018スィワス周辺(トルコ)

トルコ東部旅行(スィワス・昼食とスィワス城砦)

12:31、食事に向かった。
公園のそばにはおいしそうなキャベツの露店があった。
179a
12:40、レストランで昼食。
私は鶏肉とピラフにしました。
飲み物はチェリーの缶ジュース。
204a
これはキョフテというトルコの代表料理です。
パンの下にあるのがそうです。牛のひき肉を練ってハンバーグみたいな形に焼き上げたものです。
食べやすくて美味しいです。
206a
これはエクメック・カダユフというシロップにひたしたケーキの上にクリームをのせたもの。
とても甘いですが美味しかった。
Dscn5750a
それからトルコ・コーヒーも飲んでみました。底の沈殿物はあけてその形から占いにも使うそうだ。

13:45、スィワス城砦を見に行く 39°44'41.87"N 37° 0'53.17"E。
小山がそうだとわかるのだが、車で頂上に行くのに手間取った。
頂上は公園(カレ公園)になっており、遊具が置いてある。
あとたぶん売店だと思われる建物があった。
かつては聖ブレイズの礼拝堂があったようだが、今は何も残っていない。
14世紀にティムールによって破壊されたのではないか、と言っていた。
車で小山に登る途中に見た石積みが、城砦の名残だったかもしれない。
212a
ここに来て唯一の価値は、町が一望できることだ。
ここも山に囲まれた都市だということがわかる。
207a
左隅にチフテ・ミナーレが見える。
208a
遠くに見えるのは新しいモスクだろう。
209a
本当はパノラマにするつもりだったのが、カメラのズーム機能の故障でできなかった。
210a
割と近くにあるのがギョク神学校だ。
211a

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トルコ東部旅行(スィワス・ブルジエ神学校、カレ・ジャーミィー)

シファーイエ神学校の隣にある、ブルジエ神学校 39°44'56.37"N 37° 0'55.59"E。
スィワスの人々に科学を教えるため命令によって1271年に作られたものらしい。
ということはポーロ一行は見たはずだ。
193a
入り口の装飾も細かくて他の建物に引けをとらない雰囲気。
でもチフテ・ミナーレのほうが装飾が上なのでガイドブック(地球の歩き方2008年版)に載っていないのだろうと思われる。
今回はチフテ・ミナーレの装飾をまともに見れなかったので、こちらでその代わりにする。
194a
装飾のアップです。
198a
延々と続くイスラムの幾何学模様。
古めかしいこげ茶色がいい味を出しています。
199a
ここは中に入れました。
この空間は何に使われていたのだろうか?お茶を飲みながら議論を交わしていたのか?
196a
正面の奥側。
195a
中に入るとミフラーブがある。お決まりの様式です。
197a2
その他にも古そうな建物があった。
これは1580年に作られたカレ・ジャーミィー 39°44'55.75"N 37° 0'52.41"E。
200a
反対側から見たところ。
202a

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トルコ東部旅行(スィワス・チフテ・ミナーレ、シファーイエ神学校)

次にチフテ・ミナーレに行った 39°44'53.47"N 37° 0'51.63"E。
1281年のルーム・セルジューク朝時代、イルハン朝の官僚シャムス・アッディーン・ムハンマド・ジュワイニーによって建てられた。
ポーロ一行は見れなかった。
ここも修復中で足場でよく見えなかった。
画像は裏側から見たところ。
187a
神学校だったそうだが、20世紀に崩壊して建物は残っていない。
残っているのは正面の入り口だけ。
188a
何とかミナレットに近づいてみた。
青いタイル部分もありギョク神学校のミナレットと似ているが、こちらは素朴な感じ。
189a
建物は石造りになっていて、ミナレットはレンガ造りになっているようです。
190a
こちらが正面。
細やかな装飾が残っているのがわかる。
スィワス最大の見どころと書かれているのでまともな状態で見たかったなあ。
191a
チフテ・ミナーレのすぐ隣、工事用の柵に囲まれてほとんど見れませんが、これがシファーイエ神学校です 39°44'53.77"N 37° 0'54.03"E。
エイヴァーンの上半分です。傷みが激しそうです。
192a
13世紀にルーム・セルジューク朝のスルタン、カイカーウス1世によって建てられた医学部と病院です。
彼の墓もこの中にあります。
塔や建物が見えますが、今回見れたのはこれだけです。
201a

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トルコ東部旅行(スィワス・ギョク神学校)

次にギョク神学校へ 39°44'39.22"N 37° 1'1.01"E。
2本の太いミナレットが立つ姿は非常に目立ちます。
1291年、ルーム・セルジューク朝の宰相、サーヒップ・アタが建てたもの。
現在修復中のため、足場が組まれている。
ポーロ一行は見れなかったな。
180a
この青いタイルはイズニック・タイルで、クルチ・アルスラーン2世がイズニックを征服して使えるようになったとか。
ギョクとは空の青を意味していて、このタイルの青さから名づけられた。
タイルの周りはクーフィー文字で装飾されている。
ミナレットの頂には鉛の三日月が付いている。
186a
修復されたせいか、純白のエイヴァーンが美しい。
181a
近づけないので良く見えず残念だが、エイヴァーンの周りの装飾は細かくてとても綺麗です。
182a
そして、ここにも生命の樹の飾りがありました。
183a
建物の四隅の円柱部分です。ここも飾りが細やかです。
184a
壁面も白と黒を交互に配した、しゃれたデザインになっています。
185a

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トルコ東部旅行(スィワス・ウル・ジャーミィー)

11:45、ウル・ジャーミィーに行く 39°44'49.26"N 37° 1'3.97"E。
12世紀、ルーム・セルジューク朝のスルタン、クルチ・アルスラーン2世によって建てられた。
高さ35メートルのミナレットが有名。地震で少し傾いています。
Dscn5749a_2
イランで見た同時代のと同じ、いかにもセルジューク朝らしい風格を備えたミナレットです。
172a
八角形の土台の部分には、ほんの一部今でもトルコ石のタイルが残っている。
この青は空の女神(テンギリ)を表しているのだそうだ。
173a
この長方形のモスク自体は新しく建てられたものだろう。
お祈りの時間なので信者が集まりだしている。
174a
中の大広間の入り口。
176a
脇には時間を表示するパネルがあった。
何に使うのかわからなかった。
177a
シャンデリアが下がった大広間では、礼拝が始ろうとしていた。
厳粛な雰囲気。
175a
一角には墓地があった。
棺のような石の中に木が植えられている。
178a

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トルコ東部旅行(スィワスの歴史)

昼前にスィワスに着いた。うってかわって好天気だ。スィワスはカイセリ、サムスン、マラテヤ、エルズルムからの街道が交差するアナトリア中央部の要所。ここにもおなじみのペンシル型ミナレットと鏡餅のようなドームがある。
203a_2

スィワスの歴史について、わかる範囲でまとめてみた。


スィワスの起源はヒッタイトだと思われる。ローマ時代にはセヴァステと呼ばれ、キリスト教徒が2世紀にこの場所に住んだ。東方見聞録にも書かれているようだが聖ブレイズ殉教の地である。ブレイズは4世紀のセヴァステの司教で、岩穴に住み、食べ物は動物から貰っていたという。動物たちは彼の行う奇跡の恩恵を受けていたようだ。ローマ皇帝ディオクレティアヌスがキリスト教徒を迫害していた時代である。やがてブレイズも見つけ出され、毛織物をすく鉄の櫛で殺された。

ビザンツ時代、ここは大司教の管区になった。

575年、サーサーン朝ペルシアの王ホスロー1世がここを占領した。

712年、アラブ・イスラム帝国がここを占領した。

アルメニア王セネケリム・ホブハンズとアルメニア人たちがここに移り住み、1059年まで支配した。

1071年、ビザンツ皇帝が率いる20万の大軍がアルプ・アルスラーン率いるセルジューク朝軍に破れ、ここはセルジューク朝に占領された。名前がスィワスに変わった。

セルジューク朝が衰えるとダニーシュマンド朝が支配した。

ラッセル・ド・バイユール率いるノルマン人が侵入したが、ダニーシュマンド朝に捕らえられた。

11世紀の終わり、ダニーシュマンド朝はここを首都にした。

12世紀、ルーム・セルジューク朝が進出し、ダニーシュマンド朝はビザンツ帝国とともに対抗したが、ルーム・セルジューク朝のクルチ・アルスラーン2世がここを占領した。

1173年、ルーム・セルジューク朝との関係が悪化したザンギー朝のヌール・アッディーンが攻め込んで1174年までスィワスを占領した。

13世紀前半、ルーム・セルジューク朝の黄金期を作ったスルタンの一人、カイカーウス1世はここにシファーイエ神学校を建設し、彼は神学校の廟に葬られた。カイクバードは、スィワスに城壁を作って防御拠点にした。

1243年、スィワス東方のキョセ・ダグでモンゴル軍がルーム・セルジューク朝を破り、スィワスは無血占領された。モンゴル軍の本格的な進出で首都コンヤは勢いを失い、変わってスィワスはコンヤを凌駕する町になった。モンゴルの支配下においても、黒海、地中海と東方を結ぶ交易の町として栄えたそうだ。ジェノヴァの領事館が置かれ、ジェノヴァの警官隊が街道を警備していたという。

13世紀後半、モンゴルの知事が支配した。

知事のひとりエレトナが独立し、1378年まで支配した。

1378年、カディ・バーハン・ティンが支配した。彼は1396年、イランのアクコユンル朝との戦いで死んだ。

1400年、オスマン朝のバヤズィト1世と西アジアの覇者ティムールとの戦いが迫ったとき、ここの住民はオスマン朝についた。しかしこの年バヤズィト1世はここを二十日間しか支配できなかった。ここはティムールに攻撃された。スィワスの住民は子供たちにコーランを持たせ、城壁の前に並ばせて講和を請うた。しかし彼は重騎兵に、子供たちを踏み潰すよう命じた。市民は虐殺され、あるいは連れ去られた。兵士三千人が生き埋めにされたといわれる。町は焼かれて城壁は全て破壊された。

1919年、第一次大戦後の連合軍の進入に対して、抵抗運動の指導者ムスタファ・ケマルはスィワスで会議を開き、自らを「アナトリア・ルーメリア権利擁護委員会」と名乗り、オスマン領内の全抵抗運動を代表することを宣言した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トルコ東部旅行(スィワスへの途上)

再び雪原。奥に見えるのは湖だろうか。
164a
春と冬の境界線にいるような風景。
隊商宿を見て、再びポーロ一行の旅路に思いをはせる。
165a
途上には集落も多い。
サルキスラ近くの隊商宿ゲディク・ハニに行こうと探したが、見つからずにあきらめた。
166a
私が見た感じ、トルコの典型的な一戸建てはこんな感じだ。
167a
道の両側には山脈が連なっている。
だんだん山脈が道に近づいてきた。
168a
スィワスに行くに従い標高は上っている。
辺りはまた冬景色に戻る。
169a
道の北側、山のきわまで来た。
170a
標高は大体1700~1800mだろうか。
道の南側の遠くに見える山脈は2000mくらいだ。
171a
スィワス[トルコ]旅行ガイド ~フォートラベル~
http://4travel.jp/overseas/area/europe/turkey/sivas/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

001ミラノ | 002ヴェネツィア | 003フィレンツェ、ピサ | 004ローマ、ティボリ | 006テルアビブ=ヤッフォ(イスラエル) | 007カイザリヤ(イスラエル) | 008アッコー(イスラエル) | 009ガリラヤ湖周辺、ゴラン高原(イスラエル) | 010ナザレ周辺(イスラエル) | 011ヨルダン川西岸(イスラエル) | 012死海周辺(イスラエル) | 013エルサレム(イスラエル) | 014ベツレヘム(イスラエル) | 016アダナ、アヤス、コザン周辺(トルコ) | 017カイセリ周辺(トルコ) | 018スィワス周辺(トルコ) | 019エルズィンジャン周辺(トルコ) | 020エルズルム周辺(トルコ) | 021ドウバヤズット周辺(トルコ) | 025テヘラン2007(イラン) | 025テヘラン2008以降(イラン) | 026サヴェ往復(イラン・コム州) | 027ヤズド周辺(イラン) | 040バンダルアッバース、ティアーブ、ミーナーブ周辺2008以降(イラン) | 040バンダルアッバース、ミーナーブ周辺2007(イラン) | 045タバス周辺(イラン・ヤズド州) | 046フェルドゥス、ゴナバッド、トバトエヘデレイ周辺(イラン・ホラサーンラザヴィ州) | 047マシュハド、ネイシャーブール(イラン) | 060ウルムチ、トルファン、クチャ(新疆ウイグル自治区) | 061カシュガル、カラクリ湖(新疆ウイグル自治区) | 062ヤルカンド(新疆ウイグル自治区) | 063ホータン、ケリヤ(新疆ウイグル自治区) | 064チャルチャン(新疆ウイグル自治区) | 065チャルクリク(新疆ウイグル自治区) | 066コルラ周辺(新疆ウイグル自治区) | 067敦煌(甘粛省) | 068嘉峪関(甘粛省) | 069酒泉(甘粛省) | 070張掖(甘粛省) | 071武威(甘粛省) | 072銀川(寧夏回族自治区) | 073パオトウ(内蒙古自治区) | 074フフホト(内蒙古自治区) | 075張家口市宣化周辺(河北省) | 076チャガンノール遺跡(河北省) | 077上都遺跡周辺(内蒙古自治区) | 078赤城周辺(河北省) | 079北京2002 | 079北京2007以降 | 080咸陽(陝西省) | 081上海 | 082黄山(安徽省) | 083西安(陝西省) | 084青島(山東省) | 209北アルプス・雲ノ平 | 211南アルプス・北岳(11月) | 212南アルプス・甲斐駒ヶ岳(1月) | 216中央アルプス~木曽駒・宝剣岳(1月) | 218北アルプス・西穂高岳⇒焼岳(10月) | 220北アルプス・蝶ヶ岳(1月) | 222北アルプス・前穂、奥穂高岳(5月) | 229北アルプス・燕岳(1月) | 237北アルプス・西穂高岳(1月) | 247信州戸隠・鏡池クロカンスキーツアー | 250南アルプス・仙丈岳⇒塩見岳 | 257草津ヘリスキー | 299首都圏ハイキング | AC1187 ハッティンの戦い(CRUSADESⅡ) | AC1219 成吉思(チンギス)征西記 | AC1939.09 電撃戦1939 | AC1940.04 スカンジナビア電撃戦 | AC1942.06 キャンペーン・トゥ・スターリングラード | AC1942.09 ストリーツ・オブ・スターリングラード | AC1942.12 激闘!マンシュタイン軍集団 | AC1943.07 クルスク大戦車戦 | AC1943.07 ツィタデレ・クルスクの決戦 | AC1943.08 ウクライナ’43 | AC1943.11 トライアンファント・リターン! | AC1944.01 コルスンの戦い | AC1944.03 ウクライナ’44 | AC1944.06 白ロシア大作戦 | AC1944.10 ハンガリー戦役1944-45 | AC1945.01 ブダペスト’45 | AC1945.03 春の目覚め作戦 | ACxxxx その他シミュレーションゲーム | 【SF模型】2001年宇宙の旅 | 【SF模型】スター・ウォーズ | 【SF模型】スター・トレック | 【SF模型】天体模型 | 【SF模型】'その他 | グルメ・クッキング | 映画・テレビ | 模型・プラモデル | 祭り・イベント