« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

シルクロード河西回廊・寧夏旅行~その13(山丹の漢代長城)

張掖を出て武威に向かう途中。
北方には龙首山の山並みが続いている。
101a
9:04、気がつくとそれまでの畑は途絶えゴビが広がっている。
102a
烽火台らしきものも見える。
9:17、南側はるか彼方の線路沿いに長城が続いているのが見えた。
9:25、山丹県に入る。遠くにセメント工場が立ち並ぶ。中国軍の軍馬の産地でもある。
9:30、高速道路の脇に赤い袋がいくつもぶらさがっている。地元の農民がしいたけを売っているとの事。
万里の長城がかなり近くに見えてきた。

9:49、山丹長城に着いた。写真ストップ。
P600a
長城が高速道路をななめに横切り切断されている。
P610a
漢代長城の上に明代長城が作られたとの事。
近くに掘っ立て小屋のような博物館が見えた。

昨夜読んだ東方見聞録に書かれた「精霊のささやく声」について何か手がかりがないか探したが何もない。
東方見聞録の「ロプ市」の章では、旅人を惑わす砂漠の精霊の話が出てくるが、それと同じだろうか?
ただ張掖から武威の間は比較的集落が多い地域だと思うので、砂漠の精霊も出番が少ないと思うのだが。

この地をもって、今まで高速道路の南側に続いていた長城が、北側に続くようになる。
P620a

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シルクロード河西回廊・寧夏旅行~その12(張掖・鎮遠楼)

四日目:
今日も夜中から早朝にかけて2時、4時と目が覚めてしまった。最終的に6:38に起きた。
7:50、朝食を食べに三号楼に行く。
098dscn6423a
主にお粥を食べる。8:10には食べ終わった。

8:32、出発。
今日は張掖を出て、武威に向かう途中で山丹の漢代長城を観光し、武威では羅什寺、西夏博物館、文廟、雷台を観光し、長い道のりを辿って寧夏回族自治区の銀川に到着して宿泊する。
途中、鎮遠楼(鐘鼓楼)が見えた。
099a
創建は1507年(明の正徳2年)、1668年(清の康煕7年)に修築された。
楼台の高さ9メートル、一辺32メートル、楼台の上に三層の楼閣があり全体の高さは28メートル。
一層目の東南角に唐代の銅鐘がある。重さ60キロ、高さ1.3メートル、神獣の図案がある。
鎮遠楼は張掖のシンボルだが、明代の創建なのでポーロ一行は見ていない。その為観光から外した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シルクロード河西回廊・寧夏旅行~その11(張掖・大仏寺)

木塔の観光を終え、いよいよ念願の大仏寺を観光する。画像はその山門。
086a
寺の規模が大きく、仏像も仏殿も大きいため、大仏寺と呼ばれている。

大仏寺は1098年(西夏の崇宗の時代、永安元年)に創建され、5年の歳月をかけ完成した。その時の名を迦葉如来寺と言った。
位の高い国師が一日座禅をしていた所、何かの物音がしたので、三、四尺掘ってみたら碧玉の臥仏一体が出てきた。そこで仏殿を建てたとの事。
その後1103年に臥仏寺、1419年に弘仁寺、1427年に宝覚寺、1678年に宏仁寺の名を時の帝室より賜った。
西夏の皇太后はよくこの寺に来て拝謁、居住したという。
言い伝えによると元の世祖フビライの母后がここに居住し、フビライはここで生まれたという。
明、清の時代には寺の拡張が行われた。
16世紀には境内で四、五千人が同時に拝観できたという。
1966年、大仏寺の中で石碑、銅の仏陀、青銅製の鏡、お経などの貴重な文化財が発見された。
1996年、全国重要文化保護財になった。
2006年、この古刹の歴史的景観を再現し当地の旅行産業の発展を促すため、回復建設管理委員会が発足した。完成予定図を見るとお堂などの他、池や30メートルの仏陀立像が作られるようだ。

ここで有名なのは巨大な涅槃仏とそれを納める大きな臥仏殿、金泥で書かれた大般若波羅蜜多経典、大方広仏華厳経典など。入場料41元。

山門を抜けて西から東に歩いていく。
牌楼があり、両脇に鼓楼と鐘楼がある。
その先には大きな臥仏殿(大仏殿)がある。
087a
高さ20.2メートル(24メートルと書かれているものあり)、幅45.3メートル、奥行20.6メートル、面積は933.18平方メートル。

中に入ると巨大な涅槃仏が横たわっている。
097p100a
高さ1.2メートルの仏壇の上にあり、全長34.5メートル、肩幅7.5メートル、耳の大きさ4メートル、足の大きさ5.2メートル。
木を骨格にして粘土で造られた塑像である。
頭と脚の前には大梵天と帝釈天の立像があり、涅槃仏の後ろには嘆き悲しむ十大弟子の立像、画像にはないが頭と脚の方向には十八羅漢の群像がある。

また殿内には西遊記、封神演義の話を描いた壁画がある。
マルコ・ポーロが見たというこの涅槃仏を、私は入館時間が過ぎるまでずっと眺めていた。
若い係員は私が見終わるまで仏殿を閉めるのを待っていてくれた。

脚元から頭の方向を眺めたところ。
097dscn6924a
左下に人間がいるのでこの涅槃仏の大きさがわかると思います。

マルコ・ポーロは

「偶像の中には実際に十ペースにも及ぶ巨大なものがあり、その素材も木あり粘土あり岩石ありといった多様さであるが、一様に塗金されて細工もなかなかすぐれている。
巨像は多く横臥の姿勢をとり、その周囲にはうやうやしくこれにかしずいている多数の小像が取り巻いている。」

と書いている。
「完訳・東方見聞録(平凡社・愛宕松男訳注)」での注釈によると1ペースは約1.52メートルであると書かれているので、マルコ・ポーロが見た「巨像」は、大きなものでも15メートル程度ということになる。
大仏寺の涅槃仏は34.5メートルであるから、倍ほども大きさが違う。
本当にマルコ・ポーロは目の前のこの涅槃仏を見たのだろうかと疑念がわく。

Cさんに聞くと、この涅槃仏は西夏時代に造られたものではないという。
西夏時代に造られた涅槃仏はもっと小さかったと。
では、今の涅槃仏はいつ造られたものなのか?
Cさんに聞き忘れてしまったが、マルコ・ポーロが見たのは西夏時代に造られた小さな涅槃仏、あるいは今はない他の寺の涅槃仏で、目の前の涅槃仏はポーロ一行がこの町を訪れた後に造られたのではないかという認識が私の中では濃厚になった。

ではこの寺でマルコ・ポーロが確実に見たものは何なのか?
それは涅槃仏を納めたこの臥仏殿らしい。
088a
Cさんによればこの臥仏殿は西夏時代に造られたものだとの事。
という事で、私は臥仏殿の外側正面の木彫壁画を見て回ることにした。
しかし雨風にさらされた壁画は何が描かれているのか良くわからなくなっている。
これは仏様と敬う人々が描かれたように見えるが。
本によると西方聖境(現世を離れ、西方の彼方にある仏の国)図だという。
089a
これは良くわからない。大きな鳥(鳳凰?)のように見える。
094ba
臥仏殿の入口。これは全くわからない。動物だろうか?
095a
これも大きな鳥のように見える。
096a
これも仏様だとわかる。
097a
臥仏殿の後ろに回る。西側から見たところ。
091a

臥仏殿の西には大成殿(万聖殿、仏教芸術陳列館)がある。
090a
この中だったかどうか忘れたが、臥仏が造られる過程を段階に分けて模型で展示していた。中国語の説明でよくわからないものが多い中、わかりやすくて印象に残っている。

大成殿の西側に蔵経殿(仏教経典陳列館、画像右側)がある。
092a
この中だったかどうか忘れたが、お経を組版印刷している情景を人形で展示していた。

その西側には阿弥陀千仏塔がある。
阿弥陀千仏塔(俗称土塔)。
093a
チベット仏教様式の塔で高さ33.37メートル。
塔基、塔身、相轮の3部分からなる。明代に建てられた。

18:30、大仏寺の観光を終え、土産物屋で大仏寺の案内書と涅槃仏のポスター、張掖の観光地のポストカードを買った。
今回の旅行は塔の観光が多い。記念に塔の模型がないか探したがなかった。

大仏寺の近くにある張掖賓館にチェックインする。
098a
風呂の利用は7:00~9:00と16:00~24:00との事。朝食は7:30~9:00。

洗面所と風呂。
098dscn6420a
客室。
098dscn6421a

19:30、夕食を食べに行く。
張掖操子面の他、ニラと卵入りシュウマイ、揚げ豆腐の炒め物など4品。
098dscn6422a

ホテルに戻り、東方見聞録の次の記述を読んでみた。

「カンプチュー市(張掖)をたって五日間の行程を続ける。
この途上は精霊のささやく声が、特に夜間になるとよく聞こえてくる地域である。
東方に向かってのこの騎行五日の後、エルギヌールという王国に達する・・・。」

張掖から武威に向かう途上、特に夜間には精霊のささやきが聞こえるという。
耳をすませて外の物音を聞いてみたが、カラオケで歌う声しか聞こえなかった。
洗濯をして寝た。
今日は大仏寺を見られて良かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シルクロード河西回廊・寧夏旅行~その10(張掖・概要と万寿寺木塔)

16:24、張掖市街に到着。
078a
張掖は土地の肥沃さから「金の張掖」と言われる。街も酒泉に比べてひときわにぎやかに思える。
Cさんによると張掖は農業が盛んで小麦、とうもろこしの他、甘粛省では唯一米が採れるそうだ。農業用水は黒水河から、飲料水は地下水を利用している。

歴史については酒泉の記事で書いた内容と同じと思われるのでここは割愛します。

東方見聞録にはこのように書かれている。
「カンプチュー(甘州)もタングート大州内の都市であるが、大州の首府であり統治の中心であるだけに、規模も大きく非常に立派な町である。
住民は偶像教のほかに若干のイスラーム教徒・キリスト教徒を含んでおり、キリスト教徒は城内にりっぱな教会堂三所を持っている。
偶像教の寺院・僧院も数多く、そこには例のごとく無数の偶像が安置されている。
これら偶像の中には実際に十ペースにも及ぶ巨大なものがあり、その素材も木あり粘土あり岩石ありといった多様さであるが、一様に塗金されて細工もなかなかすぐれている。
巨像は多く横臥の姿勢をとり、その周囲にはうやうやしくこれにかしずいている多数の小像が取り巻いている。
・・・なおここに付記しておきたいのは、ニコロ、マテオ、マルコの三氏が途上このカンプチュー市にまる一年間逗留してある用件に従事したことであるが、その委細はここに書く必要もないから省略する・・・」
張掖はかつて甘州と言われ、甘粛省の甘は張掖を表している。
タングート大州は元朝の行政区画で甘粛行省を表しているが、モンゴルに滅ぼされたタングート族の国、西夏の旧領を示している。

大きな広場ではバスケットボールの試合を行っていた。
084a
まずは広場に面した万寿寺木塔を観光する。
085a
6世紀の隋代(北周と書かれているものあり)に創建され、現在の塔は1925年に再建された。
九階建て(高さ32.8メートル)で上から見ると八角形をしており、七階まではレンガ造り、八階と九階は木造になっている。
ポーロ一行がこの町に来た時と同じ姿形なのかはわからない。
下から見上げてみる。
083a
一階には仏像が安置されている。旅の安全祈願をした。
079a_2 
上へ昇れるが、このように梯子のような急な階段をいくつも昇らなくてはならない。
082a
運動不足の体にはきつい。また内装は近代化されていてちょっとがっかり。
見下ろすとこんな感じ。
081a
九階に上がったが転落防止用と思われる網目状のハリガネが全面にはりめぐらされており、見晴らしはいま一つ。
画像は網目の隙間から見た広場。
080a
こちらはこれから観光する大仏寺を見たところ。
082dscn6419a

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »