« 川越まつり・山車巡行と曳っかわせ~その2 | トップページ | にぎわい爆発あつぎ国際大道芸~その1 »

川越まつり・山車巡行と曳っかわせ~その3

こちらでも3台の山車が鉢合わせ。観衆が見守る中、曳っかわせが始まった。舞台の上で踊る何者か。こちらも舞台の上の小人。おかめの面をつけた何か。踊る狐。私の感想。夜の闇の中、提灯の光に照らされて、ひっきりなしに鳴り響くお囃子にあわせて異形のものたちが狂ったように踊りまくるさまは、妖しい世界としかいいようがありません。山車の引き手たちのパワーも相まって、知らず知らずのうちに非現実な世界に取り込まれてしまいます。昼間はこうはいかないでしょう。最初は1時間ほどで帰るつもりが、この世界に浸っているうちに気がつくと2時間半も時間が過ぎてしまいました。明日は会社なので、さすがにここで退散します。

|

« 川越まつり・山車巡行と曳っかわせ~その2 | トップページ | にぎわい爆発あつぎ国際大道芸~その1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 川越まつり・山車巡行と曳っかわせ~その3:

« 川越まつり・山車巡行と曳っかわせ~その2 | トップページ | にぎわい爆発あつぎ国際大道芸~その1 »