« 2011年7月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年8月

アフガニスタン料理店~その3

今日は東京の高尾山に登った後、東京を横断して千葉の四街道市にあるバーミヤンというアフガニスタン料理店に行きました。前々から行きたいと思っていた店です。
JR四街道駅北口を出て、大通りを徒歩で北に向かうこと十数分、交差点に面した店を見つけることができました。
Dscn6940a
2階にある店に入ると、奥には絨毯の敷かれた居間がありましたが
Dscn6942a
全体的に飾り気がない空間でした。それも独特の雰囲気があって悪くはなかったです。
Dscn6941a
今日は前々から食べたかったパラオの他、バーデンジャンブラニ、コフタコルマ、カライ、チェリージュースの5品を頼みました。
Dscn6943a
画像右上がバーデンジャンブラニ、メニューの説明書きには「新鮮なナスなどを油で揚げ、スパイシーなトマトソースでやわらかく煮込み、にんにくとお塩の入ったヨーグルトで仕上げます。疲れも取れ、夜が元気になります。」とあります。ナスとヨーグルトは意外と合い、さっぱりした食感でおいしかったです。
画像右下がコフタコルマ、メニューの説明書きには「コフタとはミンチ。コルマとは煮込み。新鮮なミンチ肉をたまねぎと一緒に手でこね、トマトソースで煮込んだ料理。ご飯のおかずには良くあいます。」とあります。実際にはトマト味のハンバーグとトマトのみじん切りの煮込みといった感じでした。
画像左がパラオ、メニューの説明書きには「もっともメジャーな米料理です。ちょうどピラフや炊き込みご飯に似ており日本人の舌にもあいます。コフタやブラニのトマトソースをかけてお召し上がり下さい。」とあります。長粒米のピラフですが、長粒米のご飯はイランで何回食べても飽きが来ず、今回最も食べたかったメニューです。イランではサフランやクコの実やバターをかけて食べるのですが、ここではレーズンやニンジン?が混ざっていました。まず久しぶりに長粒米のご飯のパサパサした食感を得られて感動。レーズンと一緒でもおいしく食べれますが、若干味気ないので説明書きにあるようにトマトソースをかけて食べるのが良いと思います。
Dscn6945a
最後にカライを食べました。メニューの説明書きには「新鮮な牛肉をトマトのソースで柔らかく煮込み、最後にたまごを落として仕上げた料理です。名前はカライでもトマト味で辛くはありません。」とあります。牛肉はぶつ切りではなくミンチのようでした。それ以外は説明書きの通りの味です。
他にもメニューはたくさんありますが、これでお腹一杯になりましたので、次回行った時に別のものを食べたいと思います。
総じて言うと、トマトソースを使った料理が多いと思われますので、一度トマトソースの味を覚えてしまうと、他のメニューの味の見当がつきやすくなってしまう気がします。このトマトソースの味が気に入るかどうかが、好みになるかどうかの分かれ目になる気がします。
バーミヤン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高尾山に登りました

昨日、3000メートル級の登山は中止にしましたが、どうしても山の自然に浸りたかったので、日帰りで行ける東京の高尾山に登りました。
12時頃まで小雨が降っていましたが、都心方面の眺望は良く、東京スカイツリーも見えました。
Dscn6939a
山頂からは、山間に霧の立ち込める様子も見られ、3000メートル級の山頂から見る雲海にはかないませんが、山の幽玄さを感じることができました。
Dscn6938a
今回、実に30年ぶりに高尾山に登ったのですが、外人さんの姿が目立ちました。ケーブルカーの車内では中国語が飛び交い、登山道では白人さんの姿も何人か見かけました。ミシュラン効果はまだ続いているようですが、迷いやすい場所など外国語の標識がなく、せっかく来てくれたのに大丈夫かな、と少し心配になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アフガニスタン料理店~その2

今日は3000メートル級の山に登って一泊しようと思っていましたが、今朝山の天気予報を見たら天気が悪そうなので取りやめ。ところが昼の天気を見たら晴れていたのでガッカリ。
代わりに、以前行った東京東中野のアフガニスタン料理店に行って来ました。
Dscn6934a
今日頼んだのはパシュトゥン・カラヒィという料理。
Dscn6935a
羊肉の骨付きぶつ切りを煮込んだ鉄鍋料理。現地の料理をそのまま再現したそうで、トマトの酸味とトウガラシの辛味が混ざった割と爽やかな味。肉の硬さがちょうど良く美味しかったです。ソースが後を引く味でした。
PAO Caravan Sarai

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年10月 »