080咸陽(陝西省)

シルクロード天山南路旅行(咸陽・咸陽博物館、渭河)

【2003年9月】バスに乗り空港から30分ほどの咸陽博物館 34 20' 11.08"N 108 43' 43.22"E へ。咸陽は中国最初の統一王朝、秦帝国の都だ。

074a バスから外を眺めるといたるところ古墳が散在している。

060a 博物館は近代的な設備ではなく昔の建物を利用したものだ。



057a






入るとまず秦の時代の瓦や甕などが並んでいる。撮影はOK。でもガラスケースにほんの数点ならんでいるだけのお粗末な陳列方式であまりありがたいものには見えなかった。この時代の文物に興味がある人にとっては目を見張るものなのか?
しかしこちらは撮影ダメですと言われて入った建物では唐三彩という焼き物で作った人物像や騎馬像がライトアップされていて素人目にもそのすばらしさがわかった。日本でいうと奈良時代に作られたものだがいまだに色鮮やかで美しい。最大の見せ場は漢帝国の兵馬桶で、有名な秦始皇帝の兵馬桶に比べて5分の1程度の小ささだ。しかし数百体も並んだ姿を見ると迫力がある。昔の軍隊を彷彿とさせる。
その他明の時代(700年前)の仏像などがあったがここ咸陽や隣の西安は歴史が古すぎて明の時代のものなど新しすぎてあまり大切にされないとの事。そうなると日本の歴史的遺物はほとんどガラクタかも。
056a2

055a 

博物館を出て黄河の支流、渭河を見に行った。

073a 途中の町並みは1地方都市とはいえ田舎臭い感じはせず化粧品のポスターが貼られていたりと日本の感覚とあまり変わらないように見えた。レストランには消毒済みの張り紙がしてあった。

091401a 渭河のほとりは黄土が剥き出しで河川敷も整備されていない(よく言えば自然のまま?)。子供が泥だらけで遊んでいた。今は水量が少ない時期だという。この後空港に戻った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シルクロード天山南路旅行(成田~西安)

2003年9月

朝4時、起きて支度する。寝坊するのが怖くてよく眠れなかった。前回の北京と同様スーツケースを抱えて暗い街に出る。海外旅行2回目なので前回ほどのワクワク感はない。金沢文庫5:17発特急に乗り目をつぶる。
横浜で5:40発のJRエアポート成田に乗り換える。ここからは成田まで乗り換えなしだが2時間も乗りつづけてうんざりする。しかも車内が寒く風邪をひきそうだ。周りにはスーツケースを持った若者がちらほらいて「地球の歩き方・イタリア編」などをむさぼり読んでいる。仲間が寝坊して携帯で「大丈夫ですかあ」なんて言っている連中もいる。とにかく成田は遠い。車中でおにぎりを食べる。
東京、船橋、八千代と駅がすぎて7:33やっと空港第2ビルに着く。070a 第2ビル3階の出発ロビーにてツアー会社の添乗員、Iさんに会う。早速スーツケースを預けるよう指示され日本エアシステムのブースへ。座席を決めてもらったが通路よりの席だったので別の日本エアシステムのブースで窓際の席に変更してもらう。よかった。8:15、添乗員の元に再集合し今日の予定の説明と、観光時にガイドの説明を聞くためのイヤホン、パスポートケースをもらう。参加者は全員で21名。仕事をリタイアした年配者が多い。その後すぐに出国審査場に行き搭乗ゲートまで進む。施設は前回と特に変わりなし。

ブランド品と偽物を陳列展示している場所では人だかりができていた。
072a_22
搭乗口ロビーに行って外を眺めたり売店を見たりしていた。

069a 9:45やっと搭乗改札口が開く。



061a バスに乗り日本エアシステム867便へ。前回は中国東方航空だったが今回は日本の航空会社なのでちょっと安心?サービス内容の違いも興味ある所だ。さすがに機内はガラガラ。皆窓際の席にへばりついている。
10:15、西安に向って飛び立った。上空からの景色は良く見えるがどこを飛んでいるのかわからない。福井県で日本海上に出たらしいが。韓国のどこかを飛んで大連近くの海上を飛んでたぶん天津で中国大陸に入ったと思われる。

062a 機内食は鳥の照り焼き丼がメインでタクアン巻も付いている。まずまずのおいしさだ。日本の食事ともこれでおさらば。サービス面はコレといって目新しい事をするでもなく良くも悪くもない。

063a 13:22、西安咸陽国際空港に到着した(ここから時刻標記は全て北京時間=日本の1時間遅れ)。信じられないほどお粗末な空港で、コンクリート剥き出しの汚い外壁の建物で一箇所しかない手荷物検査ゲートで検査し10歩歩くともう入国審査場だ。SARSの事もあるので緊張するが恙無く手続きを終え今回の現地ガイド、全行程スルーガイドのMさん(ウイグル族男性35歳)、咸陽ガイドのTさん(漢族男性)に会う。

064a 西安咸陽国際空港は今ドーム型の新空港を建設中で16日にオープンとの事。帰りには新設備の新空港を使える予定だ。

065a






058a

059a

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

001ミラノ 002ヴェネツィア 003フィレンツェ、ピサ 004ローマ、ティボリ 006テルアビブ=ヤッフォ(イスラエル) 007カイザリヤ(イスラエル) 008アッコー(イスラエル) 009ガリラヤ湖周辺、ゴラン高原(イスラエル) 010ナザレ周辺(イスラエル) 011ヨルダン川西岸(イスラエル) 012死海周辺(イスラエル) 013エルサレム(イスラエル) 014ベツレヘム(イスラエル) 016アダナ、アヤス、コザン周辺(トルコ) 017カイセリ周辺(トルコ) 018スィワス周辺(トルコ) 019エルズィンジャン周辺(トルコ) 020エルズルム周辺(トルコ) 021ドウバヤズット周辺(トルコ) 023タブリーズ、キャンドヴァーン(イラン) 024ガズヴィーン、アラムート(イラン) 025テヘラン2007(イラン) 025テヘラン2008以降(イラン) 026サヴェ往復(イラン・コム州) 027ヤズド周辺(イラン) 040バンダルアッバース、ティアーブ、ミーナーブ周辺2008以降(イラン) 040バンダルアッバース、ミーナーブ周辺2007(イラン) 045タバス周辺(イラン・ヤズド州) 046フェルドゥス、ゴナバッド、トバトエヘデレイ周辺(イラン・ホラサーンラザヴィ州) 047マシュハド、ネイシャーブール(イラン) 060ウルムチ、トルファン、クチャ(新疆ウイグル自治区) 061カシュガル、カラクリ湖(新疆ウイグル自治区) 062ヤルカンド(新疆ウイグル自治区) 063ホータン、ケリヤ(新疆ウイグル自治区) 064チャルチャン(新疆ウイグル自治区) 065チャルクリク(新疆ウイグル自治区) 066コルラ周辺(新疆ウイグル自治区) 067敦煌(甘粛省) 068嘉峪関(甘粛省) 069酒泉(甘粛省) 070張掖(甘粛省) 071武威(甘粛省) 072銀川(寧夏回族自治区) 073パオトウ(内蒙古自治区) 074フフホト(内蒙古自治区) 075張家口市宣化周辺(河北省) 076チャガンノール遺跡(河北省) 077上都遺跡周辺(内蒙古自治区) 078赤城周辺(河北省) 079北京2002 079北京2007以降 080咸陽(陝西省) 081上海 082黄山(安徽省) 083西安(陝西省) 084青島(山東省) 209北アルプス・雲ノ平 211南アルプス・北岳(11月) 212南アルプス・甲斐駒ヶ岳(1月) 216中央アルプス~木曽駒・宝剣岳(1月) 218北アルプス・西穂高岳⇒焼岳(10月) 220北アルプス・蝶ヶ岳(1月) 222北アルプス・前穂、奥穂高岳(5月) 225南アルプス仙丈岳(5月) 226北アルプス・徳本峠越え(11月) 229北アルプス・燕岳(1月) 232南八ヶ岳(1月) 235北アルプス・不帰キレット 237北アルプス・西穂高岳(1月) 239北アルプス八方尾根(1月) 243南アルプス南部主脈縦走 247信州戸隠・鏡池クロカンスキーツアー 248屋久島主脈縦走 250南アルプス・仙丈岳⇒塩見岳 255中央アルプス越百山(12月) 257草津ヘリスキー 299首都圏ハイキング AC1187 ハッティンの戦い(CRUSADESⅡ) AC1219 成吉思(チンギス)征西記 AC1274 神風伝説 AC1939.09 電撃戦1939 AC1940.04 スカンジナビア電撃戦 AC1940.05 フランス’40 AC1940.07 鷲の日 AC1941.04 バルカン電撃侵攻戦 AC1942.06 キャンペーン・トゥ・スターリングラード AC1942.09 ストリーツ・オブ・スターリングラード AC1942.12 激闘!マンシュタイン軍集団 AC1943.07 クルスク大戦車戦 AC1943.07 ツィタデレ・クルスクの決戦 AC1943.08 ウクライナ’43 AC1943.11 トライアンファント・リターン! AC1944.01 コルスンの戦い AC1944.03 ウクライナ’44 AC1944.06 白ロシア大作戦 AC1944.10 ハンガリー戦役1944-45 AC1945.01 ブダペスト’45 AC1945.03 春の目覚め作戦 ACxxxx その他シミュレーションゲーム 【SF模型】2001年宇宙の旅 【SF模型】スター・ウォーズ 【SF模型】スター・トレック 【SF模型】天体模型 【SF模型】'その他 グルメ・クッキング 国内旅行 映画・テレビ 模型・プラモデル 祭り・イベント