« 2002年2月 | トップページ | 2002年9月 »

2002年3月

草津ヘリスキー~その3(横手山スキー場~草津)

志賀高原横手山頂上(2305) 36 40' 15.62"N 138 31' 28.39"E 。
これから下のジャンボコースを通って第4ゲレンデまで下ります。
眼下には熊の湯、笠岳、前山スキー場が広がっています。
Fi2602177_1e
第4ゲレンデまで下りて、第2スカイリフトで再び上へ。
ジャンボコースを何回か上り下りしました。
Fi2602177_2e
昼食のため、横手山頂上に戻りました。
おとなしそうな犬が一匹。
どうやって登ってきたんだ?
Fi2602177_3e_2
13:00になったので渋峠ヒュッテ 36 40' 00.63"N 138 32' 01.81"E に戻り、草津へのスキーツアーの開始です。
参加者は、ガイド1名の他、その知り合いらしい2名と、我々7名、ヘリポートで知り合ったスノーボーダーの方1名。
ここから白根山の北側を西に向って行くと万座スキー場に辿り着く。
我々は白根山の東側を南に下りて行く。

最初は少し板の沈む雪の緩斜面を快適に下りて行く。
スキーのトレースの上を電車のようになぞって滑ると楽だった。
所々やや急な斜面があったが、開けた場所なので危ないという事はない。
ただ深雪の上、雪が重いので、思うようにターンができない。
36 39' 48.01"N 138 32' 46.95"E
Fi2602177_4e
芳ヶ平に下る。
画像に見える樹林帯を下ると、芳ヶ平に到着する(樹林の向こうに広がる雪原)。
Fi2602177_5e_2_2
ここは傾斜がなく、スケーティングで進む。
途中急な登り坂もあり、汗だくだ。

登りきるとコースの中間地点、芳ヶ平ヒュッテに着く 36 39' 14.45"N 138 33' 03.63"E 。
ここでは人当たりの良さそうな管理人夫婦と、二匹(三匹?)の人懐こい大型犬が待っている。
小屋の中はレトロでしゃれた雰囲気である。

犬とお別れしてヒュッテ前の沢(画像中央の左右に伸びる黒い線)を渡る。
橋も沢もすっかり雪に埋もれている。
 
沢の向こう岸は白根山 36 38' 43.28"N 138 31' 59.57"E のふところ。
雄大な大自然に包まれて至福の時を味わう。

沢沿いに草津方面に下降する。
樹林の中の細い道は、アップダウンがある上に蛇行しているので注意が必要だ。
途中の大斜面では、HPの写真用にプロスキーヤーがジャンプする姿を撮影していた。

更に下るとスノーブリッジを渡る個所があり、少しひやっとさせられる。
ここから先は、ひたすら細い道を草津方面に下っていくが、途中石が点在している個所もあり不覚にも転んでしまった。

ともかく、意外にも早く15:00頃には草津国際スキー場の天狗山ゲレンデ付近に到着した。
ゲレンデ内に滑り込めると思ったらそうではなく、手前の車道が除雪されていてスキー板を外さなくてはいけない 36 38' 01.28"N 138 35' 03.71"E 。

この日は草津YHに宿泊 36 37' 43.89"N 138 35' 31.96"E 。
夕食を頼んでいないのでめちゃくちゃ安い。

大滝の湯で入浴 36 37' 22.68"N 138 36' 06.75"E 。
ここの露天風呂の男湯は、お湯がいくつかある浴槽を流れている。
位置にもよるが歩行浴槽の湯温は人肌くらい。
普通の湯温だとすぐ湯疲れしてしまうが、このぬるめの湯は長時間入っていても問題ない。
あまりの気持ちよさに抜け出せなくなってしまった。

夕食は湯畑付近の店で済ます。
その後は宿で宴会。

3月10日
朝から草津国際スキー場で滑る 36 37' 44.56"N 138 35' 15.18"E 。
今日も天気が良い。
昨日今日でかなり日焼けしてしまった。

ところが、何かの大会が開かれていて、その参加者と我々のメンバーの1人が衝突してしまった。
大事をとって帰ることにする。
後日、大した怪我ではなかったとの連絡があり、一安心だった。

スキーツアーは、ゲレンデスキーと違ってダイナミックでした。
”滑り”に意識が集中するゲレンデスキーと違って、人のいない雄大な自然の中を旅する楽しさが素晴らしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

草津ヘリスキー~その2(渋峠ヒュッテ~横手山頂上)

渋峠ヒュッテ 36 40' 00.63"N 138 32' 01.81"E 前のヘリポートに着陸しました。
ヘリから降りると急いで離れ、離陸するまで退避。
Fi2602176_1e
ヘリは飛び立って行きました。
Fi2602176_2e
渋峠ヒュッテが建つ渋峠は、国道の通る日本最高所の峠だそうです(2172)。
ここには志賀高原横手山スキー場の渋峠ゲレンデがあります。
つまり、ヘリでなくても来られる場所なんですが・・・。

これからリフトに乗って横手山頂上に上がります。
草津へのスキーツアー開始は13:00なので、それまで横手山スキー場で足慣らしです。

横手山頂上(2305)に着きました 36 40' 15.62"N 138 31' 28.39"E 。
青い空に無線中継所の電波塔がよく映えます。
素晴らしい天気になりました。

ここは日本のスキー場で最も高い場所だそうです。
他のゲレンデと違う高山の雰囲気が味わえます。
Fi2602176_3e
まず山頂展望台に行きます。
Fi2602176_4e
展望台からの眺め(通常のサイズに伸ばして見て下さい)。
左端には人に隠れて見えませんが、万座スキー場のある万座山があります。
そういえば、20年前の映画「私をスキーに連れてって」で、主人公達がここからツアーコースを通って万座スキー場に行ったのでした。

中央には笠ヶ岳があります。
その奥に見えるのは北アルプス白馬連峰。
スキーのゲレンデが見えますが、いいづなリゾートスキー場だろうか?

右側には志賀高原熊の湯ゲレンデと鉢山が見え、奥の方には戸隠、黒姫、妙高山などの名山が並んでいます。
Fi2602176_5e

| | コメント (0) | トラックバック (0)

草津ヘリスキー~その1(音楽の森~渋峠)

2002年3月9日の群馬県草津ヘリスキーの記録です。

前々から一度やってみたかったヘリスキー、ヘリのフライト料金が高い為、頭数を揃えないと実施できない。
また天候次第ですぐ飛べなくなってしまう。3月の稼働日は6割程度との事。
実は昨年も計画があったのですが、天気が悪くて断念した。
今回は、9,10日の二日間のうち、天気の良い日をヘリスキーにあて、もう一日をゲレンデスキーにあてる計画にした。
参加人数も揃い、天気も良さそうなのでいよいよ実施する事になった。

3月8日
横浜を21:00に出発
高坂SAに23:30集合。
前橋IC付近の健康ランドで仮眠。もう若くないので寝床で仮眠できるのはありがたい。寝過ごさないように注意。
6:00出発。

3月9日
ヘリポートは草津国際スキー場の音楽の森ゲレンデにある 36 38' 00.39"N 138 35' 32.04"E 。
寒さに震えながら待っていると、やがてヘリが飛んできた。
先客を乗せて飛んでいく。
中々我々の番がこない。
Fi2602175_1e
やっと搭乗できた。
離陸。
みるみるうちに地面が遠ざかる。
Fi2602175_2e
ヘリは想像していたよりも揺れが少ない。
後部座席なので、前方のコクピットを見ても外の景色が良くわからない。
高度もさほど上げるわけでもなく、山肌に点在する木々が見えるばかりだった。
Fi2602175_3e
側面の窓から渋峠第2リフトの乗り場が見える。
上方には、志賀高原横手山スキー場の頂上に建つ電波塔が見える。
Fi2602175_4e_2
いよいよ渋峠ヒュッテ 36 40' 00.63"N 138 32' 01.81"E 前のヘリポートに着陸です。
ここまであっという間でした。
Fi2602175_5e

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2002年2月 | トップページ | 2002年9月 »