« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年上半期に観た映画のランキング

1.キック・アス
2.塔の上のラプンツェル(3D・吹替)
3.X-MEN:ファースト・ジェネレーション
4.八日目の蝉
5.悪魔を見た
6.ブラック・スワン
7.アンストッパブル
7.アレクサンドリア
7.英国王のスピーチ
10.ソーシャル・ネットワーク
10.ザ・ファイター
12.冷たい熱帯魚

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シルクロード西域南道旅行(コルラ~ウルムチ~北京~成田)

15:45、コルラ市内に戻って孔雀河のほとりで休憩。
涼しい風に吹かれてリラックス。
Dscn6019a
16:00出発。
16:45、コルラ空港着。運転手のCさんと別れる。
Dscn6022a
しかし17:55出発のはずが19:40に延期になってしまった。
18:40、チェックイン、
19:26、搭乗開始。

20:50、ウルムチ着、
21:39、ホテル着。
22:06、食事に出かける。
Dscn6024a
ここの米飯はおいしかったが、魚(鰻?)料理は苦手な味だった。
見かけは美味しそうだったのだが。
Dscn6023a
23:28、店を出る。


七日目

モーニングコールで6:00起床。
Dscn6025a
歯磨き、シャワー、荷造り、お茶を飲んで少しテレビを見る。
7:45、チェックアウト。
8:15、空港着、ガイドのAさんと別れてそのままチェックイン。
9:06、搭乗、
9:49、離陸。
10:20、機内食。
Dscn6026a

13:00、北京に着陸。
念のためスーツケースが出ていないか荷物受取場に見に行く。
どうやら出ていないようだ。
成田行きの便に無事引き継がれたようだ。
その後乗り継ぎ通路に入ろうとするが入れさせてもらえない。
仕方なく4階に上がって入国審査とセキュリティチェックを受けて搭乗ロビーにやっと着いた。
前から買おうと思っていた北京の鐘楼のミニチュアと家族へのみやげを買う。
搭乗口に着いたのが14:58、
16:08、搭乗開始。
馬鹿なことにみやげの入った袋を持ち忘れる。
袋を取ってきて16:40、離陸。
17:35、機内食。
Dscn6027a

20:00(日本時間21:00)成田に着陸。

今回の旅も無事終わりました。
これもガイドのAさん、運転手のCさん、旅行会社の担当者さんのおかげです。
ありがとうございました。
今回も東方見聞録をガイドブックとして旅を楽しめましたが、一点残念だったのが砂丘をあまり見られなかった事。
行く前は砂丘の中の道を走るんだろうなあ、と考えていたのですが、そういった場所はあまりなく、オアシスの緑やゴビの中を走ることが多かったです。
もっと砂丘を堪能できる時間を作ればよかったなあと思います。


引用・参考文献
書名   :完訳東方見聞録 1                                                    
シリーズ :平凡社ライブラリー 326                                             
著者名  :マルコ・ポーロ/著 , 愛宕松男/訳注                                  
出版者  :平凡社

書名   :マルコ・ポーロクエスト                                                
副書名  :フビライの古都へ                                                      
シリーズ :世界紀行冒険選書 20                                                
著者名  :ウィリアム・ダーリンプル/著 , 大出健/訳                            
出版者  :心交社

書名   :地球の歩き方(2003~2004年版) 西安とシルクロード                                                               
著者名  :地球の歩き方編集室/著作編集                                          
出版者  :ダイヤモンド・ビッグ社

書名   :シルクロード探遊                                                      
著者名  :松本征夫/著                                                         
出版者  :葦書房

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »