« シルクロード河西回廊・寧夏旅行~その6(酒泉・鐘鼓楼) | トップページ | バルジ大作戦(SPI/HJ)のソロプレイ記録 »

シルクロード河西回廊・寧夏旅行~その7(酒泉・夜光杯廠)

9:56、酒泉夜光杯廠に到着。
067a
夜光杯は酒の杯で、酒泉の代表的な工芸品。値段が手ごろなものがあるので、みやげとして買いやすい。

夜光杯の原料になる酒泉の近くの祁連山脈から採れた黒玉、緑玉。
068a
それを光が透き通るまで薄く削って杯の形にする。
069a
実際に削っているところ。
070a

071a

なぜ酒泉の杯が夜光杯と呼ばれるようになったのか、書籍を見るとこのように書かれている。
大昔に酒泉には酒を出す泉があった。
酒の匂いをかぎつけた二人の仙人が地上に降り、近くの石を杯に変え酒を味わったという。
そのうちの一人が杯の中の酒が月光にきらめくのを見て、この杯の事を夜光杯と呼んだ。
それをたまたま牧童が聞きつけて人々に話したことから、酒泉の杯は夜光杯と呼ばれるようになったという。

また8世紀の詩人王翰は、その詩の中で夜光杯を登場させている。

葡萄美酒夜光杯(夜光杯でうまい葡萄酒を飲み)
欲飮琵琶馬上催(ほろ酔い気分で馬に乗り琵琶を奏でる)
醉臥沙場君莫笑(酔って砂漠に倒れ臥しても笑わないでくれ)
古來征戰幾人囘(今まで西域の戦地に赴いて無事に帰れた人がどれだけいたというのか。明日をも知れぬ命、一時の身勝手を許して欲しい)。

酒泉夜光杯廠の中の大便用トイレはドアのない中国式トイレ。
072a
溝にまたがって用をたす。
水は定期的に流れて溝の中を洗い流す。
今まで中国を何回か旅したが、隠す所のないこのようなトイレは初めて見た(パミール高原のカラクリ湖のトイレは別として)。
しかしこれがここでは当たり前、と思うと別に恥ずかしくもなく用をたせた。

夜光杯を一対80元で買って、10:22、出発。

|

« シルクロード河西回廊・寧夏旅行~その6(酒泉・鐘鼓楼) | トップページ | バルジ大作戦(SPI/HJ)のソロプレイ記録 »

069酒泉(甘粛省)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シルクロード河西回廊・寧夏旅行~その7(酒泉・夜光杯廠):

« シルクロード河西回廊・寧夏旅行~その6(酒泉・鐘鼓楼) | トップページ | バルジ大作戦(SPI/HJ)のソロプレイ記録 »