の遅れになってしまった。
バス停のある畳平付近のお花畑。
Dscn7403a
お花畑付近を肩の小屋目指して歩き始める。
Dscn7405a
肩の小屋着。赤い建物は東大宇宙線観測所。
Dscn7408a
小屋のスタッフはみんな明るくて愛想が良い。
食事内容も大満足、ご飯はふっくらとはいかないが高所での炊飯では仕方がない。
10年前にここで食べた食事はおいしかったという記憶がない。
それで心配していたが杞憂に終わった。
Ts3n0005a
山で飲むビールはうまい。
隣席の初老の男性と2時間山の話をした。この10年、山から少し離れてしまったが話をするのは楽しかった。
風呂にも入れて良い気分だった。
星空が見たくて外で夜空を見上げたが、曇り空でよく見えなかった。
消灯は21時、熱帯夜とは無縁の標高2700m、たちまち眠りについた。

2日目:
山頂でご来光を見る為4時前に起きる。部屋から夜空を見上げたら満天の星、すばらしい眺めだ。
真っ暗闇の中をヘッドランプの明かりを頼りに山頂への道を探す。道を見つけると明かりに照らし出された地面を見ながらひたすら坂道を登るが、息が切れてすぐに立ち止まってしまう。
東側の雲海の上には日の出前のオレンジ色の帯が輝いている。やがてヘッドランプの明かりなしでも歩けるようになった。
Ts3n0007a
山頂の一つ前の頂に立つ頃、雲海から太陽が見え始めた。山頂からは見る事ができなかった。
Dscn7412a

Dscn7413a

Dscn7415a
しばらくして乗鞍岳剣ヶ峰の頂上に着いた。
まずは乗鞍神社に拝礼。
本宮神社奥宮は閉まっていた。
Dscn7433a
西からの風が強く、長袖シャツと雨具を着ていても寒い。
何でこんな所まで昇って来るのか、アブがたかって来てとても鬱陶しい。
南側では御嶽山が近くに見える。
Dscn7417a
西側には乗鞍岳の山影が雲海にくっきりと映っていた。
Dscn7419a
頂上西側の麓にある権現池。
Dscn7431a
北側には槍・穂高連峰と焼岳。
Dscn7428a
南側には雲海が押し寄せている。
Dscn7424a
東側では太陽がたちまち上昇していった。
Dscn7425a
まさに別世界。
Dscn7430a
7:30になり本宮神社奥宮が開いた。
拝礼する。
Dscn7435a
かれこれ2時間も頂上にいた。
そろそろ下山する事にした。
Dscn7421a
来た道を引き返す。
Dscn7437a
帰路、バスで下っていく道がよく見えた。
Dscn7438a
気温が上がるにつれ、下にいた雲がちぎれて上昇していく。
Dscn7439a
これから登る人がたくさん見られるようになった。
地面はザレの斜面、油断するとスリップする。
Dscn7440a
肩の小屋が間近に見える。
Dscn7446a
小屋に着くと部屋に置いていたザックを背負ってチェックアウトする。
小屋のスタッフは相変わらず愛想がよく、単独行者には嬉しい限り。
小屋を出て乗鞍岳剣ヶ峰を見上げる。短時間だが頂上ではすばらしい景観を見させてもらった。
Dscn7448a
畳平への道の途中には、半分萎れていたがコマクサが見られた。
Dscn7450a
これはイワギキョウだろうか。
Dscn7452a
ミヤマアキノキリンソウだと思われる。
Dscn7453a
畳平近くのお花畑に着いた。
Dscn7458a
ウサギギクと思われる。
Dscn7460a
11:05にバスで畳平を出発、周辺はガスに覆われ始めていた。
乗鞍高原まで下ると再び暑くなった。
20時頃には自宅に着いた。

2013
2014

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年10月 »