« 陽春の奥穂高岳・白銀の世界~その4 | トップページ | 陽春の奥穂高岳・白銀の世界~その6 »

陽春の奥穂高岳・白銀の世界~その5

三日目
横尾経由で上高地に帰る。

涸沢小屋周辺の早朝。
早立ちの登山者が谷間を降りていく。
107a
108a
109a
110a
112a

純白の雪面に色とりどりのテントの花が咲く。
111a
113a
116a

写真の山は屏風の耳。
115a

我々もコタツの部屋を離れ、ようやく出発。
114a
涸沢の谷間に吸い込まれるように降りて行く。
117a
118a
119a
120a

涸沢は、雪解け水で流れが荒々しい。
121a
122a
123a
124a

梓川を渡れば、横尾山荘は目の前。
地面を覆い尽くしていた雪が名残惜しい。
125a
126a

河童橋までもうひとがんばり。
127a
128a

|

« 陽春の奥穂高岳・白銀の世界~その4 | トップページ | 陽春の奥穂高岳・白銀の世界~その6 »

222北アルプス・前穂、奥穂高岳(5月)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 陽春の奥穂高岳・白銀の世界~その5:

« 陽春の奥穂高岳・白銀の世界~その4 | トップページ | 陽春の奥穂高岳・白銀の世界~その6 »