« トルコ東部旅行(ドウバヤズット・昼食と絨毯屋の見学) | トップページ | 敦煌・西安旅行(成田~北京~蘭州中川空港~敦煌) »

トルコ東部旅行(ドウバヤズット~アール~イスタンブール~帰国)

3月27日

4:40、起床。
日の出を待つが天気が悪い。
雲が下まで垂れ込めている。
夜明け前のアララト山と町を撮影。
寝ようかとも考えたがうとうとしながら日の出を待った。
ふと目を覚ます。
太陽は地平線から上に出ているようだが雲にさえぎられて見えない。
もうしばらく待つ。
Dscn5863a
5:10、ようやく雲の切れ目から見え始めた。
撮影する。
アララト山の山肌が朱に染まるのを期待したが夜明け前と変わらず。
Dscn5864a
シャワーを浴びてスーツケースに荷物を詰める。
今日は帰る日。
アララト山に目をやると頂上の上に笠雲がかかっている。
Dscn5866a
7:25、朝食。
トルコのパンは相変わらずおいしい。
今日もパンをおかわりしてバターとハチミツをたっぷりつけて食べた。
097a
食後、七階のテラスから周りを眺めた。
眼下には田舎の家が並んでいる。
慌しい朝が始って、井戸から水汲みをしたり床石を磨いたり小屋の中の羊や豚を庭に解き放っている。
陽だまりの中を犬がわき腹を見せてだらしなく寝そべっている。
一羽の鶏が小屋の屋上をうろつきまわっていたが飽きたのか飛び降りた。
他の鶏は井戸の傍で水を飲んでいる。
その他にも猫やら雀やらが庭の中に現れて暇つぶしに眺めるにはちょうど良かった。
自分の部屋に戻ってからはテラスに椅子を置き、ずっとアララト山を眺めていた。
9:48、待ち合わせのロビーに向かう。
096a
10:00出発。
11:00頃降雪あり。
Dscn5867a
11:05、アール着。
道沿いに商店が並ぶ。
空港への道がわからずに何回か地元の人に聞くが全く関係のない話を始めていた。
Dscn5868a
11:15、アール空港着。
雪が降っていた。
荷物のX線検査を受け小さな待合室へ。
ここで運転手のBさんと別れた。
二日目、三日目の凍結した山道をクリアできたのも彼のお陰だ。
名残惜しかった。
気がつくと外は快晴。
昼になったが残念ながら中にはレストランがないので昼食は取れなかった。
空港内では金曜の礼拝が始った。
ここは礼拝所がないのでX線検査機のあるロビーで礼拝している。
金曜なのでいつもより礼拝の時間が長い。
14:00位から待合室が混み始めた。
出発が遅れるとの事。
15:49、X線検査、搭乗ロビーへ。
16:30になって搭乗開始。
天気は雪だった。
17:04、離陸。
機内食は初日と同じサンドウィッチ。
Dscn5869a
19:07、イスタンブール着。
到着直前のイスタンブールの夜景が見事。
今回は観光できなかったが見どころが多いイスタンブール市内へは将来ぜひ行きたいと思う。
国際便のロビーに移動し、スポーツバーで夕食を食べる。
Dscn5871a_2
最後の食事は食べたかったキョフテを食べる。
満足だった。
Dscn5872a
このデザートもおいしかった。
Dscn5873a
食後、ガイドのAさんと別れる。
唐突な観光要求にも応じてくれた彼にも本当に感謝している。
若いのにしっかりしたガイドだ。
20:40、出国審査。

免税店でみやげもの探し。
中世っぽい感じのこの銅製の小さなカップや、
105a
このオスマン人形にもそそられたが、
103a
「建築模型」という本来の希望に立ち返って、イスタンブールのガラタ塔のミニチュアを買った。
画像では良く分からないが。
104a
22:30まで土産物屋を見て回った。
22:35、セキュリティチェック。
23:30、搭乗。
24:23、離陸。


3月28日

飛行機はコーカサス地方バツーミの北、トビリシの南を通過。
ちょうど食事、ビールとトルコ風ミンチドビーフ。
この後寝た。
隣の席が空いていたので横になることができた。
102a
6:50、起きると中国のハミ上空。
8:17、銀川のはるか北の黄河上を通過(画像)。
ここはマルコ・ポーロも通った場所だ。
Dscn5874a
9:04、官庁ダム湖を過ぎて北京上空へ。
ここで二度目の食事。
赤ワインとグリルドチキン。
11:10(日本時間18:10)、関西空港着。
やっと日本に着いた。
わずか六日前トルコに到着した思い出が懐かしい。
Dscn5875a
初めて訪問したトルコは実に居心地の良い国だった。
中国やイランとは違った雰囲気も新鮮だった。
しかし今回の感動はなんと言っても目まぐるしく変わる風景の連続。
エメラルド色の地中海、雨に濡れた緑の平原、岩山の城砦、雪深い山里、中世の面影を残す都市、三千メートルを越す高山、羊が無数に群れなす大草原・・・。
マルコ・ポーロの地中海からモンゴルの草原への旅を、コンパクトに凝縮したかのような旅でした。
最大の感動はこの点にありました。
今回もガイドのAさん、運転手のBさんを筆頭に、旅行会社の担当の方、参考文献を書いて下さった方々、トルコで出会った方々、多くの方に感謝して終わりにします。


引用・参考文献

書名   :完訳東方見聞録 1
シリーズ :平凡社ライブラリー326
著者名  :マルコ・ポーロ/著 , 愛宕松男/訳注
出版者  :平凡社

書名   :マルコ・ポーロクエスト
副書名  :フビライの古都へ
シリーズ :世界紀行冒険選書 20
著者名  :ウィリアム・ダーリンプル/著 , 大出健/訳
出版者  :心交社

書名   :バイクでシルクロード
副書名  :マルコ・ポーロの道を行く
シリーズ :現代教養文庫 1077
著者名  :T.セヴェリン/著 , 中川弘/訳
出版者  :社会思想社

書名   :地球の歩き方(2008~2009年版) イスタンブールとトルコの大地
著者名  :地球の歩き方編集室/著作編集
出版者  :ダイヤモンド・ビッグ社

書名   :シルクロード紀行
副書名  :イラン・トルコの遺跡を訪ねて
著者名  :折橋徹彦,北川原俊一郎/著
出版者  :花曜社

書名   :トルコの東トルコの西
著者名  :保科真一/著 , 望月敦子/著
出版者  :叢文社

書名   :西アジア史 2(イラン・トルコ)
シリーズ :新版世界各国史9
出版者  :山川出版社

|

« トルコ東部旅行(ドウバヤズット・昼食と絨毯屋の見学) | トップページ | 敦煌・西安旅行(成田~北京~蘭州中川空港~敦煌) »

021ドウバヤズット周辺(トルコ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トルコ東部旅行(ドウバヤズット~アール~イスタンブール~帰国):

« トルコ東部旅行(ドウバヤズット・昼食と絨毯屋の見学) | トップページ | 敦煌・西安旅行(成田~北京~蘭州中川空港~敦煌) »