« トルコ東部旅行(スィワスの歴史) | トップページ | トルコ東部旅行(スィワス・ギョク神学校) »

トルコ東部旅行(スィワス・ウル・ジャーミィー)

11:45、ウル・ジャーミィーに行く 39°44'49.26"N 37° 1'3.97"E。
12世紀、ルーム・セルジューク朝のスルタン、クルチ・アルスラーン2世によって建てられた。
高さ35メートルのミナレットが有名。地震で少し傾いています。
Dscn5749a_2
イランで見た同時代のと同じ、いかにもセルジューク朝らしい風格を備えたミナレットです。
172a
八角形の土台の部分には、ほんの一部今でもトルコ石のタイルが残っている。
この青は空の女神(テンギリ)を表しているのだそうだ。
173a
この長方形のモスク自体は新しく建てられたものだろう。
お祈りの時間なので信者が集まりだしている。
174a
中の大広間の入り口。
176a
脇には時間を表示するパネルがあった。
何に使うのかわからなかった。
177a
シャンデリアが下がった大広間では、礼拝が始ろうとしていた。
厳粛な雰囲気。
175a
一角には墓地があった。
棺のような石の中に木が植えられている。
178a

|

« トルコ東部旅行(スィワスの歴史) | トップページ | トルコ東部旅行(スィワス・ギョク神学校) »

018スィワス周辺(トルコ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1210477/32591166

この記事へのトラックバック一覧です: トルコ東部旅行(スィワス・ウル・ジャーミィー):

« トルコ東部旅行(スィワスの歴史) | トップページ | トルコ東部旅行(スィワス・ギョク神学校) »