« シルクロード河西回廊・寧夏旅行~その3(嘉峪関・懸壁長城) | トップページ | シルクロード河西回廊・寧夏旅行~その5(酒泉・概要と西漢勝跡) »

シルクロード河西回廊・寧夏旅行~その4(嘉峪関・万里長城第一敦)

南の万里長城第一敦に向かう途中、嘉峪関の3つの楼閣がきれいに建ち並ぶ様を見渡せる場所を通った。思わず写真を撮った。
040dscn6374a

万里長城第一敦に着いた。
ここは東から延びてきた明代の長城が
嘉峪関を通り、その南で北大河という渓谷にぶつかる場所だ。
ここが
明代の万里の長城の本当の終点だが、「第一敦」と書かれた石碑と物見台しか見当たらず、終点という感慨はそれほどわいてこない。
041a

そこで北大河にかかるつり橋を通って対岸に渡ることにする。
042a

このつり橋は狭くて高度感がありひやひやものだ。
043a

対岸から今渡ってきたつり橋を眺めたところ。
044a
対岸には映画かテレビのセットのような場所がある。
046a

誰かが住んでいる様子はない。
045a

万里長城第一敦を対岸から見たところ。
046dscn6375a
物見台と長城がスパッと切れ落ちていてその先は奈落の底である。
万里の長城が強制終了させられた感がある。
終点であると同時に出発点でもあるため、
第一敦(一番目の物見台)と呼ばれている。

北大河の壮大な眺め。さすがに対岸からここを攻めるのは無理だろう。
P200a

万里長城第一敦のある岸辺に戻ってきた。
ここで驚いたことに地下に案内された。別のビューポイントがあるらしい。
地下に降りていくと何やら得体の知れない鉱物だか植物だかが置いてあり怪しい光に照らされている。
先に進むと岸壁に穿った穴の出口に出る。
ここからの眺めはすばらしいの一言。
P300a

北大河の眺めもさることながら、その背後にある荒涼とした大地・山々もすばらしい。
P310a

P320a
先程の映画のセットのようなものも見える。
047a

そして万里長城第一敦を斜め下から見ることができる。
049a

このビューポイントの床はガラス張りになっており、多少曇っていて下がよく見えないのが救いだが、恐ろしくて居心地が悪い。
048a
17:49、酒泉に向け出発。

|

« シルクロード河西回廊・寧夏旅行~その3(嘉峪関・懸壁長城) | トップページ | シルクロード河西回廊・寧夏旅行~その5(酒泉・概要と西漢勝跡) »

068嘉峪関(甘粛省)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シルクロード河西回廊・寧夏旅行~その4(嘉峪関・万里長城第一敦):

« シルクロード河西回廊・寧夏旅行~その3(嘉峪関・懸壁長城) | トップページ | シルクロード河西回廊・寧夏旅行~その5(酒泉・概要と西漢勝跡) »