« シルクロード西域南道旅行(ケリヤ・旧市街とモスク) | トップページ | シルクロード西域南道旅行(チャルチャンに到着) »

シルクロード西域南道旅行(ケリヤ~ニヤ~チャルチャンへ)

四日目
6:00に目が覚めたが二度寝してモーニングコールで7:00起き。シャワー、荷物整理。
8:35、ホテルの食堂へ。まだ料理できておらず。
Dscn5901a
9:11、出発。
137a
9:40、ゴビに入った。道は悪い。
138a
10:12、タカを見る。
10:25、相変わらずゴビ。
139a
10:34、ニヤ河を通過。ニヤ河の下流(北方)120キロに有名なニヤ遺跡がある。
10:39、オアシスに入る。
10:46、ニヤの中心部に入る。
140a
ニヤのある民豊(ミンフォン)県は新疆ウイグル自治区で一番小さい県で、人口は三万人である。現在はホータン地区に属している。

かつてニヤの街は現在のニヤの北方120キロの場所にあった。
現在のニヤ遺跡である。

中国の前漢の時代には精絶国が存在し紀元前60年には漢の西域都護府の管轄下におかれていた。人口は3360人だったと記録されている。
1世紀、中国の後漢が成立した頃のニヤは、莎車国(ヤルカンド)の属国だったが、于窴国(ホータン)が莎車国を滅ぼすと、東の鄯善国(楼蘭国)の勢力が強くなりその支配下になった。

1901年にニヤ遺跡を発見したスタインによると、ニヤは東西7キロ、南北22キロの相当な大きさだったという。
数度の発掘調査によって発見された大量の文書から、3世紀頃の鄯善国の官僚制度や納税制度、サムガと呼ばれる仏教団、生活習慣が明らかになった。
それによるとニヤはチャドータと呼ばれるラーヤ(王国)であり、駅伝制により首都クロライナ→チャルマダーナ(チャルチャン)→サチャ(エンデレ)→チャドータ→ダンダン・ウィリク→ホータンと結ばれていたそうだ。
このチャドータは、おそらくニヤ河の水量の減少により3世紀に放棄されたと思われる。

7世紀にニヤを通過した玄奘は、ここに周辺1.2~1.7キロの城があって大きな沢地の中にある、と書いている。
7世紀のニヤと3世紀のチャドータ(ニヤ遺跡)が同じ場所なのかどうかわからない。

現在のニヤは、約700年前にできた町だという。ちょうどポーロ一行が訪れた時期に近い。もしかしたら通過した可能性もあるのではないか。

10:50、ニヤ博物館を見学。入り口の鍵を持つ管理人をしばらく待つ。
141a
中に入って目に付くのは精絶国のニヤ遺跡の展示。
他には当時のお茶の入った袋、桃の種、髪を洗う容器、瑠璃のネックレス、装身具入れ。
装身具入れは現在でも売っていそうなデザインだ。
赤白の格子模様がきれいなベルト、花柄の白・緑・赤・黒の絨毯、瑠璃のネックレスをした身長180センチの女性のミイラ、男性のミイラ、縫い目がはっきり残っている革靴、綿繰り機、紡ぎ車など。
11:36、出発。

11:50、草原状、放牧が多い。道は良い。
142a
12:01、タクラマカン砂漠を縦断するタリム砂漠公路への分岐。
144a
この道は天山南路の輪台(ルンタイ)まで続いている。
砂丘が近い。砂漠公路を通れば砂丘を思う存分見れるだろうか?

草原がしばらく続くがやがてゴビになる。
146a_2
12:29、ゴビ。遠くに砂丘が見える。
145a
12:45、胡楊の林。
12:49、相変わらずゴビ。
147a
13:10、相変わらずゴビ。
148a
13:12、河を渡る。アンディル河だろうか?だとすればこの下流(北方)35キロ地点にエンデレ遺跡がある。
13:14、胡楊の林。
149a
13:32、胡楊の林で写真ストップ。
過酷な砂漠でよくこんな大きな木が育つものだ。
胡楊はポプラの一種で、生命力が強く、日照りやアルカリ土壌、風砂に耐える植物である。酷暑、厳寒、少雨の過酷な環境でも育つ。そのせいか「砂漠の勇者」と呼ばれている。「育って千年死なず、死んで千年倒れず、倒れて千年腐らず」と言われるほど生命力がある。
150a
砂地には胡楊の枯れ枝が混ざっている。
151a
13:36、出発。
13:42、ドライブイン通過。(スータン道班?)
14:02、草原状になる。
152a
14:05、遊牧民の家がある。泥壁の小さな家。
14:25、ゴビ。
153a_2
14:56、ゴビが広がっている。
154a

|

« シルクロード西域南道旅行(ケリヤ・旧市街とモスク) | トップページ | シルクロード西域南道旅行(チャルチャンに到着) »

064チャルチャン(新疆ウイグル自治区)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シルクロード西域南道旅行(ケリヤ~ニヤ~チャルチャンへ):

« シルクロード西域南道旅行(ケリヤ・旧市街とモスク) | トップページ | シルクロード西域南道旅行(チャルチャンに到着) »