« イラン北東部旅行(タバス・フサインの霊廟) | トップページ | イラン北東部旅行(タバスを出発~南東のデイフッキ通過) »

イラン北東部旅行(タバス・ホテルと結婚式)

112501a ホテルに着いた。出迎えた従業員?は今までのホテルのようにホテルマンといった感じではなく、実直そうな地元のおじさんといった風貌だ。東方見聞録にある「彼らは端麗な容貌をしており、ことに婦人たちはまれに見る美人ぞろいである。」という記述に期待していたが、特にテヘランなどと変ることはなかった。ただ、ホテルの部屋のドアが中々開けられずに困っているときに助けてくれた女性のはにかんだ表情と、後でホテル内の結婚式で見た5歳くらいの女の子の輝くような笑顔が素晴らしかったので、この点は記述どおりと言うことにしておいた。

112496a 部屋の中。3人部屋だった。暖房設備あり。

浴室。バスタブはなくシャワーのみ。
112495a
なぜかトイレは和式洋式両方あった。

19:00にホテルの近くのレストランに行った。
112498a
19:00から開く予定が店員が来ておらず中々開かない。19:30にようやく入れた。

112497a 魚がないので焼き鳥を頼んだ。ナンはこれまでと違って薄いもの。毎日ほとんど同じものを食べているのに飽きることがない。味付けが薄いせいだろうか?


20:00、食事を終えてホテルに戻るとライトアップされ人が大勢集まって騒いでいる。
112499a_2 
ホテルで結婚式が行われていたのだ。そういえばホテルを出る直前、大量の料理が用意されていた。雰囲気は日本の披露宴みたいな堅苦しいものではなく、もっとくだけた感じだった。丁度式が終わって人々が帰る所だったが、東洋人の私は子供たちから珍しそうにじろじろ見られた。式が終わってもホテルの外で友人同士、親戚同士のおしゃべりが尽きることがなく、ざわめきはいつまでも続いた。21:30頃にようやく十台ぐらいの車列がクラクションを鳴らしながらホテルを出て行った。

21:00、気温を測ったら17度だった。明日の出発は今日と同じ6:30、モーニングコールは5:00にしてもらった。いつものように洗濯して23:00には寝た。

|

« イラン北東部旅行(タバス・フサインの霊廟) | トップページ | イラン北東部旅行(タバスを出発~南東のデイフッキ通過) »

045タバス周辺(イラン・ヤズド州)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イラン北東部旅行(タバス・ホテルと結婚式):

« イラン北東部旅行(タバス・フサインの霊廟) | トップページ | イラン北東部旅行(タバスを出発~南東のデイフッキ通過) »