« イラン北東部旅行(タバス・ホテルと結婚式) | トップページ | イラン北東部旅行(フェルドゥス・サフラン畑と朝食) »

イラン北東部旅行(タバスを出発~南東のデイフッキ通過)

【5日目】

112502a 今日は車でイラン北東部の聖地マシュハドに行く。昨日よりもさらに移動距離が長い。6:00頃の気温は3.5度だった。ホテルで朝食が摂れないとの事なので、朝食はランチボックスにしてもらった。タクシーが来たが、積んでいるエンジンの馬力が弱いとの事で、代車を待つことになった。

ホテルの近くの芝生に木が何本か生えていて、おばさんが朝早くから実か何かを採取していた。

112503a 6:50、ホテルを出発した。タバス市街地の並木道を通過して南に向かう。東方見聞録では、トゥノカイン地方から先の行程について非常にあいまいである。トゥノカイン地方の章の後、有名な暗殺教団主「山の老人」の話が3章にわたって記述される。その次の章はアフガニスタンのサプルガン(ジューズジャーン州の州都シバルガン)の記述だが、「山の老人」の城砦から六日行程と書かれている。六日行程=180kmとすると、城砦はアフガニスタンかトルクメニスタン国内にあることになる。トゥノカイン地方から「山の老人」の城砦までの所要日数は書かれていないので、タバスから城砦に至る少なくとも1000 kmもの行程がどのルートなのかわからない。イギリスの東洋学者ヘンリー・ユールはタバス→サブザヴァール→ネイシャーブール→マシュハド→シバルガンのルートを想定しているようだが、モンゴル時代のシルクロードのメインルート(サブザヴァール→ネイシャーブール→メルブ→ブハラ)への合流を想定したのだろうか?イギリスのペルシャ領事パーシー・サイクスはタバス→ヘラート→シバルガンのルートを想定しているようだ。こちらの方がシバルガンへの最短ルートになる。どちらのルートにせよ、今日辿るルート、タバス→デイフッキ→フェルドゥス→ゴナバッド→トバト・エ・ヘデレイ→マシュハドのどこかをマルコ・ポーロ一行が通過したことは確かだろう。

ちなみに上記ルートの特定には、当時の「山の老人」の一派(シーア派イスマーイール派の分派ニザール派)の各地の城砦の場所と、城砦~シバルガン間の記述(すばらしい牧地が続き物資・糧秣が豊富、都市・集落が多数あり、時々5060マイルの砂漠がある等)が参考になるだろうが、私にはさっぱりわからない。

112504a 町外れの店でお湯を調達する。食事のときに飲むチャイのためだ。


112505a 町を出るとすぐ砂漠。


112506a 昨日行ったコリートを通過する。


112507a 通過後、道は東に方向を変える。


112509a 一瞬、はるか遠方に塩砂漠が見えた。ポーロ一行が通った塩湖かもしれないが、撮影できなかった。

112512a 7:40、地震で破壊された村を通過。


112514a 7:55、岩山の間の道を縫って行く。この辺りで道は東北に方向を変えた。


112515a 8:15、タバス東方デイフッキdeyhukのサービスエリアに着いた。ここで少し休憩。人懐こそうな運転手さんがこの辺の建物について教えてくれた。交番、レストラン、休憩所・・・。画像の道を進むと南側のケルマン州に着く。いつの日か行きたいものだ。

112516a 8:20、デイフッキの中心部を通過。一路北へ向かう 33°17'21.63"N 57°30'43.02"E。

|

« イラン北東部旅行(タバス・ホテルと結婚式) | トップページ | イラン北東部旅行(フェルドゥス・サフラン畑と朝食) »

045タバス周辺(イラン・ヤズド州)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イラン北東部旅行(タバスを出発~南東のデイフッキ通過):

« イラン北東部旅行(タバス・ホテルと結婚式) | トップページ | イラン北東部旅行(フェルドゥス・サフラン畑と朝食) »