« 北アルプス雲ノ平~その19(三俣蓮華岳~双六小屋) | トップページ | 初冬の北岳~その1 »

北アルプス雲ノ平~その20(双六小屋~新穂高温泉~高山)

8月24日。

双六池 36 22' 04.75"N 137 36' 03.70"E 前のテント場。
昨日悪かった体調は、幸い問題なさそうだ。
しかし朝から雨が降っている。

うんざりしながら雨具を着込んで、テントを撤収。
今日は新穂高温泉に下山する。

ゆるい登り道を歩いていく。
ガスが出ていて、30メートル位先は全く見えない。
けれども、同じように下山する登山者が結構いるので、道に迷うことはなさそうだった。
鏡平への分岐がわかりづらかったが、何とかなった。

鏡平 36 20' 44.86"N 137 36' 03.84"E 。
写真で見た鏡池の美しい姿はなく、ただただ黙々と橋を渡った。
鏡平小屋が霧で霞んでいる。

秩父沢 36 19' 56.49"N 137 35' 26.11"E に下りると、雨は更に激しくなった。
何かの修行をしている気分だった。

わさび平小屋 36 18' 36.49"N 137 35' 47.61"E の辺りで、やっと雨脚が弱くなった。
ひたすら歩き続けて中崎橋 36 18' 07.63"N 137 34' 58.74"E を通過、ようやく新穂高温泉に到着 36 17' 06.02"N 137 34' 27.19"E 。
高山行きの濃飛乗合自動車の乗車整理券を入手。
14:30、出発した。

16:05、高山駅着 36 08' 28.29"N 137 15' 05.20"E 。
Fi2602232_2e
高山に来たのは初めて。
妖怪手長・足長の像が印象的だった。
帰りの列車出発までの時間がなく、街中を歩くことはできなかった。

16:30、高山本線のひだ14号で出発。
Fi2602232_3e
名古屋乗換の新幹線で横浜に向かった。
自宅に着いたのは22:00頃。

今回は初めての本格的な単独行で、始終不安や寂しさを感じたし、色々失敗もした。
しかし単独行では、周囲に対するアンテナが鋭敏になり、グループ登山では気づかない事も感じ取れたと思う。
それに自分のペースで旅ができる、独力でやり遂げたという達成感など、良い面が沢山あることも知った。

単独行に対しては賛否両論あるが、とにかくグループ登山とは全く違った世界だった。
十分に安全に気を配るならば、体験して山の世界を広げるのも良いのではないかと思う。

|

« 北アルプス雲ノ平~その19(三俣蓮華岳~双六小屋) | トップページ | 初冬の北岳~その1 »

209北アルプス・雲ノ平」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北アルプス雲ノ平~その20(双六小屋~新穂高温泉~高山):

« 北アルプス雲ノ平~その19(三俣蓮華岳~双六小屋) | トップページ | 初冬の北岳~その1 »